神奈川絵美の「えみごのみ」

着物お気楽話、日々の出来事、思いなど

地下鉄で挟まれる

2018-12-28 22:00:10 | 着物deオンタイム
12月後半、何人にお会いしたかわからないほどの
取材攻勢に奔走した挙句、こんな顛末になるとは……。

-----------------------------

クリスマス明け、版元で企画会議があり渋谷方面へ。
着ていったのは……

大城広次郎さんという方による琉球絣のきものに、
桐生織の半幅。柄は雪椿。
これに昭和レトロな着尺で誂えた羽織を着て行きました。

民藝調な着物に、はんなり系の羽織は合うのかなあと
やや不安でしたが、絣が小さ目なので個人的にはあまり
違和感なかったです。

その、羽織つきの上半身と、羽織なしの後ろはこんな感じ。

後ろは本来、雪椿しか出ないはずなのですが、
長さの関係なのか、秋の萩が少し出てしまいました


さて、仕事の前に

こちらの展示へ。年内、余力があったら次回、簡単なレポをアップしますね。

アクシデントは仕事の後、帰路で起こりました。
恥ずかしすぎて、路線名も駅名も書きたくないのですが
新宿区…になるのかな。

車両のドアに挟まれてしまったのです。

駆け込みではなかったのですが、
急がないと乗れないようなタイミングでホームに下り、
前にいた人に続こうとしたら、
すーっとドアが閉まってきて。

私がかなりぼーっとしていたのと、
前の人がスマホを見ながらのんびり乗り込んだのが
たぶん敗因。

しかも、
バッグだけ挟まれた、とか、衣服の一部が……ならまだしも
(それももちろん良くないことですが)

体ごと左右から挟まれました。

イメージとしてはこんな感じ。

右足だけホームに残っていたかな。

後日、ネットで調べたら、ドアの圧力は50kgくらいあるそうです。
(すぐ開くかな)と思ったのですが開かず、
押しても引いても動かず、
そばにいた男性が書類の入ったバッグを引いてもびくともせず。

(このまま発車したら、どうしよう)
とまでは思いませんでしたが、
あまりにもがっちり嵌ってともかく動けないので、
ただただ茫然とそこにいるしかありませんでした…。
車両は数名、立っている人がいる程度の混み具合で、
みなさんも、茫然。

20-30秒くらい経ってようやくドアが開き、
あまりの恥ずかしさに「ご迷惑おかけして、すみません」と
小さな声で周囲に頭を下げるのが精一杯でした…。
もともと、一駅のみの乗車だったのと、
(ラッシュはとうに過ぎており)苛立った雰囲気には
ならなかったのが救いでした。


このアクシデント、私にとっては今年の「ワースト2」。
ワーストは、というと……。

今年の1月、故郷から帰ってきた際、
電車の中に犬以外、すべて置き忘れて下車したこと。

そのときも考え事をしていて、
はっと気づいたときには発車しており、
捜索してもらえるまで約50分、家の鍵も財布も電話もなく、
駅のコンコースで1人と1匹、「フランダースの犬」状態で
茫然とたたずんでいました。
あのときの情けなさといったら! 

でもまあ一方で
「犬を忘れたのでなくて良かった」と、意外とほっとしている自分もいました

結局、その電車の終着駅で無事見つかり、
「日本っていい国だ!」と感動しながら引き取りに。
あれ以来、少々の想定外には動揺しなくなったのと、
周りの人への感謝の気持ちを強く持つようになったので、
災い転じて…で良かったかな、と。

2018年の最初と最後に、電車絡みの大失態。
反省すべきところはして、過ぎゆく年とともに忘れようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 師も走るイブ | トップ | 年末のご挨拶 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tomoko)
2018-12-29 00:26:48
いいのです。なんてことはありません。
怪我がなかった(わんこも無事。忘れ物も全部見つかった)ことに比べたら、なんてことはありませんて。心中はお察ししますが。笑

以前閉まりかけた電車のドアに、連れについて乗りそびれ用とした老年の女性が、何を思ったかすーっと両手を出してドアに挟ませたのです。もちろんドアは閉まりませんから、ちょっとしてまた開いたところへ乗り込んできたのです。思わず「そういう事はやめてください」って言いそうになりました。
最近わざと手や足を挟ませて開いたところを乗り込む老年の人が増えてるという記事を見てあきれたのでした。エレベーターの感覚に近いのではないか?って誰か書いてましたが、怖い怖い。自分も今後うっかりと手を出したりしないよう気をつけなくちゃです。w
お怪我はなかったですか (RUBE)
2018-12-29 01:35:58
大変でしたね。お怪我はなかったですか?
恥ずかしいのもあったかと思いますが。
お気をつけて。
Unknown (香子)
2018-12-29 08:21:59
あ、ロマンティックロシア!
前売りを買っていて、まだ期間があるとそのままでした。
年明け早々にでも行かなければ!!

