many books 参考文献

好きな本とかについて、ちょこちょこっと書く場所です。蔵書整理の見通しないまま、特にきっかけもなく08年12月ブログ開始。

休日の午前中に免許更新しにいく

2018-03-18 18:25:30 | Weblog
5年ぶりの運転免許更新、忘れてはいなかったけど、ハガキがやってきた。
こーゆー、どーせやることは、やれるうちに早くやったほうがいいと思ったので、期限まで余裕があるけど、ひまなうちにさっさと済ませることにした。
検討の結果、ひさしぶりに、電車乗り継いで、運転免許試験場まで行くことにした。
っていうのは、歩いて行ける範囲の警察署で手続きすることも可能で、実際前回はそうしたんだが、なんせ私のほうの休日が平日ぢゃなくなっちゃったんで、休みとるほどのことでもないし、しかたない。
過去3回は住んでる場所の警察署でやってるし、しかも北海道とか東京とか場所もちがってたんで、かつて10代だったときに免許試験受けた場所に行くのはホントひさしぶり。
実は私にとっては地元と言うに近いところだったんだけど、駅周辺とかすごく変わってて、おどろいた。基本的な道幅とかむかしのまんまだけど。
朝は8:30から受付っていうんだけど、朝イチって絶対開門前から並んでるひといて、かえって待たされるような気がしたんで、すこしだけ遅く行ってみた。
日曜は、ふつうの免許試験はやってないっぽい、更新だけみたいなんだけど、やっぱ人多い。みなさん日曜しか時間ないのね。
更新って誕生日のひとの多い月がいちばん混むのかな、いまの日本人は10月生まれがいちばん多いって聞いたのはだいぶ前(もっと前は1月生まれが多かった)だけど、変わってないのかなとか、役に立たないことなど考えながら並んでたりする。
それでもなんでも受付窓口を増やして対応してくれているのはありがたい。
ややこしそうな書類を代書屋さんでつくるようなこともなくて、立って待ってるだけで目の前で免許証コピーして申請書わたしてくれる。
おもてに名前と生年月日とか書いたら、裏の質問票に、病気で意識失ったことないかとか、アルコールびたりぢゃないかとか、すごい質問書いてあるので、正直に答える。
それから視力の検査、年々ちょっとずつ不安になるんだけど、まあふつうに見えたので無事通過。15年前だったかな、けっこう見えにくくて焦った記憶がある。
それから手数料と講習料込の証紙買う。この順番、大事、手数料払ってから視力で引っ掛かって出直しになったらどうすんだろとか思ってたんだが。
で、また行列つくって申請書の確認をしたら、写真撮る。このためだけに、休みというのに、ヒゲ剃って、ネクタイしてきた。
写真撮る前に、暗証番号のバーコード読み込んだりして、何をやってるのかまったくわからないんだけど、いろんなことが進化していくなあ。
そしたら、講習会の教室に行けというので、通路に引いてある案内の線を頼りに移動してく。
ここまで施設到着から40分くらいかなあ、まあこんなもんか、おそれてたより早く終わりそうかも、と固いイスと机の席につくと、次の講習開始は30分後だという。
さっきまで行列のあっちとこっちで進みが早いか遅いかなんてジリジリしてたのが意味なくなる30分のインターバル、やれやれ、文庫本もってきといてよかったと思いつつ、休憩。
講習の前に人数カウントして、まちがった部屋にいる人を探し出したりする、今回の定員はぴったり200人なのだそうだ。
30分の講習の前半の15分は映画。しかし、なんだね、ドライブレコーダーの普及のおかげで、ずいぶんとリアルな事故映像あるね。
後半は最新の道路交通法の変わったとこなど。2014年にできた信号のない環状交差点ってのは、県内まだ三箇所しかなくて、今後増えても十箇所くらいの予定だとか。
終わったら、できあがってる免許が部屋に持ってこられて、名前呼ばれたら前に出てって受け取って、そのまま退場。
聞いてると、呼ばれるのは名前順でも、地域順でもないし、ランダムっぽい。200番目だったらツイてないなーと、カウントしながら待ってたら、たぶん36番目だった、わりと早いほう。
以上、全部で2時間弱。まあ、このくらいで済めばよしとしたものでしょう。休日の半日はたっぷりと残されたし。
(しまった、周辺の写真撮ってくればよかった。なつかしい街並だったし。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバーズ・エッジを観てきた

