河村たかし市長が座り込み、『表現の不自由展』の再開に抗議 2019/10/8

2019-10-09 | 社会

NEWS 2019年10月08日 14時07分 JST  | 更新 17時間前 
河村たかし市長が座り込み、『表現の不自由展』の再開に抗議。
生田綾  中村 かさね (Kasane Nakamura)

  「あいちトリエンナーレ2019」の会場前で座り込んで抗議をする河村たかし市長 
  「あいちトリエンナーレ2019」の会場前で座り込んで抗議をする河村たかし市長

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展『表現の不自由展・その後』が再開されることを受けて、愛知・名古屋市の河村たかし市長が10月8日、会場の愛知芸術文化センター前で座り込みをし、抗議の意を表明した。

■河村たかし市長の主張は

  「あいちトリエンナーレ2019」の会場前で抗議をする河村たかし市長 

 河村氏は、「表現の不自由展」で展示されている昭和天皇をモチーフにした作品や平和の少女像に対して、「どう考えても日本人の心を踏みにじるものだ」などと発言。8月2日に同展の視察に訪れ、展示撤回を求めていた。
 10月7日のハフポスト日本版のインタビューでも、「再開なんていかんね。決まっとるがね、こんなもん」「こんな日本人の普通の人の気持ちをハイジャックして。暴力ですよ」などと主張。大村知事には電話で改めて、再開しないよう求めていた。
「あいちトリエンナーレ2019」をめぐっては、文化庁が「愛知県側の手続きの不備」を理由に、採択を決めていた補助金全額(約7830万円)不交付を決定。同芸術祭実行委員会やアーティスト、関係者らが抗議を続けている。
 Kasane Nakamura/HuffPost Japan

    ◎上記事は[HUFFPOST]からの転載・引用です
................
〈来栖の独白 2019.10.9 Thu〉
 河村市長、応援しています! 圧力も、大変でしょうけど・・・。やはり、大村知事とは、違う。

■ 「あいちトリエンナーレ2019」~メディアが報道しない“問題の本質”
――――――――――――――――――――――――
「南京事件はなかった」という河村市長を黙らせたのは誰だ? 日本のマスコミが「問題」に仕立て上げた 
河村たかし・名古屋市長が記者会見 南京事件の全面否定は「誤解」と釈明 
名古屋市の河村たかし市長「目撃者がほとんどいない。いわゆる南京大虐殺はなかったのではないか」2012/2/22
「本気の安保論」河村名古屋市長の南京発言と歴史の真実/当時、南京の人口は20万人程しかいなかった 
-------------------- 
河村たかし名古屋市長の発言をよそにハリウッドスターを使った南京大虐殺映画で進む「米中ビジネス」  
------------
『日本人の誇り』藤原正彦著(文春新書)2011年(平成23年)4月20日第1刷発行

       
..............

コメント   この記事についてブログを書く
« 『日本人の誇り』藤原正彦著... | トップ | 耳の聴こえない親と子どもの... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。