彼方の青空

目指した空は、「こっちだよ~」って笑ってた。理想のようなもう一人の自分はあの空の下にいる。追いかける!彼方の青空へ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14カ国目の国、ジパング

2007-03-31 | 旅日記と心の詩
ギリシャから数えて14カ国目
次はジパングへ
どんな国なのだろう?
susi
toyota
kabuki
harakiri
どんな国なのだろう・・・


懐かしの、新しい国
コメント

素晴らしい君

2007-03-30 | 旅日記と心の詩
早朝、タクシーで空港へ。ナリが見送ってくれた。
何故だか気持ちはとても穏やかで落ち着いている。言葉の予習も物価を気にする事もない。多分次はよく知っている国だからだろう。
もう飛行機は空。横で君はもう寝ている。横に素晴らしい君がいる。

僕の好奇心に君は笑顔で答えてくれる
僕の不安に君は安らぎをくれる
僕らは、共に歩き、手にした感動を山分けした
でも、君の方が偉い
君の方ががんばった
君の方が辛かった
君の方が偉い
君の方が。

よくもここまで来たものだ
君のおかげだ
ありがとう、素晴らしい君よ。
コメント

刹那モードな一日

2007-03-29 | 旅日記と心の詩
生きることは食うことだ~~~・・・
だっ駄目だ・・・食欲も無い・・・
たまたままた日本に行って旅は続く
そう言い聞かせても全てが刹那モード
彼女は高いだ安いだのとオーチャードロードーを感じている。僕は苛立ちっ放し・・・・・・・・・・・・・

まだ終わってない!!そう思っている、そう分かっているのに今は日本へ行く事を途轍もなく拒んでいる。
比べられるのかな?
その前に自分で比べよう
あの時と今を
はぁ~~~~・・・
・・・・・・・・。。・・。、、、・・まずい酒は飲むもんじゃない
コメント

最先端

2007-03-27 | 旅日記と心の詩
シンガポール、ライオンのチンチン?王様ライオンのアンテナ?アメリカの州?イギリスの基地?世界を操るための市場の一つ?
キラキラギラギラと冷たく光るビルの人達は『明日から連休で、金星に行ってくるの~』「い~なぁ~、金星の名物なんだっけ?」なんて言っている。

近頃何もかも便利になっちゃって・・・
そのせいかなぁ、重いヤリがもてなくなっちゃった
便利さ一つに人間の何かが一つ失われる
ふっと空の雲が開き最先端が見えた
雪積もるヤシの木陰で仏陀とノストラダムスがコーヒー飲んでた
しかめっ面して将棋をしてた
コメント

すごろく

2007-03-25 | 旅日記と心の詩
『おはよータマ』
・・・・・・・・・・。・・・。
明日帰る。いやっ違うっ、“帰る”のではない、スタート戻りだ、また始まるのだ!!。
今日の始まりなのに太陽に悪いなっ。でもグレイの向こう。
さぁ、何処行こうかぁ~、サイコロ振ってくれ
コメント

大きなヤシの~木の下で~~♪

2007-03-24 | 旅日記と心の詩
ファーストフードで朝飯。チキンとヤキソバのような麺とライスと野菜が入って薄いピザのようなパンで巻かれているピタのようなやつ。これとってもボリュームがあるが4S$する。街はゴミのポイ捨て禁止で見つかると罰金だ。とはいってもやはりゴミは落ちているもんだ。オーチャードロードという一番のショッピング通りなのかな?、ま~~華やか賑やか豊か豊か。でも・・・・・・つまんない・・・。
空が恐ろしくグレイだ。インドネシアはどうなっているんだろう。
コメント

マーライオン

2007-03-22 | 旅日記と心の詩
旅人にアジア三大がっかりの一つと聞いた
二つは忘れたが一つはマーライオン
ま~良いじゃないか、会いに行こうよっ
あっ、そろそろ見えるはずだ、タマや、最初に見てくれ
『・・・ちっちゃちぃー』
えっっ、ナリっ
『ほほほっ・・・』
ほほほってさぁ~、どれどれ
『っっぁ~~、マーさん独りだ・・・』

インドネシアの大規模な山火事の影響もあり空はグレイ。そのバックの色のせいなのか、なんか寂しそうなマー君。もうすぐ他の場所にキングマーライオンというゴージャスででっかいNEWマー君が誕生するらしい。そうなると。どうしましょう?
うちへおいでよ!!
コメント

勝手にカウントダウン

2007-03-20 | 旅日記と心の詩
思い出は、心の海を、沖へ沖へと流れていく
時々友達や景色などが引き寄せてくれる
懐かしく
温かく
ふんわりと・・・
そして又、沖へ沖へと流れていく
沈むのもある
もがいて、心臓掴むのもある

思い出は、生まれた時から心の海を、沖へ沖へと流れていく
限りなく遠く
限りなく近く

時間は・・・貯金できない。若くとも命は100%じゃぁない。何度明日を迎えただろう。旅の途中、何度か明日を通り越した事はあった・それでも昨日の数は変わらない。
『ドキッドキッドキッ』っと顔の無い歯だけが今を喰い飲み込んでいく。それはまさしく僕の歯だ・・・
コメント

9S$のドミトリー

2007-03-19 | 旅日記と心の詩
にゃはっ。これだけ・・・。
コメント

シンガポールはじめの一歩

2007-03-19 | 旅日記と心の詩
シンガポールのイミグレを抜けるとすぐショッピングセンターのビルと近代的なバスとタクシーのステーション。両替を済ませタクシーでベンクレーンストリートの安宿街まで。すぐ客引きが僕らを見つけトコトコ着いてく。ビルの7階にあるドミトリーで9S$(シンガポールドル)。【1S$=約78円】  窓からは大都会のビルの群れ。キョロキョロキョロキョロしながら街を散歩。ホーカーズという屋台の集合体のようなところで夜飯。ラーメンを食べる。それはラーメンだった。

波音が車の音に
ヤシの木がギューーンっと伸びてビルに
さざ波が人波に
珊瑚はブランド品に
マレーシアからシンガポールへ
タイやカンボジア、ラオスにマレーシア、
それらの大陸をライオンと呼ぶのだろうか?
その先っちょ、最先端?シンガポール
コメント