植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」

金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。

金沢の冬-8 主計町周辺ほか

2019-01-03 04:20:56 | 日記


金沢の観光スポットレポート その1021(No.1459)

◇金沢の冬-8 主計町周辺ほか

○主計町(かずえまち)概要

1869年(明治2)に開かれた茶屋街。ひがし・にしともに、大店の旦那衆の社交の場として栄えた。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定。
浅野川大橋から中の橋までの浅野川南岸に、美しい格子戸の料亭が立ち並んでいる。五木寛之の小説にも出てくるなべ・割烹太郎がある。現在4軒の茶屋が営業しており、12名の芸妓さんが所属している。





■写真は主計町(中の橋方面より)





■写真は暗がり坂



■写真は主計町事務所



■写真はあさの川







■写真は主計町(浅野川大橋方面より)





■写真は金沢蓄音機館



■写真は久保市乙剣宮





■写真は佃の佃煮



■写真は金沢文芸館





■写真はにぎわう近江町市場

(つづく)

■撮影日:2018.12.30
『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 金沢の冬-7 兼六園 ② | トップ | 金沢の冬-9 ひがし茶屋街① »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事