言い駄句駄句

画像と替え歌と、たまに駄句

芸術の秋

2018-11-12 12:56:48 | 日記

布団の中で本を読んでたら、何故かふっと心に・・・
読書の秋、芸術の秋、そう言えば、日展っていつ頃だっけ?
iPadを叩いて調べたら、なんとタイムリーなことに、今でしょ!
しかも、国立新美術館では東山魁夷展も同時開催してる
青空も見えていたので、4月以来の夫婦で六本木




ピエール・ボナール、全く造詣の無い画家さん
オルセー美術館所蔵という触れ込みならばと入ったものの
情けないけれど、良さが分からなかったというのが本音で、早々に退散
日展を調べていて偶然に知ったわけですが、一番に人を集めていた東山魁夷展
我が街、市川にも美術館はあるのにも関わらず、一度も訪れたこともなければ
生誕100年という事さえ知らず、お恥ずかしい限りです。



ゆったり見れた日展の作品の数々
号数は分かりませんがどれも大作、6畳一間じゃ置けない大きさ
脚立にでも乗らなきゃ、とても描けそうにないんだけど?




リアルに描かれたものに目が行きます
写真なのかと見間違えそうな作品も幾つかあって、目がテンに
森、雑草、単調な風景でも緻密に描かれ、ただただ唖然




有名どころの作品展は、幾度か見てはきたけれど
一人の画家さんで、心を揺さぶられる作品と言うのは幾つもない
そう思っていましたが、東山作品は違ってました、あれも素敵!これも素敵!
不思議な色合いと、優しいタッチに魅了され、見入った作品も数知れず
幾度ため息をついたことか、幸せな時間を頂いたって感じです。
作品集、カレンダーに絵葉書、ついつい・・・


(日展の作品は、一部を除き撮影可能、ブログUPもOKだと信じて・・・)










コメント

読書の秋とは言うものの

2018-11-06 16:11:33 | 日記
先月末の土曜、図書館開催の、リサイクルブック市
朝ゆっくりできる週末だから、わざわざの気持ちが大きかったけど
取りあえず徒歩圏内、後学の為にと二人で行ってきました。

不要となった図書や雑誌やCD、おひとり様、5冊まで
1時間おきに3回の入れ替え制、整理券を受けるために並ぶ
回が後になれば冊数も減ってゆく、おのずと選ぶ選択肢も減ってゆく
図書館前は長蛇の列、一回目は無理かもと係の方の声



動きはじめて、ビックリ!列は館内ロビーからでした
一回目でダメなら次は一時間後、でも一回目の券を頂けました。
開始は10時、結局、50分近く待ったことになる(笑)

入るや否や、それぞれが思い思いの場所へ
もちろん、私は小説コーナー、段ボール箱に入れられてます
リサイクル品、傷んだものだと勝手に思ってましたが、なんのなんの
まぁ、タダで頂ける本、馴染みのない作家さんを読むのもありかな
好みの本があれば一番だけど、それは贅沢というもの
中には、高額な専門書なども置かれてて、ちょっとビックリでした。
互いにに本を抱え、案外楽しかったと話しながら帰りました。

が・・・

3回目の終了間際、散歩がてら様子見に行った旦那さん
その後の時間は、何冊でも持って帰って構わないと言われたとかで
新たに10冊ほど抱えて帰ってきたので、思わず笑っちゃいましたが
迷いに迷って、やっぱり行こう!と、今度は、チャリを走らせました
再び小説コーナーへ、かなり数は減ってましたが、パッパと選び
結局、二人で30冊ほど持って帰ったことになる(笑)



読み終わり、ブログに残せてない本も7冊
ブックオフで購入するのは、目に優しい分厚い本ばかり
段々と場所を増やしてゆく一方、ホントは本を減らしたいのが本音
なのにネ~これ以上増やしてどうするって感じなんですが
まぁ、これでとうぶん買わずに済みそうです。
と、言いながら今日も2冊、読書の秋と言うものの(笑)
コメント (2)

日比谷は秋色

2018-10-29 16:06:05 | 公園
花の美術館で開催の、ミニガーデニングショー
こっちを見たから、もういいかなと思っていたんだけど
日比谷ガーデニングショーの作品を、HPで見ちゃったらば
いつになく華やか、やっぱり行くしかないっしょ!
って事で、旦那さんを誘って行ってきました。



お昼時になれば、サラリーマンやOLさん達で人も増える
その前に行かねばと早々に家を出て、公園に着いたのは9時半
同じように考える人はいる、もうそれなりに人も集まってました
日差しも柔らかで気持ち良い、まさに秋日和って感じです



