加計新文書に左派“お祭り状態” 「内閣総辞職だ!」騒ぎ立てるも…文書には不可解な点 2018/5/22

2018-05-22 | 政治 メディア

 「安倍首相が『獣医大学はいいね』」愛媛県新文書に記録
朝日新聞 2018年5月21日18時28分
 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、2015年2月に学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会した、と学園側から報告を受けたとする内容を、愛媛県職員が文書に記録していたことがわかった。加計氏が学部新設を目指すことを説明し、首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と応じたとの報告内容も記されている。愛媛県は21日、この文書を含む関連の文書計27枚を参院予算委員会に提出した。

 これまで安倍首相は、加計氏について「私の地位を利用して何かをなし遂げようとしたことは一度もなく、獣医学部の新設について相談や依頼があったことは一切ない」と答弁している。また、学園の学部新設計画を知ったのは、国家戦略特区諮問会議で学園が学部設置の事業者に決まった17年1月20日、とも説明していた。15年2月の段階で加計氏が話をしたとする文書の内容と、安倍首相の説明は矛盾しており、あらためて説明を求められそうだ。
 首相の発言が記録されている愛媛県の文書は「報告 獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係者との打合せ会等について」との題名で、「27.3.」と書かれている。15年3月に作成されたとみられる。
 文書では、学園側の報告として「2/25に理事長が首相と面談(15分程度)」し、加計氏が首相に「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明」と記載。「首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と記されていた。
 別の文書には、今治市からの報告として、加計氏が安倍首相と会う前の15年2月に、学園側が加藤勝信・元内閣官房副長官(現・厚生労働相)と面会した、との記述もあった。獣医師養成系大学の設置は「厳しい状況にある」とし、学園の動向として、国家戦略特区で獣医学部新設を目指す新潟市への危機感から「理事長が安倍総理と面談する動きもある」と書かれていた。
 当時の柳瀬唯夫・首相秘書官(現・経済産業審議官)に関して記述された文書もあった。今治市からの報告として、同年3月24日に柳瀬氏と学園側が面会した際、柳瀬氏が「獣医師会の反対が強い」と述べ、「この反対を乗り越えるため」として、「内閣府の藤原地方創生推進室次長に相談されたい」と述べた、と記載されていた。
 文書は参院予算委の要請に応じて県が再調査した結果、見つかったといい、今治市、加計学園の職員らと首相官邸などを訪れた15年4月2日の面会内容や、この面会に至るまでの経緯が主に記されている。愛媛県は公表していないが、朝日新聞は国会関係者から入手した。
     *
 加計学園は「理事長が2015年2月に総理とお会いしたことはございません。既に多くの新入生が大学で勉学をスタートしており、新学期の学務運営、また在学生の対応でとても取材等受けられる状態ではありません」などとするコメントを出した。

 ◎上記事は[朝日新聞 DIGITAL]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
加計新文書に左派“お祭り状態” 「内閣総辞職だ!」騒ぎ立てるも…文書には不可解な点
zakzak 2018.5.22 20:10
 学校法人「加計学園」問題が急展開した。愛媛県が21日、国会に提出した新しい文書によると、安倍晋三首相が2015年2月に加計学園理事長と面会し、獣医学部新設構想の説明を受けて「いいね」と話したという。立憲民主党や共産党などの左派野党は、17年1月に新設計画を知ったとする過去の答弁と食い違うとして、「文書が事実なら、内閣総辞職だ!」と一斉に騒ぎ立てているが、文書には不可解な点も残る。
 「ご指摘の日に理事長と会ったことはない。念のため、官邸の記録を調べたが、確認できなかった」
 安倍首相は22日午前、官邸で記者団にこう述べ、愛媛県の新文書に記されていた加計孝太郎理事長との面会を否定した。加計学園も21日、「理事長が15年2月に総理とお会いしたことはございません」とのコメントを出している。
 問題の文書によると、15年2月25日に加計氏が15分間、安倍首相と面会し、愛媛県今治市に設置予定の獣医学部で、国際水準の獣医学教育を目指すと説明した。安倍首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたという。
 立憲民主党や共産党など左派野党は、安倍政権を徹底追及する姿勢を強めている。
 立憲民主党の辻元清美国対委員長は21日、「首相が国民にウソをつき通してきたのではないか。ウソをウソで上書きしても無理だ」と強調した。
 国民民主党の玉木雄一郎共同代表も「首相答弁が根底から覆った。紛れもなく、内閣総辞職に値する」と息巻いた。
 左派メディアも“お祭り状態”だ。朝日新聞や東京新聞、毎日新聞は22日の朝刊1面トップで報じ、「『17年1月』と矛盾」(朝日)、「虚偽答弁の疑い」(東京)、「国会答弁揺らぐ」(毎日)などと、批判的な見出しをつけた。
 今後は、愛媛県の中村時広知事の参考人招致や、柳瀬唯夫元首相秘書官と加計氏の証人喚問が行われるかが焦点となるが、問題の「面会」をめぐっては疑問もある。
 1つは、新聞に掲載された15年2月25日の「首相動静」に、加計氏との面会記録が残っていないことだ。某テレビ局が当日の官邸周辺の全映像を調べたところ、加計氏らの出入りは確認できなかったという。
 新文書の中で、首相のコメントなど一部で異なる字体が使われていることも、ネット上で「疑問点」「捏造か?」などと指摘され、広く拡散されている。
 さらなる展開があるのか。

 ◎上記事は[zakzak]からの転載・引用です *強調(太字)は来栖
――――――――――――――――――――――――
百田尚樹 @hyakutanaoki
朝日新聞が鬼の首を取ったみたいに一面トップ記事で報じているが、当日の朝日新聞の首相動静には、総理と加計理事長が会ったという記述はない。
しかもメモには、総理のところの文章がゴシック体になっている。その他の文字が明朝体なのに、あまりに不自然!
活字のプロならすぐに気付くはず。
.............
〈来栖の独白 2018.5.22 Tue〉
 最早、亡国報道も度を越している。朝日新聞、この国を潰す気か。潰す行為だが、それに気付いていない。ジャーナリストなら、世界を見ろ。
――――――――――――――――
「『首相案件』バカバカしいの一言だ」加戸守行愛媛前知事が激白 左派メディア報道は「憲法改正潰しの倒閣運動」
「僕のときもそうだったけど、マスコミの印象操作は相変わらず酷いな。加計学園、あの真相を一番知っているのは加戸守行前知事だが、マスコミは殆ど報じないね」森喜朗元首相2017/7/27 
...........

コメント   この記事についてブログを書く
« 『九十歳。何がめでたい』佐... | トップ | ひとりぼっちの時間(SOLO TIM... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。