植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」

金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。

ひがし茶屋街周辺 店舗めぐり ⑫

2018-05-13 04:27:01 | 日記


金沢の観光スポットレポート その883(No.1285)

◇ひがし茶屋街周辺 店舗めぐり ⑫

2015年春に北陸新幹線が開業して金沢市内ではひがし茶屋街、兼六園、21世紀美術館への観光客が増えている。特にひがし茶屋街では、人気に追随するべくショップが増えて70店舗もあると聞くが、実際にショップを確認してみたい。

浅野川大橋から観音通、旧一番長、二番町、三番町と茶屋街周辺を巡る。



茶屋4)藤とし

玄関を入ると、赤松がすくっと伸びて天井を貫いている。この松の木は、2階の床の間の間を通り、さらには屋根裏を突き抜けて屋根の上に顔を出している。「お松の方」と呼ばれ、時々女将さんがお酒を飲ませている。この松は文化文政頃からといわれ、樹齢は200年以上で高さ8メートル。

金沢市東山1丁目13-15
TEL 076-252-1073

□紹介ページ植ちゃんの金沢いしかわに恋をしました)

■写真は藤とし



51)友禅ギャラリー久連波(くれは)

東茶屋街で唯一、加賀友禅の着物を専門にレンタルしている「久連波」。1時間5,000円でレンタルと着付けが可能、延長は30分500円。本物の加賀友禅を身にまとい、散策を楽しむことができる。
ギャラリーや2階には茶房もある。

「久連波」の本店は安永5年(1776)創業老舗呉服店「ゑり虎」。城下町金沢の片町に店を構える老舗呉服」。



□ホームページ

■写真は友禅ギャラリー久連波



52)茶屋美人

箔座がプロデュースする、「美」のテーマショップ。明治初期に建てられ、ひがし茶屋街の往時の華やかさを今に伝える貴重な茶屋建築の中に、さまざまな「美」を集めました。美の美、美の食、美の茶として、オリジナルのコスメ、スイーツ、スナック、はちみつなどのほか、「美」のためのお茶各種を取り揃えています。

「茶屋美人」(旧かみや)は、平成24年、金沢市より有形文化財に指定。



金沢市東山1-26-17
TEL 076-253-8883

□ホームページ

■写真は茶屋美人



53)十月亭

黄色い大きな暖簾を掲げた十月亭。豊かな食材に恵まれた金沢にあって、全国に名を轟かせる日本料理の名店「銭屋」がプロデュースする店。築140年を超える茶屋を改装した店内。



金沢市東山1-26-16
TEL 076-253-3321

□紹介ページ(金沢日和)

■写真は十月亭



54)茶房 素心(そしん)

茶房 素心のコーヒーは、”東山にコーヒー専門店を”というコンセプトで作られており、一杯取りでいれてくれるコーヒーの味わいは深く、素心ならではのコーヒーだ。



金沢市東山1丁目24-1
TEL 076-252-4426

□ホームページ

■写真は茶房 素心

撮影日:2018.3.10

(つづく)
『石川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ひがし茶屋街周辺 店舗めぐり ⑪ | トップ | ひがし茶屋街周辺 店舗めぐり ⑬ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事