2018-02-17 18:12:23 | Weblog
というわけで、小沢健二の出演してた昨夜のテレビ番組の録画を観てたら、そんな気になって、朝イチの回で「リバーズ・エッジ」を観に映画館まで行くことにした。
約2時間か、標準だと思うけど、近ごろは長いと思うことが多くなったような気がする、100分くらいでまとめてくれちゃわないかね映画ってだいたいのところ、というように。
感想は特にすぐいいとかよくないとか言うところもなし、って感じか。
特に期待してたわけでもないし、ナマイキいうようですが。どうしても映画化してほしかったわけでもないし。
私の趣味としては、原作のイメージ超えんのは難しいんだから、そんなに忠実に作んなくてもいいのに、って気がする。
映画は映画のオリジナルなもの(正確にいえば脚本の問題ということなんだろうが)目指していただいたほうがいいと思う、ちょっとその片鱗はあったけど。
特に小説とちがってマンガの映画化は、すでに原作にビジュアルあるから、それどうすんのかは難しい、登場人物の衣装や髪形を似せればいいというものでもなさそう。
たとえば、田島カンナが自分の思い込みだけで山田くんに望まれてはいないセーターを編んでる異様な眼つき(原作のp.166)、あれを実写化すんのはムリだろうから、ぢゃあどうしたらいいのかって脚本で考えなきゃいけないんだろうし。
まあ、そういうこといろいろ考えながら観てたら、ふと、誰もケータイすら持ってない、この90年代前半ころの話、現在のひとたちにはわかるのかなあと心配になってきた。(電話ボックスから緑の公衆電話で電話かけるシーンが出てくる。)
むしろ、スマホもってて、LINEだかなんだかでやりとりしてる現代の高校生に置き換えて、それで話の大筋はリバーズ・エッジであるような脚本で映画つくることできるようなひとって、いないのかねえとか思った。
どうでもいいけど、出てる俳優さんを、私はほとんど知らないので、それは逆に妙に役者のイメージが先行しちゃうようなことがなくて、よかった。
あと、オザケンの歌は最後まで聞いてから、席を立つことにしました。
そうそう、本編始まる前に、長く広告見せられて思ったんだけど、どうして邦画の予告編っておもしろそうに見えないのかね、洋画と比べて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エピソード8を観てきた

2017-12-15 23:17:35 | Weblog
さてさて、スター・ウォ-ズシリーズの最新作「最後のジェダイ」の公開日である。
当然、観るんだろうが、きのうまであんまり気合い入ってなかった。
前作が、あんまりピンとこなかったのもあって。
(エピソード1から3は劇場で2回以上っつ(1は確か3回)みて、DVDも買ったんだが、エピソード7は1回だけしか観てない。)
私の好きなライター・ホリイ氏の『恋するディズニー 別れるディズニー』を読んだら、ディズニー的世界では、女のコは努力なんかしなくたって、ありのままでいれば王子さまが認めてくれるもんだ、ってことがわかったんで、そーか、ディズニーがつくれば、ヒロインは修行なんかしなくたって、ライトセーバー振回せるし、フォースっぽいもの使えることになるんだ、なんて納得しちゃったもんだから、んー、今後の続編も、なんかイージーなことやってくれるんだろう、みたいに、あまり期待してなかったもんで。
そんでも、きょうの昼ごろになって、やっぱヒマあるなら早めに観に行くか、みたいな気になって。
土曜か日曜の朝イチとかが空いてっかなとか迷ってるうちに、きょうウチ帰ってから21:40開始のやつに行くかって気になった。
でも、夜遅いの最近とみに弱くなってるしなー、とかまだ逡巡してるうちに、仕事帰りに18:30のやつ間に合ったので飛び込んだ。
正確にはチケット買った時点で18時半過ぎてたんだけど、予告編やっててまだ天井の灯りがなんぼか点いてる時点で坐ることができた。
前のほう半分とか、端のほうとか空いてて、あらら、あんまり人気ないのかなと思ったけど。
でも、なんか、みんな待ち受けてる感はすごいあったような雰囲気ではあった。同好の士、って感じがする、周囲の空気。
期待しないとかいってるわりには、観てみると、退屈するとこなく、あっという間ではあった。
でも、冷静にみると、それって私がスター・ウォーズ的世界にどっぷり浸って参戦しているからであって、初見の人からみたらワケわかんないかもしれないなって気はする。
まわりはみんな同じような理解度と期待感をもって座ってるから、一緒にトリップしてる空気があって、いいんだけど。
たとえば、宇宙空間での艦隊の戦闘のクライマックスみたいなとこで、一瞬静寂があるんだけど、そこで物音ひとつしなかったとき、観てるひとの一体感みたいなもの感じたし。
ルーク・スカイウォーカーの、ありえないだろ、それ、みたいな場面でも、失笑するひとは誰もおらず、そうそう、そのくらいのことはある、みたいな観客の同意が感じられたし。
こういう場にいられると、あー、劇場でみてよかった、って思う。
以下、適当に、きょう感じたことの羅列。
・BB8、スゴすぎ。超人的な活躍だよね。(人ぢゃないか、)地上、ぢゃないや、宇宙最強ぢゃない?
・チューイ、ファルコン操縦の腕あげたんぢゃない?
・ジェダイは生きものを殺さないって前提で、エピソード1~3ではドロイド相手のたちまわりが多かったけど、今回は相手がマスクかぶってるとはいえ、やたら人相手に戦ってる感じ多くない?
・やっぱ、マスター・ヨーダは偉大。
・ジョン・ウィリアムズの音楽はいい、今回も最後まで座って、堪能してしまった。

