「国民の生活が第一」と石井隆一富山県知事 政策協定 2012/10/2

2012-10-02 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア

「国民の生活が第一」と知事 政策協定
KNB NEWS 2012年10月02日 18:15
「国民の生活が第一」の富山県連と政策協定を結ぶ
 今月11日告示の富山県知事選挙に3選を目指して立候補を表明している石井隆一知事は、2日「国民の生活が第一」の富山県連と政策協定を結びました。
 協定には、再生可能エネルギーの積極的な導入や経済の活性化など7項目が盛り込まれていて2日の締結で「国民の生活が第一」の推薦が決まりました。
 しかし、党が掲げる消費増税の廃止や原発ゼロについては盛り込んでいません。
 石井知事に対してはこのほか、自民党と民主党県連公明党、国民新党、みんなの党が推薦を決めています。
 今月11日告示、28日投開票の県知事選挙には、共産党が推薦する「明るい富山県政をみんなでつくる会」の米谷寛治さんも立候補を表明しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 低能力の裏返し? 初空母「遼... | トップ | 「国民の生活が第一」や社民... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。