あらま、電車がらみでいろんな経験を・・・
でも身体はご無事で何よりでした。
Tomokoさんへ (神奈川絵美)
2018-12-29 11:28:56
こんにちは
万が一のことがあったら事故にも
つながりかねませんものね。
迷惑をかけてしまいましたが
このくらいで済んで良かったです。

>すーっと両手を出してドアに
えええ! これは危ない……。
傘や鞄を、というのは聞いたことがありますが
手ですか!
私今回、左手の甲をドアで圧迫されたのですが
痣は残らなかったものの、黒い押し跡がついて
痛かったですよ…。

高齢者女性ですと、骨密度が低下するために
橈骨という手首周辺の骨折をしやすくなるので
(逆にいうと、ささいな衝撃でも甲が骨折すると
骨粗しょう症の疑いが)、
本当に気をつけていただきたいものです。

RUBEさんへ (神奈川絵美)
2018-12-29 11:30:40
こんにちは
お優しいお言葉ありがとうございます。
私がぼーっとしていたのがいけなかったので…。
特に怪我はなく、きものも奇跡的に汚れがついて
いなかったのでほっとしました。
香子さんへ (神奈川絵美)
2018-12-29 11:33:11
こんにちは
ロシア展、私は前半の風景画に魅せられました。
ロシアの人々の、春を崇める(!)気持ち、
秋にどうしようもなくさみしくなる気持ち、よく
伝わってきます。

>身体はご無事で
ホントに良かったです。
犬も忘れなくて良かった…
なんとなんと (K@ブラックジャック)
2018-12-29 14:44:03
最初、挟まったって、え・・大丈夫だったのかな?
って思ってたんですが
挟まれた写真が素晴らしくわかりやすい上に
こんなうまい事この写真どこから持ってきたんだーって爆笑。
ワースト1も読んだ瞬間に爆笑しました。
はなちゃんだけは死守したのですね( *´艸`)

大変だったなぁよりも爆笑が先に来てしまいました。
書き方が本当面白くて。
本当すいません。怪我などがなくて何よりでした。
Unknown (れいこ)
2018-12-29 18:06:57
まあ、大変でしたね!
でも、怪我無し、着物に汚れ無し、ワンちゃんも忘れず、荷物も戻り、しかも日記のネタにもできた(笑)
考えてみればよい事ばかりではないですか!
幸せなことです
私は高校時代に夏期講習の帰りの代々木駅で、
電車とホームとの隙間に片足を踏み外したことがあります。
女子高校生的にはとーっても恥ずかしかったです


れいこさんへ (神奈川絵美)
2018-12-29 20:47:16
コメントありがとうございます
>電車とホームとの隙間に片足を
そうでしたか! その瞬間ってとても
びっくりしたことでしょうね。
大人だって恥ずかしいのに、JKでしたらなおさら…。
ホント今でも、ホームと電車との間が
信じられないほどあいている駅、ありますよね。

>考えてみればよい事
そうですよね! まあ、鉄道会社etc.ご迷惑を
おかけしてしまいましたが・・・。
これであと何か一つでもNGだったら、
(例えば荷物が戻らなかったとか)
ちょっと思い出すのも辛いですよねぇ。
K@ブラックジャックさんへ (神奈川絵美)
2018-12-29 20:50:21
こんにちは
楽しんでいただけて何よりです
この写真、撮った人が素晴らしいですよね

荷物忘れ事件、
もう書いちゃいますけどO田急線のM田駅
(ほぼほぼ伏字になっていない)の、
あの賑やかな駅構内で、
「パトラッシュ…寒いよ…」と心でつぶやきながら
チビワンの入ったキャリーバッグと肩寄せ合って(?)
いました…。
まあ、笑い話にできて良かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

着物deオンタイム」カテゴリの最新記事