お絵かきと漢字と

鉛筆画、漢字、読書など

養老先生とまるちゃん

2018-01-31 22:07:28 | その他
昨日、たまたまつけた夜中のTV番組に、養老先生がゲストで出演されていました。

養老先生、八十歳!?

お若い!!

古館さんMCの「トーキングフルーツ」という番組だったんですけど、そういえば先日読んだ「運のつき」で、養

老先生は、古館さんと一般の人の脳の違いについて書かれていましたね。


養老先生のご自宅のお部屋でのトークだったので、私は興味津々で、本棚にスティーヴン・キングの小説はない

かとか探していました。


お二人の話よりも養老先生のお部屋に注目していたら、突然、部屋の引き戸がスッと開いたんですよ。

それなのに、誰の姿もない。

あら、これは一体どういうことでしょうと思っていたら、その正体は先生の愛猫まるちゃんだったのです。

まるちゃんが、自分で引き戸を開けて部屋に入って来たんですね。

あーー、まるちゃん、元気そうで何より!!

養老先生もまるちゃんもお元気そうで良かった!!

数年前に、たしかNHKだったと思いますが、先生とまるちゃんの番組を見たことがありました。

最近どうしているか気になっていました。

まるちゃん、垂れ耳で可愛い猫ちゃんなんですよね。

先生のお話を聞きにやって来たんでしょうかね。

私も部屋に注目しつつもちゃんと話を聞いていたはずなんですけど、まるちゃんの姿に嬉しくなってしまっ

て、お話の内容はあまり覚えていませんよ。


その前に理解できていたの?って話もありますけど、まあ、これからの日本、人口減の日本でもいいこともあ

るよというようなことをおっしゃられていたので、私はちょっと安心して、この日、眠りにつくことができました。
コメント

剣城あきらさん

2018-01-28 22:00:54 | TV・アニメ
あきらさん、さようなら!!

夢を叶えて、素敵な大人になってね!!
コメント

「運のつき」養老孟司

2018-01-27 21:53:59 | 読書
今日、読んだ本です。

面白くて、あっという間に読み終わりました。

本の内容としましては、初っ端から「いずれ死ぬ」というお話で面喰らいましたけど、ここでは著者が、自分

の死ではなく、親兄弟、親しい人の死が本当の死だと思う、とおっしゃられていることにとても共感しました。


第2章では「楢山節考」という小説に触れていたのですが、この姥捨てのお話でふと思い出したのが、最近毎

日聴くはめになっている「ブレーメンの音楽隊」というグリム童話がもとの歌です。


人間から必要とされなくなった動物たちが、ブレーメンに行って音楽隊を作ろうよというお話ですね。

この曲がかかると、どうも自分の老後の姿と重ね合わせて、しみじみとしてしまいます。

荷車引けないロバさんと足腰弱った犬さんと歯抜けの猫さんとスープにされそな鶏さんが手に手を取って、

喜び勇んで、ブレーメンへ行こう、ブレーメン、ブレーメンと明るく連呼するわけですが、皆さんやっぱりちょっと無理をし

て明るく振舞ってませんか?なんて思ってしまうのです。


ブレーメンに行けば明るい未来が待っているなんて、今までの人生は何だったんでしょう。

私も年老いて、足腰が弱くなり、歯も抜けて、荷車も引けなくなって、スープにされそうになったら(まずそ

うだ・・)ブレーメン的なところは一体どこだろうと思うわけです。


そこは、まだ訪れたことのない地、高校生のときに初めて宝塚を観てから今もまだ多少憧れがある場所、兵庫

県にある、宝塚大劇場じゃないかと思うわけです。


私には「ブレーメンの音楽隊」のように仲間なんてできそうにありませんから、年老いて一人で宝塚大劇場へ

向かい、それでも寄る年波には勝てず志半ば、花のみちあたりで倒れたりしていたら、、あとはよろしくお願いします。


ということで、他にも書きたいことはあったのですが、長くなったのでここらへんでやめておこうかな。

自分のことばかりしゃべって、全然本の中身に触れていないような気もするけど、面白かったから読んでくだ

さいよー!ということです。



コメント

キュアショコラとキュアマカロン

2018-01-26 23:07:59 | TV・アニメ
負けそうな日も 一緒ならパワー(涙)
コメント

第44話のキュアショコラ

2018-01-23 14:23:45 | TV・アニメ





キュアショコラ「そうか、私は寂しかったのか・・」

ショコラ、あきらさん、泣かないで!!

あともう少しであきらさんに会えなくなると思うと、悲しいから!!

あーーー(泣)

無邪気な人たちのお世話で、阿鼻叫喚(同時泣き)、灼熱地獄(真夏の散歩)、周章狼狽(スーパーとかでの

ギャン泣き)、体重増加(ストレスによる過食。自分のせい。)の中で、剣城あきらさんの優しさ、カッコ良さ、声には大変

癒されてきました。


それが、もう今度の日曜日で会えなくなるなんてね。。

無邪気な人たちの成長とともに、お別れするのが寂しいです。。

さよならするのは つらいけど~♪←ドリフです。。
コメント