元農水次官、起訴内容認める 長男殺害「間違いない」 初公判 2019/12/11

2019-12-11 | 身体・生命犯 社会

元農水次官、起訴内容認める 長男殺害「間違いない」 東京地裁
 2019/12/11(水) 10:17配信 時事通信
     自宅で長男=当時(44)=を殺害したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の初公判が11日、東京地裁(中山大行裁判長)であった。
 熊沢被告は罪状認否で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
  検察側の冒頭陳述によると、1人暮らしをしていた長男は体調を崩し、5月25日から被告夫婦と同居。被告は翌26日、同居前に住んでいた家のごみ処理を話題にしたことに立腹した長男に暴力を振るわれ、「被害者を恐れ、殺害を考えるようになった」とした。
  長男は約11年前から仕事をしていなかった。発達障害があり、人付き合いが苦手で、学生時代から家庭内で暴力を振るっていたという。
  弁護側は、事件当日、近所の小学校の運動会にいら立っていた長男が被告に「殺すぞ」と言ってきたと主張。「被告は26日の暴行を思い出し、やむを得ず事件に及んだ」と訴えた。
  起訴状によると、熊沢被告は6月1日午後3時15分ごろ、東京都練馬区の自宅1階和室で、長男英一郎さんの首や胸を多数回包丁で刺して殺害したとされる。
  最終更新:12/11(水) 11:46  時事通信

    ◎上記事は[Yahoo!JAPAN ニュース]からの転載・引用です
..........
〈来栖の独白2019.12.11 Wed〉
 NHK NEWSもそうだが、長男英一郎さんの《近隣の小学校であった運動会の最中にも「うるせえな、ぶっ殺すぞ」と話していた》という部分が記事から脱落している。児童殺害という事件を起こしてはならないというのが、熊沢被告の本件の大きな動機ではないのか。ま、明日の被告人質問で述べるということか。以下は、6月の記事。
    ▼  ▼  ▼
「刺さなければ殺される」=元次官、追い詰められ犯行か-長男殺害事件・警視庁
 2019年06月04日11時23分
 元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が自宅で長男(44)を殺害した事件で、熊沢容疑者が「(長男を)刺さなければ、自分が殺されていたと思う」と供述していることが4日、警視庁練馬署への取材で分かった。
 長男は家庭内で熊沢容疑者らに暴行を加えていたとみられ、同容疑者の体には複数のあざが確認されている。暴行を受けた同容疑者が精神的に追い詰められ、長男を刺した可能性があり、同署が詳しい経緯を調べている。  熊沢容疑者は1日午後3時半ごろ、東京都練馬区の自宅で長男英一郎さんを包丁で刺し、殺害した疑いが持たれている。英一郎さんの首や胸などには数十カ所の刺し傷や切り傷があり、同容疑者には強い殺意があったとみられる。
 同署などによると、英一郎さんは5月下旬から熊沢容疑者らと同居を始めたが、継続的に同容疑者らに暴行を加えていたとされる。普段から「殺す」など暴力的な言葉を使っており、事件直前に近隣の小学校であった運動会の最中にも「うるせえな、ぶっ殺すぞ」と話していたという。
 熊沢容疑者は5月に川崎市で起きた児童襲撃事件を念頭に「自分や周囲に危害を加えるかもしれないと思った」という趣旨の話もしている。同署は、英一郎さんの暴行や暴言が同容疑者を精神的に追い詰めたとみている。

    ◎上記事は[JIJI.COM]からの転載・引用です *強調(=太字)は来栖
――――――――――――――――――――――――
長男「うるせえぶっ殺す」運動会の音に  元事務次官.熊沢英昭容疑者「川崎のような事件を起こしたら…」 2019/6/3

  

--------------------
元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者を起訴=長男への殺人罪-東京地検 2019/6/21  
元農水省事務次官・熊沢英昭容疑者…書き置きに「殺すしかない」2019/6/3  
44歳の死亡長男 傷は十数カ所 逮捕の元農水次官.熊沢英昭容疑者 強い殺意か「長男は引きこもりがちで家庭内暴力もあった」2019/6/3
無職の息子を殺した官僚は器が大きすぎた 最後まで毅然とした態度を貫いた PRESIDENT 2019/7/5号

コメント   この記事についてブログを書く
« 新潟小2女児殺害事件 小林... | トップ | 遠藤周作著『人生の踏み絵』 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。