フォトリーフつれづれ

連れ合いとの気ままな写真日記
第22回土門拳文化賞奨励賞受賞「声がきこえる」

実りの時期

2018-09-19 | 日記






この辺りでも稲穂が大分色づいてきた。
彼岸花も咲き出した。秋本番の時期だ。
こうなると彼らの出番。
思い思いの姿で、見張り役を務めている。
昨日今日と快晴の空。空気も乾いて気持ちがよかった。
しかしまた明日から下り坂とか。秋に三日の晴れなしとは
よく言ったものだ。
                    Y
コメント

彼岸花

2018-09-19 | 日記








彼岸花が咲き始めました。この時季に
決まって咲き出しますが、今年は少し
遅れているような気がします。
近くのビオトープでは、植えっぱなしで
手入れが行き届いていないため
叢の中に頭だけだしているようなものも
あります。昨日今日と日本晴れの晴天が
続いていますが・・また明日からは
お天気がよくないようです・・残念・・
叔母さんを病院へ連れていく日・・いつも
あまりお天気がよくないのです・・

           m
コメント

高砂百合

2018-09-18 | 日記




犬走のリュウノヒゲの中から毎年伸びてくる。
植えた覚えもないが、増えもせず絶えもせず
毎年同じ場所に伸びてくる二本の晩夏の百合だ。
二本並んでいるのに咲く時期がずれて、
一枚目は8月の終わりに咲いたもの
二枚目は9月中旬に咲いたものだ。
                 Y
コメント

静かな日

2018-09-18 | 日記




入り江に寄せる波が静かです。
船の航跡が僅かに残っていて
縞模様のような皴模様のような
何事もなく無事に一日を終えた
貴重な証拠写真です。
壁際に配置された棕櫚の木も
時間を経て曲がり始めました。
このまま平穏なままでいたいものです・・

樹木希林さんが亡くなられました。
「あん」も「守の居る場所」も
「万引き家族」も「人生フルーツ」の
ナレーションも重厚な存在感があるのに
飄々として印象に残る俳優さんでした。
ご冥福をお祈りします。

            m
コメント

夕景

2018-09-17 | 日記








台風の余波で、またやるべきことが増えた。
大量の栗の枝や桐の枝は何とか空地に運んで
始末したが、その下敷きになって倒れてしまった
トマトの雨よけ支柱を利用して、ブラックベリーの
支えを作ったり、ジギタリスの植え替えをしたりと
この土日も田舎での農作業で時間を使ってしまった。
まだ桑の木の裂けて垂れ下がっている太枝も始末しなければ
ならないが、これも骨が折れそうだ。
土曜日の夕方は小雨が上がって、霧になった。
まだ稲刈りの済んでいない田んぼの黄色と
街路灯や家々の灯りが、ぼんやりと滲んだ
秋の夕暮だった。
                     Y
コメント (2)

答志島 漁港界隈

2018-09-17 | 日記







捉われのうなぎはぬめ~として
一日中、箱の中を行ったり来たり・・
漁を終えたおじさんは・・
収穫の量に応じて、張り切ってみたり
元気いっぱいの跳躍です。
海とを隔てるブロック塀は
水の放物線を描いて・・水不足とは
無縁でした・・漁港の日常は刺激が
ありました。

            m

コメント

鳥羽駅裏路地歩き 3

2018-09-14 | 日記






何気ない日常の物も・・
えっ!そんな風にして置いているの・・と
人の心の中まで読めるようです。
通り過ぎてしまえばそんなものには
興味さえ失くしてしまうのに
後から写真を見返してみると
やっぱり面白くて・・ちょっとだけ
心をくすぐられるような気になるのは
私だけかしら・・?


          m
コメント (2)

鰆漁

2018-09-14 | 日記






答志島では、この時季は鰆漁が中心のようだ。
午後2時過ぎから漁に出ていた船が次々港に
戻ってくる。それを待ち構えていた家族のもとに
コンテナに入った魚が届けられる。
撮ったばかりの魚を見る機会がほとんどないので
魚体の鱗模様が艶めかしかった。
                 Y
コメント

答志島 2

2018-09-11 | 日記






初めて答志島に渡った。
中部圏の篠島・日間賀島・佐久島あるいは
琵琶湖の沖島などは何度か行ったことがあるが、
意外と観光地化されていない印象を受けた。
蒸し暑い日差しの中、島特有の狭い路地を
あちこち巡ってみた。
                  Y
コメント

答志島

2018-09-11 | 日記






海のない県に住んでいると
海を見ただけで心がざわざわします。
答志島は一見してなにもこれと
いったもののない所でしたが・・
そこが魅力的といえばいえると思います。
置かれて捨てられたようになっている漁具なども
物珍しくて撮影しましたが・・ここではそれが
あるのが日常なのだと思われました。
島の外れにいくと廃業したホテルが
なすすべもなく人を拒絶するように立っていました。
だんだんと寂れていくのでしょうね・・
白骨化した屍のような木の根が何かを
物語っているようでした。

              m
コメント (2)