LeafRing

~スクラップブッキングと日々ののんびり雑記帳

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オレンジリボンキャンペーン

2008-09-15 18:18:27 | 7g収穫祭



第2回7gypsies収穫祭の中に一つ企画を設けたいと思います。

少し、重い話になりますが、できればお読みください。
先日、新聞で、ある子供虐待の親への判決が下りたことを知りました。
詳細は新聞等を見ていただければと思いますが、6歳の男の子と2歳の双子の子どもへの虐待事件です。
母親が6歳の子に2歳の双子の弟妹の世話をまかせ放置したもので、2歳の子は餓死したのです。その母親に下りた判決はたった実刑6年。今後80年あっただろう、子の人生を奪い、6歳の子供に癒えることのない傷を負わせたにもかかわらずです。
判決が正しいのか正しくないのか、重いのか軽いのか、それは私にもわかりません。
でも、頻繁に虐待の記事は目にしますが、亡くなった2歳の子供もさることながら、泣き続ける弟妹とせまい家に閉じ込められ、一日に数十回も電話しても無視され、世話しなかったお前が悪いとぶたれ、自分も餓死寸前で、それでもなお母親をかばうこのお兄ちゃんの恐怖、不安、焦燥を思うと、私は実際嘔吐し号泣するほどのショックでした。

スクラッパーの皆さんにはお子さんを持つお母さんが多く、お子さんの写真を大切にし、SBして作品にすることで、子供の大切さ、かけがえのなさを実感している方も多いと思います。
そして、そんなお母さんに愛されるお子さんは本当に幸せだと思います。
親に愛し、愛される、それは至極当たり前のことだと思うのです。

でも、愛し愛されるべき親に虐待を受ける子も世の中にはいるのです。

子供虐待防止運動のひとつにオレンジリボン運動があります。
ピンクリボンの活動と同じような感じで、オレンジリボンをつけて子供虐待防止をPRし、オレンジリボン憲章の普及啓発に努めるものです。
虐待の問題は普及啓発で解決できるようなものばかりでなく、実際はどれほどの効果があるのかわかりませんが、ひどく怒られている子、傷がたえない子などを見かけたときに、虐待の可能性に気づく大人が増えるきっかけにはなるかもしれません。自分の行動を省みて、誰かに相談しようとする親もいるかもしれません。
自分のこのしかり方は虐待と紙一重なのではないか、そんなふうに思ったことはないでしょうか?そんな自分に気づくきっかけになるかもしれません。

一人でも多くの子供たちに、スクラッパーの皆さんが持つ「幸せ」のカケラを分けて欲しい。

全ての子供たちがいつか心から笑えるときが来ますように。
幸せになりますように。
そう祈らずにはいられません。

そんな思いで、今回の7g収穫祭では「オレンジリボンキャンペーン」もしたいと思います。趣旨に賛同できる方ばかりではないと思いますので、収穫祭の一部としてmixiの別トピを設けます。
「7gのアイテムを一つでも使うこと」、「未発表のものであること」の基本ラインの他に「オレンジを基調とした、もしくはオレンジをポイントにした作品とすること」というお題を加えます。

オレンジリボンキャンペーンに参加してくださった方の中から抽選で、私からオレンジリボンバッジ(NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが作成しているものです。特にこの企画をこのNPOや他に報告しようとかそういうことは考えておりません)とSBショップAmong Flowersさんのご協賛をいただきオレンジ系のSBグッズをお送りいたします。画像はそのプレゼントの画像です。

楽しく参加していただく収穫祭、このような重い話を加えてしまってごめんなさい。
でも今の私は、子どもの写真に向き合うたび、子どもの笑顔に会える幸せと子どものかけがえなさに感謝せずにはいられず、またそうなれない親と子どもたちのことを思わずにいられません。
お母さん率が高いスクラッパーの皆様にもぜひ普及啓発にご協力いただきたいと思った次第です。あしからず、ご了承ください。

