紅葉狩 五番目物(切能)

2019-02-23 | 本/演劇…など

紅葉狩(もみじがり) 
【分類】五番目物 (切能) 
【作者】観世小次郎信光 
【主人公】前シテ:貴女、後シテ:鬼神
【あらすじ】(舞囃子の部分は斜体の部分です。仕舞の部分は下線部です。) 
 秋も半ばの頃、所は信濃国(長野県)戸隠山へ、とある上臈が、数人の侍女を連れて、紅葉狩にやって来て、山陰で酒宴を始めます。そこへ、鹿狩りに来た平維茂とその従者が通りかかります。そして、この山中での人影を不審に思い、従者に名を尋ねさせにやります。女達は、名を名乗りませんが、身分の高い女性の忍び遊びだという事です。維茂は、その興を妨げないようにと、馬から降り、道を替えて通りすぎようとします。すると女達は、その心づかいにかえって感心し、維茂を引き留め、酒宴を共にするように誘います。維茂は断りかね、勧めに応じて盃を重ね、美女の舞う見事な舞に見とれます。いつしか酔がまわって、維茂は寝入ってしまいます。女達はそれを見届けると、鬼の本性を現わし、「目を覚ますな」といいすてて、山中に姿を消します。
<中入>
 すると八幡八幡宮の末杜の神が、維茂の前に現われ、神剣を授け、鬼神を退治するように神勅を伝えます。目を覚ました維茂は、神剣を押しいただき、身支度をして待ち構えます。やがて山中に稲妻が光り、雷鳴がとどろいて騒然となります。そして、本性を現わした鬼女が襲いかかって来ます。維茂は刀を抜いて応戦し、激しい格闘の末、ついに鬼女を斬り伏せます。その威勢は真に立派なものでした。
【詞章】(舞囃子の部分の抜粋です。仕舞の部分は下線部です。) 
 林間に酒を温めて紅葉をたくとかや。げに面白や所から。巌の上の苔むしろ。片敷く袖も紅葉衣の.くれなゐ深き顔ばせの。この世の人とも.思われず。胸うち騒ぐ.ばかりなり。さなきだに人心。乱るるふしは竹の葉の。露ばかりだに受けじとは。思いしかども杯に。向えば変わる心かな。されば仏も戒の。道はさまざま多けれど。ことに飲酒を破りなば。邪淫妄語ももろともに。乱心の花かずら。かかる姿はまた世にも。たぐい嵐の山桜。よその見る目もいかならん。よしや思えばこれとても。前世のちぎり浅からぬ。深き情の色見えて。かかる折しも道の辺の。草葉の露のかごとをも.かけてぞ頼む行くすえを。契るもはかなうちつけに。人の心は白雲の.立ちわずらえる.景色かな。かくて時刻も移り行く雲に嵐の声すなり。散るか正木の葛城の。神の契りの夜かけて。月の杯さす袖も。雪をめぐらす袂かな。たえず紅葉。 
<中ノ舞> 
 たえず紅葉.青苔の地。たえず紅葉.青苔の地。またこれ涼風暮れゆく空に。雨うちそそぐ夜嵐の。ものすさまじき山陰に月待つほどのうたた寝に。片敷く袖も露深し。夢ばし覚ましたもうなよ.夢ばし覚まし.たもうなよ。 

 ◎上記事は[名古屋春栄会]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
■三月定例公演 ~能の鬼 狂言の鬼~ 
超人的な活躍で魑魅魍魎(鬼や化け物)と対決するヒーロー、誰もが知る物語のヒロイン、どこか人間くさい神さまや鬼…能・狂言は魅力的なキャラクターの宝庫です。本年度はそんな能・狂言の登場人物に注目して、各公演ごとにバラエティに富んだテーマを設けました。 3月定例公演では、《能の鬼 狂言の鬼》をテーマに、能「紅葉狩」、狂言「節分」を上演します。能・狂言の世界の個性あふれるキャラクターたちが皆様のご来場を心よりお待ちしております。
日 時: 平成31年3月2日(土) 13:30開場 14:00開演
会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

   

演 目: 狂言「節分(せつぶん)」(和泉流) シテ/井上松次郎
     能「紅葉狩(もみじがり)」(宝生流) シテ/玉井博

 ◎上記事は[名古屋能楽堂]からの転載・引用です
.............

コメント   この記事についてブログを書く
« 岐路に立つ名古屋能楽界 相... | トップ | 玉城知事、反対72%も笑顔な... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。