ベルギーの窓より

ピアノと猫と・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏休み

2006-07-26 05:47:59 | 生活
 夏のあいだしばらく更新をお休みします。
どなたさまもよい夏をおすごしください

                     夏ばてしないで元気でニャー
コメント (8)

誕生日パーティー

2006-07-24 17:38:38 | 生活
 週末が誕生日だったのでパーティーをしました。招待客は7名。

 アペリティフのあと、ビシソワーズ、そしてメインはリクエストにこたえて焼鳥(簡単・・でも人気でした)、デザートはアイスクリーム2種フルーツ添え(ネクタリンと白桃、洋ナシ)、チョコレートとカフェあるいはカプチーノ。
 冷製スープは前の晩に仕込んでおいたので、当日はサラダを用意して肉を焼くくらいで
した。  
 pêche plate(平たい桃) マルシェでこの時期手に入ります。普段よく見かける黄桃も甘酸っぱくて美味しいのですが、これは日本の白桃に似た甘い味でお気に入り。小さめで形もかわいい♪                    
                   ワタシにはアイスないのかニャ
コメント (10)

ある夏の午後

2006-07-24 17:17:00 | 生活
 先週から暑い日が(36度くらい)続いていて、クーラーのない(こちらでは普通なのです)部屋の中はすごーく暑い・・あまりに暑いので彼とプールにでも行こうということになったのですが、行ってみると人・人・人・・・でUターンしかけたところ、タイミングよく知人から我が家のプールに来ない?という嬉しいお誘いがあったので行ってきました。

 田舎のカントリーハウスを想像していたら、インテリア雑誌にでてきそうなすごーくモダンな家でした。広いお庭に続く自然いっぱいの景色の中、プールでのんびりするのは格別・・生後5ヶ月の彼女の赤ちゃんも一緒に。。(最初はちょっと怖がって泣いていたけど、すぐにリラックスしていたみたい)

 ひとしきりプールを楽しんだ後は、庭でアペリティフを楽しみ、テラスで食事。トマトとバジルのサラダと手作りピザと赤ワイン、デザートは手作りのワイン入りシャーベット、そしてカフェ・・彼女はすごくセンスのある人で、料理はプロ級、器も素敵で、グルメ情報にも詳しく、興味ある話はつきなく、夏の夜は更けていきました。                    
コメント (2)

週末散歩

2006-07-20 05:48:47 | 自然・風景
 ここのところとても暑い日が続いています。
週末 近くのボヴァリー公園へ。ここはム-ズ川に面した広い公園で、中には現代美術館やバラ園、池などがあります。芝生に寝そべる人、犬を散歩させる人、ジョギングする人、子どもを連れた奥さん、家族、恋人たち・・いつ来てもゆっくりと時間が流れているようで、ゆったりとした気分になります。この辺りでもっとも好きな公園かも・・
 夏のあいだアイスクリーム屋もやってきて小さい子のみならず大人にも人気です。

写真上:ムーズ川ほとりの散歩道

  
        
                       川べりの家族たち                        

                              現代美術館    薔薇と女の子               耳に心地よい噴水の音                     鴨の親子発見
コメント (2)

誕生日のディナー

2006-07-18 23:03:15 | グルメ
 もうすぐ私の誕生日なのでBxlogのydrさんがちょっと前に紹介されていたレストラン le petit princeにて食事してきました。
 私はオマールのコース、彼はお肉のほうが好きなので肉のコース。
シャンパンで乾杯したあと、アミューズ・ブッシュにフヌイユの冷製スープ、アントレにオマールとマンゴーのサラダ、オマールのミニグラタン、ここでルバーブのソルべが入り、メインはオマールのロースト・・とまさにオマールづくしでした。デザートはフレーズ(苺)グラッセ 冷たいスープ。ワイン(ピノ・グリ)が入ってちょっと大人の味でした。彼はカルパッチョ、マグレ・ド・カナ-ル(鴨)、デザートにパンナコッタ。 サラダ ドレッシング ピリッとしていて美味しい 
                                       グラタンはオマールからいいお味がでていました。ホワイトアスパラガスとともに    メインのロースト(写真なし)はちょっと濃い目の味付け  
     パンナコッタ

 誕生日プレゼントももらい、素敵な誕生日となりました
 
コメント (4)

