主の祈り びわちゃん、ちゃーちゃんのこと 2019.9.12

2019-09-12 | 日録

主の祈り(主禱文)

天にましますわれらの父よ、
願わくは御名の尊まれんことを、
御国の来たらんことを、
御旨の天に行わるる如く地にも行われんことを。
われらの日用の糧を、今日われらに与え給え。
われらが人に赦す如く、 われらの罪を赦し給え。
われらを試みに引き給わざれ、 われらを悪より救い給え。アーメン。

 〈来栖の独白 2019.9.12 Thu〉
 いつまでも暑いが、変わりない私の日常。
 朝「主の祈り」に続いて、個人的な祈りをすることから、一日が始まる。
 主禱文は現代文に改変されて久しいが、私は現代文で祈ったことはない。教会のミサでも、独り声に出さず古い主禱文で祈ってきた。
 公園の池の傍の猫、琵琶ちゃん。毎日、会えている。Bossちゃん、茶トランたちにも。
 びわちゃんは8月20日~26日までの不在が最近では長期不在で、以後(8月27日から)、ずっと居てくれる。
 仲間のMさんとの話の中で、琵琶ちゃんの老化に気づいた。私との逢瀬を守ってくれるようになってからでも7年にもなるから(出会ったのは、びわちゃん、1歳か2歳だったか)、もう高齢のはずだ。今年に入ってだろうか、10日とか、長い期間会えない日があるようになった。心配もし、諦めたりもしたが、会えた「今日」に感謝。会えた「歳月」に感謝。

 昨日、仲間のO夫人と話。馴染みの「ちゃーちゃんが昨日(10日)現れなかった。こんなことは嘗てなかった。人懐っこくて、誰にでも抱っこさせてくれる子。誰かがペットにしようと連れて行ったんだろうか。ちゃーロスがひどいのよ」と。憔悴している。自分に重ねて、痛いほど理解できる。
 ・・・会えただろうか。


琵琶ちゃんに会えた 〈来栖の独白2019.4.11〉 
〈来栖の独白2019.4.11 Thu〉
  本日、琵琶ちゃんに会えた。いつもの石段で、待っていてくれた。3月30日土曜日に会って以来。
  第10駐車場で、茶トラン、もうちゃん(白黒、乳牛模様)、Mixi(キジトラ模様)に食べさせ車に戻ったら、友人Mさんから電話。「琵琶ちゃん、いつもの所に居たよ」。同様の内容のメールも届いていた。
  慌てて琵琶ヶ池横へ。居た。いつものように、琵琶がいた。ちょっと小柄になったようで、抱いてみた。3~4割がた痩せたようだ。早速、食べさせる。よく食べた。病気で動けなかったか…。喜怒哀楽を共有できるMさん、嬉しいニュースは直ぐに(何度も)届けてくれるMさんにも、感謝。・・・ああ、力が抜けました…今夜は、もう休みましょう。神に感謝。

   2019/04/11  15:46

    2019/04/11  15:47 

   2019/04/11  15:48


 * 〈来栖の独白 2019.4.6〉琵琶ちゃん、ありがとう。【とわにやすらぎ】【世を去る友】 
 * 琵琶ちゃん、居てくれた〈来栖の独白 2018.10.7〉

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ボルトン解任はトランプにし... | トップ | 映画『記憶にございません!... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (vtrld250)
2019-09-12 16:13:54
としちゃんです。(^_^)

公園の猫ちゃん達、会える日が続いて嬉しいですね。
公園に居る時間は 幸福感でいっぱいですね。

琵琶ちゃんの様に 少し前から 13歳のルルの老化が気になる様になりました。
皆通る道ですが、人間よりも老いるスピードが速いので 生き方を教えて貰っている様な気がします。
としちゃん コメント、ありがとうございます。 (ゆうこ)
2019-09-12 20:22:36
 2年前に亡くなった我が家のくろのすけ。16歳でしたが、私はさっぱり老化に気づきませんでした。亡くなる数か月前からは流石に病院に通いましたが、元気で、2階へ上り下りしたり、タンスの上に飛び乗ったりしていました。
>13歳のルルの老化が
>人間よりも老いるスピードが速いので 
 私もるるちゃんの写真を見るたび、気になるようになりました。可愛い子。

 上の記事に書いた仲間のO夫人から今日夕方SMSがあり、「Charはいません。さみしいです」と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。