幸せのラッパ

洞口加奈の自由気ままな日常の記録。

おーっとと

2009-03-31 08:25:51 | 日常の記録
ここ二日、布団で寝ていない。
でも寝ていないわけではない。
どこで寝ているかと言うと、コタツ。
コタツで墜ちている。

稽古から帰って来て、コタツでふうっと一息ついてると、いつの間にか寝てしまっている。
これまでも何度かコタツで寝てしまった事はあったが、夜中に起きてお風呂に入ってちゃんとベッドで寝ていた。
でもだんだん目が覚める時間が遅くなり、気が付いたら朝五時。
昨日に至っては朝六時。
起きて何ともがっかり。
寝るなら布団で寝れば良かったと。
このままだと風邪を引くと本気で思った。
マズイマズイ。


今日は稽古はお休み。
でもやらなければいけない事は山積み。
それでも今日こそは、ちゃんとベッドで寝ようと思う。

しっかりしろ~自分!
コメント

目が覚めた

2009-03-30 16:54:00 | 日常の記録
今日はバイトがいつもより一時間早く終わり、稽古の時間まで舞台の宣伝のメールでも送ろうかしらと、マックに入った。
コーヒーを注文して席に着こうとした時、聞き覚えのあるフレーズが流れて来た。
てかコレ、聞き覚えのあり過ぎるフレーズでしょ!

ELLEGARDENのspace sonic!!

わあぁ~!!
と一気にテンションが上がる。
でもそれを表に出すと変な人になるので一生懸命押さえる。
曲が流れ終わるまで、私の神経はずっとエルレに注がれる。

曲が終わってさてコーヒーをと思ったら、またしても聞き覚えのあるフレーズが。
曲名は覚えていないけれど以前専門学校でボイストレーニングの授業を受けた時に、同じクラスの子が歌っていた曲。
懐かしくなって、また神経はそっちに。

何だ?
この曲達は私がマックに入るのを待っていたのか!?
そうとしか思えないこのタイミング。
もう~、ちょっと嬉しいぞ!

と、アホな回路を巡らせる自分を、少し離れたところで見守る自分がいたり。


あ~おもしろい☆
コメント

上昇気流に乗って

2009-03-29 12:56:42 | 日常の記録
さてさて、最近稽古が楽しいぞ。
色々あるけれど。
何か、色々あるけれども。
でも楽しい。
和物はだからというのもあるのかもしれない。
着物や袴は見ているだけでウキウキする。

殺陣もカッコイイ。
もう本当に。
今はまだ本決まりの動きではなく、ここはこうしたら良いのではないか、こっちの方がカッコイイと思う、と修正しながらやっている。
それでも素敵だと思うのだから、これからどれだけ素敵になるのだろう。
ワクワクしてきて、自分のシーンにも気合いが入る。
気がつけば、いつの間にやら緊張もほぐれているし。

初めて参加する劇団。
初めての和物。
しかも稽古には一ヶ月遅れて合流。
私にとっては未知の領域だった。
でも、その領域に飛び込んで良かったと思える。


今の稽古場は、私が合流した時と雰囲気が変わっている。
空気が動き出した。
色が明るくなったような感じがする。
少しずつ、みんな前に進んでいる。
きっと素敵な舞台になる。
この稽古場の良い空気に乗って、今はただ突き進めば良い。
私は考え始めるとどんどん落ちていってしまうから。
そうなるくらいなら考えるのを一旦止めて、流れに任せてしまった方が良い。
進んだ先で悩みの答えが待っている事もあるから。
もちろん自分で突破口を見つけるのが一番良いのだけれど。