こういう風に飾れば、我が家もきっと素敵に見えるかも~



こういう大きな作品を置くなら、やっぱりお店の前だよネ



地味な印象が強かったけど、今年はダリアが華やかで存在感



庭のない我が家には縁のない箱庭ですが・・・



以前は、花など全く縁も興味も無かった旦那さん
夫婦で公園などを歩き、北の大地のラベンダー畑を見るうちに
段々と、愛でるようになりましたし、それなりに楽しんでるみたい
夫婦共に花は、見るだけで育てることも飾ることもしませんが
この日は、花に囲まれ癒しの時間を過ごしてきました。






コメント

池袋でランチ

2018-10-29 12:34:30 | 日記
ネットで知り合い、14~5年と長いお付き合い
新宿以来、1年4か月ぶり、池袋ランチしてきました。
メール無精、疎遠状態なのに、いつも嬉しいお誘いです
一番お若い彼女から、如何ですか~と、メールが入って
お店も集合場所もセッティング、有難~いお友達♪

池袋、看板の案内通りと言えど、殆ど未知なる駅
恥ずかしながら、改札で、しっかりと訪ねて集合場所へ
時を感じさせない変わらない笑顔で「お久しぶり~!」
今回は駅から数分「ビストロ ワイン カフェ ハース 」おっしゃれ~
都内の外出はほぼ公園、シャレたお店に縁はなく気恥ずかしい
でも、心の寄り添える方々と一緒だから、そんな気持ちも一瞬
綺麗なお皿に盛られた、サラダやローストビーフに、目が向かう
外食の時くらいは、カロリーは気にしないでおこう!(笑)



すっごく有名なシェフさんのお店の一つらしいですが
ランチだと千円、申し訳ないくらいのお値段なんですよネ
お喋りべりタイムの方が長くなり、合わせてスミマセンって感じ
コクのあるスープ、柔らかなローストビーフ、どれもみな美味しかった~
話足りない私たちは、西武デパート4F、喫茶店「珈琲貴族」へ
ランチの後のお茶、考えてみれば、これもお決まりのコースです
ハロウィーンヴァージョンのケーキと飲物で再びお喋りタイム



一番印象に残ったお話し、夫婦のお散歩

スタイルも物腰も落ち着いた大人の雰囲気の彼女は
自分が先を行き、あとから見守るように旦那さんがついてくる

いつも自然体で、安らぎを感じさせてくれる彼女は
二人一緒に歩調合せて歩いてる、友達夫婦って感じでしょうか

知識が豊富でお話上手な、しっかり者の可愛い彼女は
先に前を行った旦那さんが、後からメールで尋ねる、ここはどこ?

かくいう私はと言いますと・・・
スタートは一緒、そのうち早歩きの旦那さんと離れてしまい
その後、私のところまで引き返すか、立ち止まって待っててくれるか

それぞれに面白い4人4様の夫婦のカタチ
一年分の心の解放、明日からの栄養も頂いて
お腹いっぱい、心いっぱい、満たされた時間となりました。
みなさ~ん!「あ・り・が・と・う!」

(ビストロのお店のお写真、HPよりお借りしました)
コメント (2)

秋の花美

2018-10-22 09:00:26 | 公園
県内の稲毛にある、展示も兼ねた花の公園
名称は変わったけれど、私にとっては、花の美術館
馴染みの方々にとっては、愛称の「花美」行ってきました。
いつもは、徒歩&電車&バスで1時間掛かるんですが
旦那さんにハンドルを握ってもらって30分



その日の朝、テレ朝の依田さんが記念公園から中継
台風にも負けずに育った満開のコスモスを紹介してたんです
午後からお天気も下降線とか、行った途端に雨じゃぁネ
というわけで、近場の花美に行こうと言う事に相成った
秋はいつも地味な外庭、それでも気分転換のつもり



館内はハロウィーンヴァージョン
秋色は少し寂しい、イエ、シックと言うべき?
私は一年ぶりですが、いわば勝手知ったる馴染みの場所
でも、時を経て二度目の旦那さんは、展示された生け花など
案外と満足したようで、誘って良かったかなと



曇りの予報に反して、時おり青空も見え
入った当初は少なかったお客さんも徐々に増えて
併設されたレストランで、の~んびりお茶してる方々も
中庭に設えたテーブルで、本を開くっていうのもあり?
読書?う~ん食欲の秋!スポーツの秋は・・・無し



花の少ない地味な季節ではあるけれど
それなりに人を集めていたのは、外庭で開催のイベント
そういえば、日比谷のガーデニングショーは、いつだったっけ?
小規模ながら、こちらでもやってまして、十分に楽しめた2時間でした
カメラ構えたJCOMさんのインタビューを受けたんですけどネ
果たしてオンエアされたのかどうか・・・(笑)



車なので公園までいつもの半分の30分
相変わらず、目まいの後遺症で、週一の耳鼻科通い
長時間というのが、どれくらいを言うのか分かりませんが
どうやら、まだまだ連続30分くらいの運転が限度みたいですネ
今回、それが気付けて良かったけど、完治はいつ・・・










コメント (4)