※12月17日付記
んー、待てよー、今回、誰も例の「I have a bad feeling about this」を言ってないような気がするぞ。
聞き逃したかな、あれ無いとスター・ウォーズって感じしないんだけどな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大逆転勝ち!

2017-05-06 18:44:08 | Weblog
連休はほとんど何もすることなくウチにいるんだけど。
いよいよやることなくて、今日はデーゲームだったな、とテレビで野球観る気になったのは、15時まわってだいぶ経ったころか。
GAORAつけたら、すでに6対0で負けていて。
相手はすでに先発野手全員安打とかでプロ初先発はボコボコにされちゃうし、とっとと4番打者引っ込めちゃうし、って展開でみるみるうちに5回の表で9対0になっちゃった。
ポロポロくだらないエラーもするし、ふつうブチ切れてテレビ消すとこなんだけど、なんせすることないからズルズルと観てた。
そしたら、点数がボチボチ入ってきて、相手がフォアボールで自滅したってのがあるとはいえ、なんかランナーがたまりだした。
満塁で長打でた瞬間は、ヨッシャー!って声が出ちゃって、1イニング7点入って1点差にせまると、もう目を離せない。
いやー、ひさしぶりに、テレビの前で体勢変えられなくなる(=自分の姿勢を動かすと勢いが止まってしまうような気がする)という現象に出くわしたな(笑)
(この心理については、むかし山藤章二氏もあると語っていたことがあり、私だけぢゃないんだと意を強くしたことがある。)
こうなりゃ勝つしかないだろと思ってると、次の回には、長いビデオ判定で同点ホームインがアウトに覆されちゃうというアヤはついたが、その後ちゃんと打ち直して逆転。
この試合勝つかね、と思いつつ、気分よくなって最後まで見てた。
試合終了のときには、おなかいっぱいって感じ。
たまーにこういうことやってくれるから好きさ、タイガース。
(どうでもいいけど、解説の岡さんという方は私はよく知らなかったんだけど、作戦とかについてなかなか渋いことを言う。)

※5月7日写真追加。今年2月に大阪みやげ(?)で買った、タイガーストレーナー。
(グレーのが欲しかったんだけど品切れだったんだよなー。)

…どうでもいいけど、最近、試合の日に球場の近くでは、ユニフォーム調のもの着て歩ってるひとが多い。
あーゆー文化って、昔はなかったような気がするんだけど。
(街なかで野球のカッコしてたのは、過度にイレ込んでる応援団のオッチャンぐらいだったような気がするんだが。)
いつから、こんなふうになったんだろうと疑問をもってる。(サッカー界の影響とか?)
そーゆーのって球場に入ってから着るもんぢゃない? って私なんかは思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルマ、てばなす

2017-02-20 17:42:38 | Weblog
きょう、クルマを、処分した。
2010年8月からだから、6年半乗ったのか、赤いスイフト。けっこう気に入っていた。
(私なんかのトシだと、赤いモノはすぐ「シャア専用」とか言ってしまう。)
乗馬に行かなくなると、いまの生活ではもうホント使う場面ないし。
3月からの異動でどっかクルマ必需の場所にでも行くんだったら持ってただろうが、そんなことも無くなったし。
あれば便利なのはいうまでもないが、要るか要らないかだったら要らないといわざるをえないし、手放すこととした。
11年ぶりのクルマなし生活になるけど、大丈夫でしょう、世の中なにかと便利だから。
っていうか、もう自分のクルマとか持たないかもしれない、視力とか以前に比べてシャキッとしないし運転すんのしんどいから。
駐車場代も含めて、いろんな経費が浮くはずなんだけど、そういうのってフトコロの余裕として実感することって無いんだよなあ、どっかに消えてくもんだ、カネって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加