もうここまで来たら停滞してはいられない。
ワクワクを開放して舞台の上で生き続けよう。



プロペラ☆サーカス 3rd Flight
『烈~双頭の幻~』
チケットのお申し込みはコチラから☆
ぜひぜひ!
コメント

いらっしゃいませ

2009-03-26 08:30:18 | 日常の記録
自分が分からなくなる。
と言うか、迷う?
何を見て、どこを見て、どうすべきなのか、どうしたいのか。
最優先でやるべき事は私の中にきちんとあるし、認識も出来ているから、それは大丈夫なのだけれど。
ふと思い出して沈んでみたり、逆に上がってみたり。
最近この手の浮き沈みが無かったから、久し振りに来ると少し困る。
まぁ、それを客観視すると面白いのだけれど。
楽しくもあるし。
でも、自嘲したくはなるかな。

良いのか悪いのか、自分で勝手に軽く板挟み状態。
楽しもうと思えば楽しめない事も無いけれど。
う~ん。
これは、難しいな。
コメント

はっぴー♪

2009-03-25 08:28:44 | 日常の記録
3月24日はプロペラ☆サーカスの舞台で共演する、ノリーヌこと南雲則治さんのお誕生日でした。
おめでとうございます☆

稽古場にはかわいいケーキが三つ。
どの稽古場も、誰かが誕生日の日は気持ちソワソワしている。
このソワソワ感は楽しいから好きだけれど。

ノリーヌが出ているシーンの終わりで暗転になり、ロウソクの火が点ったケーキが登場。
ハッピーバースデーをみんなで歌う。
火を吹き消して盛り上がる。
この瞬間も好き。

誕生日は、自分のでも人のでもワクワクする。
素敵なハッピーが満ちる空間に居られるのが嬉しい。
コメント

故郷の匂いに感化されて

2009-03-24 00:24:10 | 日常の記録
実家から荷物が届いた。
妹が卒業旅行に行ったお土産と、お菓子と、弟のバンドのCD(デモCDって言うのかな?)と、スピッツのボールペン。


卒業旅行のお土産は、和柄のコンパクトミラーと、プラスα。
鏡はもちろん素敵で気に入ったけれど、私にとってはプラスαの方が大きかったり。
そうそう。
お姉ちゃん今大変だからさ。
色々とね。
悩みに悩んでグルグルしているわけですよ。
楽しくもあるのだけれどね。
取りあえず、ありがとう、妹よ(笑)
そして、卒業おめでとう☆


弟も徐々に活動範囲を広げている様子。
良い良い。
どんどん行け!
ステージ上でギターを弾きながら歌っている弟は、普段のフニャ~っとした姿からは想像出来ないほど力強い。
体自体はフニャ~っとして見えるのだけれど(笑)
まぁそれは、余計な力が入っていない、という事にしておこう。
今はどうなっているのかは分からない。
私が見たのは去年の夏のライブだから。
でもその時思ったのは、ギターが似合う男で良かったわ、という事。
やはり好きな事をやっている時が一番キラキラしていて、カッコ良く見える。


あ~あ。
甘いな、私。
バカですよ本当に。

親から見れば、子供はいくつになっても子供だと言うけれど、それはお姉ちゃんから見ても同じ。
やはり下の子たちはカワイイと思える。
応援したくなる。
金銭面での応援は固くお断りだけれど(笑)


来月の舞台が終わったら、家に帰ろうと計画中。
怒濤の三ヶ月半を終えてスッキリしたら帰ろうと、お正月に帰省出来ないと分かってから考えていた。
私はお家大好きな人だから、定期的に帰りたい。
あ、やっぱりまだまだお子ちゃまだわ、私(笑)
でも、家が好きだと言い切れる事は嬉しい。
少なくとも帰りたくないと思うより断然良いだろう。
幸せだと思う。
そう、嬉しい事だ。


晴れ晴れした気持ちで帰れるように、来月の舞台の千秋楽にやっていて良かったと自信を持って言えるように、今はただひたすら突き進むのみ。
今回も自分の頭の悪さにイライラしそうではあるけれど、稽古を楽しめるようになってきた。
「何回も稽古出来ると思わないように。もうこれきりだと思って全力でやれ。」
と毎回言われている。
おっしゃる通り。

