ゆっくりのんびり写真ブログ これからは  ☆ ゆっくりのんびりと 

旅行 趣味 日常の何気無い事を
とりとめなく書いていきます

ニコンD810 シグマレンズ 単集点とズームを比較

2015年01月27日 | 日記
前に横浜レンガ倉庫の夜景を撮りに行った時、シグマの24-105mmレンズで撮影していて
ふっと、シグマ35mm単集点の画像はもっと良い映りかもと、妄想が膨らみました

羽田空港に行く用事があり横浜に寄り道して、似た場所を撮影して見比べました
ズームと単集点では勝負が見えていると思い込んでいましたが・・

夜景の撮影に関しては互角に近かったです(素人見です)
レンズの違いよりも三脚無しの撮影ブレの影響の方が大きいかもしれません
ハッキリ比較するには三脚を使って風に無い日に交換しながらですね

シグマレンズのおかげでⅮ810の楽しみが増えている気がします


シグマ24-105mm ビルの窓から外を見ている人が写っているなど ズームでもよく撮れています
解像度、色合いは大満足です



シグマ35mm単集点 遠いビルの蛍光灯がしっかり写っていて解像度は抜群で
真ん中を通る屋形船、日本丸など見ていて楽しいです




肉眼で飛行機は見えませんし下の島は真っ暗です、ライトの筋では無く機体が写るんですね 
月と飛行機が重なった写真も撮りましたが、腕が悪いのでペケ写真でした



羽田空港への順番を待つ着陸灯の列と星、月が出ていなければ、星がもっと多かったかも
管制塔までの距離は2Kmちょっと シグマ35mmで撮影しました、管制塔のピラー等がしっかり写っていて感激です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 川越のうなぎ | トップ | 今日の良いニュースと悪いニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事