★第7次 21世紀の朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク      (2019・4・1~5・23)★

ソウルから東京まで(約2,000㌔)、毎日30㌔の道を日本人・韓国人・在日韓国人ウオーカーが共に歩き日韓交流を深めます

4月6日 忠州 歴史探訪日

2019-04-07 13:08:53 | 朝鮮通信使ウオーク

韓国での初めての歴史探訪日は、再建された忠州監営(昔の役所)で、

忠州伝統文化会会長の李尚起博士が朝鮮時代の忠州の絵図を手にして解説してくれた。

 

そして、文禄の役で朝鮮軍が敗退した「弾琴台」に移動し、申リプ将軍の像などを見学した。


次には「忠州高句麗石碑展示館」を見学し、また8世紀頃に造られた「忠州七層石塔」を見学して記念写真。

 

 

 そして前日迎えてくれた、第2回(1617)朝鮮通信使の副使・朴梓の子孫たち

が行う「祭祀(チェサ)」に同行した。

「祭祀(チェサ)」とは日本の法事みたいなもので、儒教式の先祖供養の儀式のこと。

バスも入れない山里で、会員のマイカーに分乗してたどり着いた。

 

 

郊外の山里へ移動.子孫の会のアジュンマや子供たちも一諸に山へ登る

 

 

山の中腹のお墓で先祖供養の儀式に参加した後は、李博士の話を聞きながら

食事(蒸し豚味噌付け、ナツメ、キムチ、キナコ餅)とマッコリをいただいた。

とても有意義な歴史探訪日になった。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 4月5日 昆池匩⇒忠州 38㌔ | トップ | 4月7日 忠州⇒水安堡温泉 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (原田孝)
2019-04-08 00:24:29
写真を拝見していると、まるで、一緒にウオークしているみたいです。
写真を入れ替え (ブログ管理人)
2019-04-08 15:06:12
時々新しい写真に入れ替えています。
さかのぼってみてください

コメントを投稿

朝鮮通信使ウオーク」カテゴリの最新記事