ブリュッセル散歩

2006-07-18 22:04:47 | おでかけ
 マグリット美術館に行った帰り、ブリュッセルの街を久しぶりに散歩しました。
日差しがつよい日で、石畳を歩いていると照り返しで本当に暑かったです。こんなときは公園の木陰に行くとほっとします。
写真上:コンセルヴァトワール
プチ・サブロン公園  
                                   グランサブロン界隈には美術品やアンティークのお店がいっぱい 
インテリアの店Flamant   
                                                                                                 
                               le pain quotidien
 この辺りにはヴィタメールやピエール・マルコリーニなどの美味しいショコラティエもあるので好きな界隈です
コメント

マグリット美術館へ行く

2006-07-18 21:17:54 | 芸術
 先週ブリュッセルの郊外にあるマグリット美術館を訪ねました。
ブリュッセル中心からトラムに乗って約40分、閑静な住宅街の中に美術館はひっそりとありました。マグリットが妻ジョルジョットと1930~54年まで住んでいたという家がそのまま美術館になっています。
 
 家の前の街灯はEmpire of light‘光の帝国’のモデルになった街灯、また窓枠も彼の絵に度々描かれている窓枠です。
Magritteと書かれたベルをならすと中から美術館の人が迎えてくれました。
 3階建てになっていて、マグリット夫妻が住んでいたのは1階のみだったそうです。2階と3階にあるデッサンや油絵、写真、手紙、資料等を見てから、1階に戻ると係りの人が説明してくれます。部屋は3部屋、各部屋ごとにマグリットの趣味で違う色が塗られています。当時にしてはモダンな壁に対し、家具はクラシック。これは妻のジョルジョットの趣味だったそうです。
 ピアノのあるサロンの壁は彼の絵によく登場するブルー。あの有名な窓枠もこの部屋にあります。マグリットの兄弟の一人ポールはピアニストで、ここに来るとよくピアノを弾いていたそう。
                                           この部屋で絵を描いたり、読書したり友人たちとチェスをしたりしていたそうです

  庭の奥にはアトリエが  山高帽 

                           愛犬Loulou
マグリットの絵‘Oiseau de ciel’はサベナ航空のパッケージデザインに使われていたことでも有名です。Loulouは飛行機に乗る際VIP扱いだったとか 

     画家の当時の生活を垣間見ることができる素敵な美術館でした。

コメント (4)

7月のパリ

2006-07-15 06:24:54 | おでかけ
 先日イタリアからの帰り、パリに寄りました。
パリはやはり美しいものが沢山あって行く度に目の保養になります。
 昼間はオペラ・サントノレ界隈、夕方はサンルイ島あたりを散歩。この辺りは本当にパリらしい風景が広がっていて大好きなところです。
    
    パリ北駅
コメント (6)

再びミラノ

2006-07-11 08:08:29 | おでかけ
 7月5日水曜

 最後日は遠出せず、ミラノでショッピング。
 夜20時すぎの飛行機に乗るはずが、車の渋滞で空港に着くのが遅れ、(着いたのが出発の30分前)飛行機に乗れなかったというハプニング(!初めてのことです・・)をのぞいてはとても楽しいイタリアの旅でした。
 
 このあとパリに2日ほど滞在して、久しぶりのパリも楽しみました。
 
 
 
コメント (8)

ジェノヴァ、そしてポルトフィーノへ

2006-07-11 06:07:41 | おでかけ
7月4日火曜

ジェノヴァへ。ミラノから1時間半余。ジェノヴァは坂の多い街という印象。照りつける太陽、陽気な人々・・
 海を見下ろす庭園の美しい王宮や大理石の階段の続く大学、コロンブスの生家など訪れたあと、海の幸を昼食にいただき、午後再び電車に乗り、サンタ・マルゲリ-タで下車してポルトフィーノへ。海が美しく、パステル色の家々が可愛く、どこをとっても絵になる街。リゾート地として知られ、丘の上には高級ホテル、船着場には高級クルーザーが並び、ブランドのお店が軒を連ねているのだけれどカンヌやニースに比べてどこかのんびりした感じ。
 友人も私もここが気に入ったので、しばらく海辺でのんびりしたあと、船に乗って再びサンタ・マルゲリ-タへ。
 この日の夜はサッカーのイタリアチームがドゥミ・フィナルでドイツに勝ったので、通りはクラクションを鳴らす車が沢山、お祭り騒ぎが朝方3時くらいまで続いていました。   ジェノヴァの路地  サンタ・マルゲリ-タの海岸   ポルトフィーノ サンタ・マルゲリ-タの駅へ続く階段
コメント (2)