集団的自衛権行使容認…「『戦争に巻き込まれる』といったレッテル貼り的な議論、大変残念」 安倍首相

2015-04-30 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉

「戦争に巻き込まれる」は「レッテル貼り的」 安倍首相
 朝日新聞 2015年4月29日22時00分  
 安倍晋三首相は28日昼の日米共同記者会見で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制をめぐり、「『戦争に巻き込まれる』といったレッテル貼り的な議論が日本で行われることは大変残念」と改めて持論を展開した。
 首相は1960年に日米安全保障条約を改定した際も同じように批判されたが、同条約によって「日本の安全は守られ」たとし、「批判が全くの間違いであった」と強調した。
 昨年7月、集団的自衛権の行使を認める閣議決定をした際も、首相は記者会見で「外国を守るために日本が戦争に巻き込まれるという誤解がある。そのようなことはありえない」と主張。さらに今年3月の防衛大学校の卒業式では、「ただ不安をあおろうとする無責任な言説」「荒唐無稽な批判」と発言していた。
 ただ、首相が進める安全保障法制は、世界規模で米国の軍事活動に協力することにつながり、これまでの日米の協力関係とは次元が異なる。
 共同会見での首相の発言を受け、オバマ米大統領は「日本がほかの同盟国同様、新しい脅威に対抗していくことを望む」と強調。米国の軍事活動に対し、日本が積極的な役割を果たすよう期待するメッセージを送った。(藤原慎一)
 ◎上記事の著作権は[朝日新聞デジタル]に帰属します
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
祖父(岸信介元首相)が「基本方針」を布石に安保改定まで突き進んだように、集団的自衛権や憲法改正に 2013-12-19 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
憲法改正で「日本」を取り戻せ 誤った歴史観を広めるメディア・教育界に風穴を 『Voice』4月号 
  『Voice』4月号2013/3/9(毎月1回10日発行)
  対談「渡部昇一(わたなべしょういち・上智大学名誉教授)×百田尚樹(ひゃくたなおき・作家)」
〈抜粋〉
p45~
百田 60年安保のときと状況はよく似ています。当時も日本全国が「安保反対」のような気運でしたが、自然成立とほぼ同時に岸内閣が倒れ、その数か月後に行われた総選挙で自民党が圧勝した。メディアの声はあくまでも「大きい声」にすぎず、それが大多数の声を代表しているとは限らないということです。
(略)
百田 岸信介はいみじくも、安保デモを前に「私には国民の声なき声が聞こえる」と発言しました。それは正しかったんです。いくら国会を群集が取り囲んでも、私の両親のような大多数の庶民は、そのような問題に何ら関わりはありませんから。サイレントマジョリティの声を聞くというのは、政治家の大きな資質の1つだと思います。 *強調(太字・着色)は来栖
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
孫崎亨著 『アメリカに潰された政治家たち』  第1章 岸信介 / 第2章 田中角栄と小沢一郎 
..............

コメント   この記事についてブログを書く
« 村山談話に繋がる国会決議に... | トップ | 【日米首脳会談】安倍首相の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事