埼玉県蕨市 新藤力人ちゃん「お水を下さい」哀願の声響く 相次ぐ虐待、行政救えず 悔やむ周辺住民

2010-03-06 | 社会 身体・生命犯
〈来栖の独白〉>悪いことをした子を怒るのは親として常識 ---虐待親は必ず、そう言う。「しつけ」だと言う。 ---虐待されている子は、「叩かれている」「ご飯を食べさせてもらっていない」など、親の悪口に当たることは絶対に言わない。親を庇う。その悲しみが、問題なのだ。 . . . 本文を読む
コメント

死を望む妻、引き留め続けた夫「裁判所は深い同情を感じています。命の大切さを確かめ、生き抜いてほしい」

2010-03-06 | Life / 死と隣合わせ
「もう限界、お願い」「つらかったね」妻殺害時の会話 . . . 本文を読む
コメント

わが子の虐待 ― 命は社会が守るしかない

2010-03-06 | 社会 身体・生命犯
5歳の智樹ちゃん。体重は6キロで1歳児の平均に満たなかった . . . 本文を読む
コメント

PFI刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」受刑者に盲導犬となる子犬を育てさせる矯正プログラム

2010-03-06 | Life / 死と隣合わせ
盲導犬育てた受刑者=慈しむ心・寛容の心、教えてもらった . . . 本文を読む
コメント

サフィー「盲導犬は視覚障害者の目の代わりとなり、精神的支えともなる。単なる歩行補助具ではない」

2010-03-06 | Life / 死と隣合わせ
盲導犬事故死。名古屋地裁松田敦子裁判官 . . . 本文を読む
コメント