学園側の作り話「新文書は連絡・報告用のメモで、伝聞の伝聞」加戸守行前愛媛県知事 2018/5/23

2018-05-23 | 政治 メディア

2018.5.23 07:21更新
【加計学園問題】加戸守行前愛媛県知事「新文書は連絡・報告用のメモで、伝聞の伝聞」
 愛媛県から新たに文書が出たが、これもメモです。県庁職員は何でもメモして記録をとる。まじめといえばまじめ。ただ、公文書でなく、連絡、報告用のメモだ。要するに加計学園側が今治市に話したことを県が今治市から聞いて、メモにしている。漫画みたいな話で、伝言ゲームだ。
 (平成27年2月25日に安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長が面談したことは)首相も否定した。首相は理事長と会う時間はないと思う。首相官邸で会えば首相日程に出る。官邸以外ならホテルで密会だが、それはないだろう。だから、2月25日に会ったという話は学園側の作り話か、想像をつなげてああいう話になったのではないか。信憑性は疑わしい。
 愛媛県の中村時広知事は県内の自民党主流派と衝突している状態だ。(文書の公開には)そういうこともバックグラウンドにあったのかもしれない。ただ、伝聞の伝聞の話を参院に出してどうするのか。聞いた話をメモにして外に出すなんて、常識ではありえない。
 メモはあらゆるものをきちょうめんにとるから、当たらずといえども遠からずのものだ。今度の場合は、首相に会ったら好反応だったと聞いたら、県にとってビッグニュースだから、それは書き立てる。あくまで私の推理だが、首相がきっぱり否定したのだから学園側の作り話だったと思う。
 岡山理科大獣医学部は首相の忖度のかけらもなく国家戦略特区を突破してできた。私学の獣医師らが日本獣医師会の意向を受けて、県をたたいてきたにもかかわらずだ。
 それにしても、獣医師会に一切メスを入れないというのは、不思議な国会だ。徹底的な「悪」は、既得権益を死守するために獣医学部の新設をつぶしてきた獣医師会なのだが。(談)

 ◎上記事は[産経新聞]からの転載・引用です *強調(太字)は来栖
------------
〈来栖の独白 2018.5.23 Wed〉
>愛媛県の中村時広知事は県内の自民党主流派と衝突している状態だ。
 中村時広知事の動きには、異状なものを感じていた。やはり、そういう事情があったか。元文科省前川某と同様、私憤で動く。度量の小さい奴。それこそ公私混同ではないか。この国を滅ぼすことに繋がるとの理解もない。
 左翼新聞は、「加戸守行前愛媛県知事」の「か」の字も報道しない。
―――――――――――――――――
「『首相案件』バカバカしいの一言だ」加戸守行愛媛前知事が激白 左派メディア報道は「憲法改正潰しの倒閣運動」
加戸守行氏は、こう語った「安倍晋三首相にかけられた、あらぬ濡れ衣を晴らす役に立ちたい」。閉会中審査2017.7.24
【加計学園問題】報道の“印象操作”が浮き彫り=報道されない加戸守行前愛媛県知事発言 2017.7.12
「僕のときもそうだったけど、マスコミの印象操作は相変わらず酷いな。加計学園、あの真相を一番知っているのは加戸守行前知事だが、マスコミは殆ど報じないね」森喜朗元首相2017/7/27 
「加計学園問題は改革つぶし」「前川は官僚のクズ」 岸博幸 2017/6/12 
...........

コメント   この記事についてブログを書く
« ひとりぼっちの時間(SOLO TIM... | トップ | 神戸連続児童殺傷事件から21... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。