植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」

金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。

2019年金沢初詣 尾山神社、田井菅原神社

2019-01-13 04:19:05 | 日記


金沢の観光スポットレポート その1029(No.1467)

◇2019年金沢初詣 尾山神社、田井菅原神社

1)尾山神社(おやまじんじゃ)



○尾山神社の概況

慶長4年(1599)に加賀藩藩祖前田利家を祭り創建された卯辰八幡社(現宇多須神社)を、明治6年(1873)に卯辰山から金沢城の出丸金谷御殿跡地(現在地)に移し、本殿、拝殿が建てられ、尾山神社とした。
尾山神社の神門は明治8年(1875)に完成したのですが、神門の和洋中の三様式が取り入れられた五色のギヤマンが綺麗です。

御祭神:前田利家、まつ
金沢市尾山町11-1

■写真は神門









■写真は拝殿



■写真は拝殿左手前の梅

撮影日:2019.1.3




2)田井菅原神社(たいすがわらじんじゃ)

〇田井菅原神社の由緒

ご神体は、田邊左衛門という者が菅原道真より賜った自画像と伝えられる。後の喜兵衛の代に田邊家は三代利常より代官を拝命。明治期に田邊邸内に神社が建てられ、明治13年(1880)、田井の生産神となった。

御祭神:菅原道真

■写真は鳥居



〇芭蕉の句碑

”風流の はじめや奥の 田植唄”芭蕉が元禄2年(1689)、奥の細道の旅に出ており、同年7月金沢に立ち寄っているため、金沢の地に芭蕉の句碑が見られます。
当社の石碑には、側面に明治21年3月下旬と建立年月を刻んでいます。従って、最初からこの地に、置かれたものではなく、当年に奉納という形で移されたと伝えられています。

■写真は芭蕉の句碑



■写真は狛犬



〇藩主献上鏡餅の再現

当家に所蔵されていた古文書に、享和2年(1802)、第12代藩主前田斉広(なりなが)公の封襲後初のお国入りによる新春の献上鏡餅のことについて記されたものがあります。鏡餅は次のとおりとなっています。鏡餅は、三点セットとなっており、真中は、床(とこ)飾り餅、向かって右側は、蓬莱(ほうらい)飾り、
左側は櫓(やぐら)餅で、大小52個の紅白の餅が使用されています。再現するには約2石2斗(約340キログラム)のお米が必要とされ、米俵に例えますと、約5個半にもなります。現在は、諸々の諸事情から蝋を溶かして作った再現品。

平成9年(1997)より、古例に則り、お正月に奉納しています。



■写真は拝殿と藩主献上鏡餅

撮影日:2019.1.6

(つづく)

『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 金沢五社参り ② 宇多須神社... | トップ | 金沢の正月飾り① ひがし茶屋... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事