なごみのとき

ホッとするデジカメひとコマ日記

リョウブ(リョウブ科・リョウブ属)落葉小高木

2018-07-03 19:28:32 | 樹木
 荒神山の山裾で、リョウブの花が咲き始めていました。夏の白い花は涼しげです。
昔は飢饉に備え、若葉を食料にするため、令にて植えさせたことが「令法」の名前の由来になって
いるということです。現在では「令法飯」の材料になっているとのこと。
花は、枝先に総状花序を円錐状に出し、小さな白い花をたくさんつけています。
蜜蜂の蜜源としても知られています。
花弁は5個で、先がややへこんでいます。雄しべは10個で、花弁より長く、葯の先は2裂して
います。雌しべは1個で、柱頭は、3裂しています。

































コメント (7)

ヤマモモ(ヤマモモ科・ヤマモモ属)常緑樹

2018-07-02 19:27:10 | 樹木
 荒神山裾の道端にヤマモモの木が植えられていて、毎年たくさんの実をつけます。
カラスが集まって来て、大騒ぎになっていた時もありました。
写真の4枚目までは、1週間前の6月24日に撮ったもので、まだ色づいているモモは僅か
でした。今日行った時は、5枚目の写真のように、たくさん色づいていました。
ヤマモモは、雌雄異株だそうで、実をつけていない雄株の木も近くにあったのでしょうが、
気がついていませんでした。
ヤマモモは、生でもたべられるということですが、ジャムや果実酒に加工されることが
多いようです。でも、このヤマモモは、もっぱら鳥さんのごちそうになっているみたいです。











































コメント (2)

アカメガシワ(トウダイグサ科・アカメガシワ属)落葉高木

2018-06-26 13:50:58 | 樹木
 アカメガシワの花が咲いてきました。アカメガシワは、新芽が鮮紅色で、葉が柏のように
大きくなることから名づけられたということです。雌雄異株の落葉高木で、樹高は、5~10m
程にもなります。
 雄株は曾根沼の木橋の近くで見つけました。また、荒神山の山裾へ入る道路の法面にも
何本も生えていて、ここには、雄株も雌株もありました。
 ここには、彦根梨の畑が続き、手入れをされているエンジンの音を聞きながら撮っていました。




雄花



















雌花










コメント (4)

タチスゲ(カヤツリグサ科・スゲ属)多年草

2018-06-23 15:51:47 | 草花
 家の裏に、毎年生えてくるこの草、細長いカヤのような葉で、穂が出ています。田んぼの縁から
貰ってきた草花についてきたようです。
何という草かしら・・と、図鑑の写真とにらめっこしました。
タチスゲという草ではないかと思いました。タチスゲは、カヤツリグサ科の草で、草丈は50cm
ぐらいです。
頂小穂は、雄性で、長さ3cmほど、細く見えます。柄は殆どありません。
側小穂は、雌性で、円柱状に果胞をつけています。もう、受粉は終わって、果胞が膨らんできて
いました。
葉は、裏面が白く見え、幅3~6mmでした。





























葉の裏面





葉の表面





コメント (2)

ドクダミ(ドクダミ科・ドクダミ属)多年草

2018-06-21 19:53:42 | 草花
 独特の強い臭気を放つドクダミは、何処にでもよく生え、庭や畑の雑草としては、
困りものです。しかし、薬草として有名で、古くから利用されてきたようです。
生薬名を十薬といい、開花期に根ごと採取して乾燥させたものが使用されています。
乾燥後も緑色の残っているものがよいとか・・。
十薬の煎液には、利尿作用、緩下作用、高血圧、動脈硬化の予防作用などの薬効が
あるということです。
 花びらのように見える白い4枚は、総苞というものです。棒状の花序に淡黄色の
小花が密生しています。花には、花弁も萼片もなく、雄しべと雌しべのみです。






























コメント (2)