オレンジリボンキャンペーンの方にはもちろん参加自由です。
どうかよろしくお願いいたします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (44)   この記事についてブログを書く
« カードアルバムwithトランク | トップ | 第2回 7gypsies収穫祭開催... »
最近の画像もっと見る

44 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (motomi)
2008-09-07 01:36:03
こんにちは。
心がわしづかみにされる痛ましい事件。
私自身もとてもショックを受けました。

でも、それらから目をそむけることなく、
このような企画を立ち上げてくださったぽぴこサンに心からの賛同と参加させていただくことで
私自身もなにかできれば・・と思いました。

一人でも多くの子供たちの笑顔を守っていくことができますように!!!
Unknown (ドリー)
2008-09-07 07:30:39
オレンジリボン、ぽぴこさんの記事で初めて知りました。
子供たちは愛された記憶で育っていくものだと思います。
ぜひこの企画、参加させてください。
Unknown (akilia)
2008-09-07 12:29:07
お久しぶりです、こんにちは。
恥ずかしいことにオレンジリボンの
ことをぽぴこさんの記事で初めて知りました。

我が家には障害児がいることもあり
どんな境遇で生まれて育った子供達でも
平等に平和にあんしんして生活できるべき
だと常日頃から考えています。

少しでもオレンジリボンの活動が
メジャーになる事を祈りつつ
この企画に参加したいと思います。
Unknown (☆ともみっち☆)
2008-09-07 13:13:48
私もその事件の判決、テレビで見て、たった実刑6年なの?と思った1人です。

オレンジリボン、ステキな企画ですね!!
ぜひこのオレンジリボンも含めて、7g収穫祭に挑みたいと思います^^

Unknown (*ひなた*)
2008-09-07 16:08:32
私もこのニュースでお兄ちゃんの心を思うと涙が出てしまう一人です。
ただ、いつもこういうニュースを見ても自分には何もして上げれない無力さをおぼえるだけで
行動を起こしたことはありませんでした。
ぽぴこさんの行動力と思いに賛同します。
Unknown (みぞやん)
2008-09-07 16:57:21
PC前で涙が止まりませんでした。
私自身、良い母親なのか?自問自答する時がよくあります。
叱った事に少しでも子供が傷ついてしまったのなら、その叱り方は間違っているのかも…。
ぽぴこさんの思いに賛同です。
今回の企画、是非参加したいです。
Unknown (の~り~)
2008-09-07 16:58:13
オレンジリボンのこと初めて知りました。
何かしたいけど、何をしていいのかわからない。という私にとって、ぽぴこさんのように、発信していただくことは、とってもありがたいです。
ほんとに辛い事件ですよね。
こういう事件の起きない世の中にしていきたいものです。

Unknown (ゆきち)
2008-09-07 17:04:05
オレンジリボンのこと、初めて知りました。
幼児虐待のニュースを聞くたび胸が痛みます。
SBを通じて意識向上を高められるなんて素晴らしいイベントですね。
私も是非参加させてください。
Unknown (ooiwa)
2008-09-07 19:38:58
いつも楽しいcocoaの記事を楽しくROMさせてもらっていました
今回私もこのニュースをテレビで見た時に
6歳の子が母親をかばうように
「自分が悪いんだ」と言っているのを知り
この子のやさしさが少しでも母親にあれば
ととて悲しくなりました
参加させていただきますね
Unknown (☆デイジー☆)
2008-09-08 01:06:27
はじめまして。
いつも記事を楽しく読ませていただいていますが、今回は悲しく、心に重く響きました。

私自身、時々怒りが抑えられなくなりそうなときがあります。
そんなときはあえて子供から離れるのですが、子供を育てる親として、虐待問題には深く関心を持っています。

オレンジリボン運動を盛り上げるキャンペーン!すばらしいアイディアですね~。微力ながら参加したいと思います。

コメントを投稿

7g収穫祭」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事