第1次世界大戦終結100年 記念式典 2018/11/11 マクロン氏「悪魔が再び」ナショナリズムに懸念

2018-11-12 | 国際

マクロン氏「悪魔が再び」 ナショナリズムに懸念  
 ヨーロッパ 2018/11/12 2:45 【パリ=白石透冴】
 第1次世界大戦終結100年の11日午前、フランスのマクロン大統領は記念式典で「古い悪魔が再度目覚めつつある」と述べた。世界で高まるナショナリズムの兆候に強い懸念を示したものだ。ドイツのメルケル首相や国連のグテレス事務総長も同日、世界は多国間主義に立ち返るべきだと呼びかけ、孤立主義に逆戻りしかけている世界に警鐘を鳴らした。
 式典はマクロン氏が呼びかけ、パリ中心部の凱旋門で開かれた。中間選挙を終え初の外遊となるトランプ米大統領、ロシアのプーチン大統領、日本の麻生太郎副総理兼財務相など各国の首脳級70人以上が参加した。
 マクロン氏は第1次大戦の悲惨な被害に触れた後、「大戦後に誰もが平和を誓ったが、ナショナリズムや全体主義の高まりが2度目の大戦を生んでしまった」などと振り返った。「歴史は繰り返す時がある。愛国主義はナショナリズムとは正反対の位置にあるものだ」とし、欧州など一部でナショナリズムが高まる兆候があることに危機感の共有を呼びかけた。
 各国首脳は11日午後、引き続き開かれた「パリ平和フォーラム」にも参加した。メルケル氏は「国際的な協力が疑問視されるようになり、国家主義的な視野の狭い考え方が再び広がっている」と危機感を表明した。グテレス氏は「貧困や不平等を解決するのは、全ての人を巻き込んだ多国間主義だ」と応じた。
 今回の記念式典やフォーラムはトランプ米政権が自国第一主義を主張し、米欧の結束が揺らぐなかで実施された。マクロン氏とメルケル氏は10日、第1次大戦で休戦協定を結んだ仏北部コンピエーニュの森で会合し、和解と欧州の統合強化を確認した。
 ただトランプ氏が「欧州軍」構想を唱えたマクロン氏を「非常に侮辱的だ」と9日に批判するなど、米欧のきしみは隠せない。各国首脳が並んで式典会場となった凱旋門まで歩いた列にも加わらず、平和フォーラムにも欠席した。
 トランプ氏とプーチン氏との首脳会談も注目されたが、ごく短時間の接触にとどまった。米国による中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄表明などで関係がぎくしゃくする両首脳の協議は、11月末にブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に持ち越された。
 第1次世界大戦は1918年に終戦となったが、ドイツへの重い戦後賠償や米国の孤立主義への傾斜などを背景に、世界は再び世界大戦への道を歩んだ。現在のナショナリズムの広がりや米国第一主義が、当時の状況と重なると懸念する声が広がっている。

「ツイッター外交しない」 仏大統領、米と違い鮮明に  
 ヨーロッパ 2018/11/12 4:30
【パリ=共同】フランスのマクロン大統領は11日放送の米CNNテレビのインタビューで「私はツイッターを通じた外交よりも、直接話し合ったり疑問に答えたりする方が好ましいと思っている」と述べ、ツイッターを多用して一方的に発信するトランプ米大統領と立場の違いを鮮明にした。
 さらにトランプ氏との違いについて「私は愛国主義者であり、異なる人たちが協力し合えると信じている」と強調。「ナショナリストは時として一方的なアプローチや強者の論理に基づき行動する」と指摘し、国内外で強硬策を展開するトランプ氏をけん制した。
 トランプ氏は6日投開票された中間選挙の応援演説で「私はナショナリストだ。世界を助けたいが、米国自身のことを気に掛けなければならない」と訴え、自国の利益を最優先する「米国第一主義」を正当化してきた。
 マクロン氏は11日、トランプ氏も参加した第1次大戦終結100年の記念行事でも「愛国主義はナショナリズムと正反対のものだ」と一線を画し「自国の利益が一番だと言うことによって、国家が大切にしてきた道徳を消し去ってしまう」と警鐘を鳴らした。

 ◎上記事は[日本経済新聞]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
 朝日新聞デジタル
第1次大戦終結100年「いま一度、平和を最優先に」
パリ=疋田多揚 2018年11月12日01時43分
 第1次世界大戦終結から100年となった11日、パリで記念式典が開かれた。米国のトランプ大統領やロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相ら各国首脳や国際機関代表ら要人80人以上が出席し、大戦の無名戦死者の墓をまつる凱旋門前で平和を誓った。
 式典は100年前に休戦協定が発効した午前11時に始まった。フランスのマクロン大統領が演説し、「第1次大戦は1千万人の死者を生んだ。戦後、我々の先達は国際協調による平和をめざしたが、復讐(ふくしゅう)心や経済危機がその後のナショナリズムと全体主義を生んでしまった」と強調。そのうえで「自国の利益が第一で、他国は構わないというナショナリズムに陥るのは背信行為だ。いま一度、平和を最優先にすると誓おう」と呼びかけた。
 第1次大戦(1914~18)は、英、仏、ロシア、米国などの「連合国」とドイツ・オーストリアなどの「同盟国」が戦った。初めて戦車や毒ガスも投入され、史上最大の戦争の一つになった。連合国側が勝利し、18年11月11日、パリ北部のコンピエーニュの森で休戦協定が結ばれた。(パリ=疋田多揚)

 ◎上記事は[朝日新聞デジタル]からの転載・引用です
..............

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 裁判員制度10年「裁判員の負... | トップ | 2人殺害関与告白の死刑囚「殺... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。