★第7次 21世紀の朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク      (2019・4・1~5・23)★

ソウルから東京まで(約2,000㌔)、毎日30㌔の道を日本人・韓国人・在日韓国人ウオーカーが共に歩き日韓交流を深めます

4月19日 仇於(慶州市)⇒蔚山(ウルサン) 24㌔

2019-04-21 08:12:21 | 朝鮮通信使ウオーク

 

今日の天気は曇り。風が強くて体感温度が下がり、寒い!

慶州の町から 路線バスで仇於の小学校に移動。ストレッチ体操をして歩き出す

水田地帯の道は車が少なく歩きやすい

トンネルをくぐって

この坂道が結構きついのです

 

途中から昔の古道は個人所有の雑木林に入る。

途中の小川を渡れず、道なき道を台地から降りて、林の中に入っつて行く

ようやく雑木林を抜けてため池のある公園で休憩。

第1次の頃、このあたりは湿地帯で歩きにくかった

第1次から12年。このお寺の前の道にも歩道ができた

 釜山に近くなり、だいぶ新緑の若葉が目立ち始めた

朝鮮時代の軍役所・蔚山左兵営跡の小高い丘に到着

ハングルを普及させた故・崔鉉培氏の遺品が展示されている記念館でトイレ休憩

新しく再建された楼門を通り、蔚山東軒にゴール。

2年前にはこの楼門はまだ無く、再建をアピールする横断幕が張られていた

夕食後、太和楼に移動して歓迎会に出席した

室町時代の朝鮮通信使・李芸が息子に書いた手紙が朗読された

ライトアップされた楼閣で「鶴の舞」が演じられた

次いで「両班の舞い」と「朝陽の舞い」が演じられた

 

素晴らしい舞いを演じてくれた出演者と記念写真

公演後は地元ウオーカーと河川敷の竹林を歩くナイトウオークが行われました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月18日 慶州⇒仇於(慶州市... | トップ | 4月20日 蔚山⇒熊上(ウン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

朝鮮通信使ウオーク」カテゴリの最新記事