京都アニメーション 火災 身柄確保の男、強い殺意「小説を盗んだから放火した」「パクリやがって」「死ね」 2019/7/18

2019-07-19 | 社会 身体・生命犯

京アニ火災「小説を盗んだから放火した」確保の男、強い殺意持つ
 18日午前10時半すぎ、京都市伏見区桃山町因幡の映像制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで、男がガソリンをまき、火を付けた。京都府警や市消防局によると、鉄筋コンクリート造り3階建て延べ約690平方メートルが全面燃焼し、消防によると、午後9時現在、建物内に取り残された男性12人、女性20人、不明1人の計33人の死亡が確認された。36人がやけどを負うなどして救急搬送された。火を付けたとみられる男も重いやけどを負い、病院で治療を受けている。府警捜査1課と伏見署が殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査し、男の回復を待って事情を聴く方針。火災による死傷者数が60人を超え、平成以降で最悪の大惨事となった。
 捜査関係者などによると、火を付けたとみられるのは41歳の男。男はガソリンを入れたバケツを持って1階フロアに侵入し、受付近くでいきなりガソリンをまき、「死ね」と叫びながら火を付けたという。府警が数分後、近くの路上で男の身柄を確保した際、男は手足や胸をやけどした状態だった。その際、「小説を盗んだから放火した。チャッカマン(多目的ライター)を使った」との趣旨の話をしていたという。京都アニメーションでの勤務歴はないという。
 現場では男が所持していたとみられるガソリン入りの携行缶のほか、複数の刃物などが発見された。府警は、男が強い殺意を持って第1スタジオを訪れ、ガソリンを使って放火した可能性が高いとみている。
【 2019年07月19日 07時00分 】

    ◎上記事は[京都新聞]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――

京アニ火災 「パクリやがって」「死ね」液体まいた男が叫ぶ ズボンには火がついたまま…
2019.7.18 14:49| 京都アニメーション火災
 京都市伏見区桃山町因幡の「京都アニメーション」で18日に起きた火事で、ガソリンのような液体をまいた男が京都府警の警察官に確保される際、「パクリやがって」と叫んでいたことが現場周辺の住民らへの取材で分かった。府警によると、男は「死ね」と叫んで建物内に入ってきたとみられるという。男は市内の病院に搬送されており、府警が放火の疑いで調べている。
 府警によると、男は液体をまいた後に逃走。京都アニメーションの男性従業員1人が追いかけていったところ、まもなく路上でへたりこんだ。
 男が確保された現場近くに住む女性によると、インターホンが鳴り、外に出てみたところ、Tシャツにジーパン姿の男が玄関横のガレージ付近に仰向けで倒れていたという。足から血を流し、ズボンには火がついていたので介抱していると、警察官が来て、男を確保。「どうしてやったんだ」などと問いかけると、男は怒った様子で「パクリやがって」と声を荒らげたという。
 「ガソリンをまいた」「ライターで火を付けた」などとも話していたという。

 ◎上記事は[産経新聞]からの転載・引用です


アニメ会社放火 死者33人に 身柄確保の男は重いやけど
 NHK NEWS WEB 2019年7月19日 4時09分 アニメ会社放火
 18日、京都市の「京都アニメーション」のスタジオが男に放火された事件は33人が死亡し、35人が重軽傷を負う大惨事になりました。警察は犠牲者の身元の確認を急ぐとともに消防と合同で現場を検証して火災の状況を詳しく調べることにしています。一方、放火した男は身柄を確保されましたが、みずからも重いやけどを負って治療を受けているということで、警察は男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。
 18日午前10時半すぎ、京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオで、1階の玄関に入ってきた男がいきなりガソリンとみられる液体をまいて火をつけ、爆発的な火災が起きました。
 火はおよそ5時間後に消し止められましたが、警察によりますと出火当時、建物内にいた従業員など74人のうち逃げ遅れた33人が死亡し、35人が重軽傷を負いました。死亡した人は男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明だということです。
 見つかった場所は1階が2人、2階が11人、2階から3階にかけての階段が1人、3階以上が19人で、その多くは屋上につながる階段に折り重なるように倒れていたということです。
 警察は火が1階から一気に燃え広がったため上の階にいた多くの人が犠牲になったとみて死亡した人の身元の確認を急ぐとともに、19日、消防と合同で現場を検証して詳しい状況を調べることにしています。
 一方、火をつけた男は現場から逃走しましたが、100メートルほど離れた場所で身柄を確保されました。
 警察によりますと顔や足などに重いやけどをして病院で治療を受けているため、18日は取り調べができなかったということです。
 持っていた免許証から以前、さいたま市浦和区に住んでいた住所不定の41歳の男とみられるということです。
 この男は「京都アニメーション」に勤務した経歴はなく、会社との関係はわかっていません。また建物の近くの路上でガソリンを入れる携行缶や複数の包丁、それにハンマーなどが見つかり、警察は男が持っていたものとみて調べています。
 男は「死ね」などと叫びながら火をつけたということで、警察は捜査本部を設置し男の回復を待って、放火の疑いで、詳しい経緯や動機について調べる方針です。

「死ね」メールみたいなものも少なくなかった 社長会見
  NHK NEWS WEB 2019年7月18日 18時50分アニメ会社放火
 京都アニメーションの八田英明社長は、今回の事件を受けて本社前で報道陣の取材に答えました。この中で、八田社長は、多くの死者が出ていることについて「大げさな言い方かもしれないが、日本のアニメ業界を背負って立つ人たちが1人でも傷つき命を落としていくとはたまったものではない」と話しました。そのうえで、「映像に対して意見があるならちゃんと意見してほしい。こういう暴力行為は、絶対だめだ。断腸の思いです」と語気を強めました。
 一方、今回の事件につながるトラブルについて、八田社長は作品に対する批判や「死ね」といったメールみたいなものを受け取ることは少なくなかったと説明しました。
 そして、八田社長は今は映画を製作しているので作品に対して自分の思いを伝えてくるケースがあると説明しつつ、「意識的に注意しているが、これだけのことをする人がいるとは想像できなかった」と話していました。

    ◎上記事は[NHK NEWS WEB]からの転載・引用です
――――――――――――――――――
京アニ放火 リュックに刃物数本 41歳男の素性と恨み  2019/7/19

コメント   この記事についてブログを書く
« オウム13人死刑執行から1年 ... | トップ | 京都アニメーション放火  リ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。