岩手県知事選挙 野党4党推薦の達増拓也氏が4回目の当選確実 2019/9/8

2019-09-08 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア

岩手県知事選挙 野党4党推薦の達増拓也氏が4回目の当選確実 
 NHK NEWS WEB 2019年9月8日 20時38分 選挙 
 与野党対決の構図となった岩手県知事選挙は、野党4党が推薦した現職の達増拓也氏(55)が自民党と公明党岩手県本部が推薦した新人を破り、4回目の当選を確実にしました。
 開票率は低いですが、NHKの情勢取材や投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などでも、立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党が推薦した現職の達増氏が、自民党と公明党岩手県本部が推薦した元岩手県議会議員の及川氏を大きく引き離す勢いで、今後、順調に得票を伸ばすと見込まれることから、達増氏の4回目の当選が確実になりました。
 達増氏は盛岡市出身の55歳。外務省の職員や衆議院議員を務めたあと、平成19年の岩手県知事選挙で初当選しました。
 選挙戦で達増氏は東日本大震災からの復興を早期に完了させることや、ILC=国際リニアコライダーと呼ばれる巨大な実験施設の誘致実現、それに、「幸福度」という独自の指標を定めて人口減少対策や産業振興などに取り組むことなどを訴えました。
 その結果、達増氏は推薦を受けた野党4党の支持層を固めたほか、自民党の支持層や支持政党を持たない無党派層にも支持を広げて、4回目の当選を確実にしました。
 達増拓也氏は「選挙戦になった東日本大震災直後の前々回の時に比べると、悲壮感が和らぎ、希望を持って前進しようという県民の気持ちを感じた選挙戦だった。東日本大震災からの復興を確かにするとともに、沿岸を含めた地域振興を力強く進めていきたい」と述べました。

    ◎上記事は[NHK NEWS WEB]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
「夫のため」刺客に 岩手1区『生活』達増知事夫人 出馬/ 民主・階猛氏の妻は「陽子さん、かわいそう」と涙(河北新報 2012年12月01日土曜日)
----------
コメント   この記事についてブログを書く
« 『この道』 西村京太郎 ㉜... | トップ | 「夜郎自大」韓国大統領 文在... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。