楽しむ事も大事だけれど、きっと苦しむ事も大事なのだと思う。
それを乗り切った先に、成長した自分がいるのだと思う。

苦しんで悩んで、それでも楽しいと思える作品に出会えている私は、確実に幸せの輪の流れの中にいる。
自分の選んできた道が正しかったのかそうで無かったのかは分からない。
けれど、今この段階では正しかったと思える。
この先は、やはり分からないけれど。


楽しいね。
嬉しい。
幸せだと思う。
自分を取り巻く全ての事。
私は恵まれているのだと感じる。
但し、金銭面は別(笑)
今日は稽古はお休みだったけれど、明日からまた月末まで休み無く稽古が続く。
一回一回真剣に全力で、誠意を持って稽古に臨もう。
気持ち良く、家に帰れるように。
コメント

今できる最高のものを

2009-03-22 12:11:36 | 日常の記録
プロペラ☆サーカスの稽古に合流して一週間。
稽古場の雰囲気に少しずつ慣れてはきたが、まだまだ緊張が取れない。
主宰に「緊張しないで」と何度言われた事か。

でも稽古中、その緊張が軽くなった気がした。
今出来ているシーンを通して見ていた時、わくわくした。
これは絶対面白いと思った。

今までは自分の事でいっぱいいっぱいで、他のシーンを余裕を持って見られていなかった。
その時、初めてしっかり見られたような気がする。
そして、自分に与えて貰った役を好きになれると思った。
この話を好きになれると思った。
見ている時に、軽い高揚感を覚えたから。


本番まであと一ヶ月を切った。
私にとっては初めての事だらけで、戸惑いっぱなしになるだろう。
それでもわくわくする気持ちは、ずっと私の中で顔を出している。

絶対面白い芝居にしようと思う。
キャストが多いので大変だが、その分相乗効果で大きなものが出来上がるような気がする。
やっていて自分が楽しいと思える芝居をしたいし、観に来てくれているお客様にも楽しんで貰える舞台をつくりたい。
きっとそれが出来ると思う。

千秋楽まで力いっぱい突っ走ってやる。
コメント

カゼっぴき注意

2009-03-20 12:41:19 | 日常の記録
とてもおかしな状況。

アレ?
私何をした?



今朝起きたら、いつもと違った。
いつもより寒々しい格好で寝ていた。
でもしっかり布団は掛けて。
何で?と思い返してみる。

あ、お風呂から出て電池切れたんだ。
しかし寒いなコレ。

と考えたのが今朝五時半。
いつもよりも一時間半早い起床。


起きて早々何かがっかりな状況。
昨日は確かに眠かった。
だから早く寝ようと、帰ってすぐお風呂に入ったのに。
中途半端な状態で寝てしまった。
残念。


今この状態でも眠い。
今日は全部片付けてから寝よう。
コメント

頑張りたいと思える環境にいる幸せ

2009-03-20 08:43:28 | 日常の記録
820製作所の『izumi』が終わり、いよいよプロペラ☆サーカスの『烈 双頭の幻』が私の中で本格的に動き出した。

みんなより一ヶ月遅れての合流。
ほぼ全員が既に台本を外している。
台本はまだ全て上っているわけではないので、今あるシーンだけなのだが。
それでも台本を外せば、少なくとも目線を下に向ける事はなくなるので、演技の幅が広がる。


この前の稽古の時は、稽古場が停滞気味だと言われたが、今も若干そんな雰囲気が漂っているように見えるが、それでも引っ張ってくれる人はいるもので。
その熱さでグイッと稽古場全体を持ち上げてくれている。
そして色々とアドバイスをくれる。
まだそこまで稽古場に慣れていない私にとっては、それはとてもありがたい事。
取りあえず、今回も『可愛らしさ』を追及する事になりそうだ。
izumiの時の可愛らしさとは別物だけれど、どんな可愛らしさも難しい。
うん、頑張りますか。


面白い作品に出会えた感触。
また沢山の事を吸収出来るという確信。
恵まれている。
嬉しい事だ。
集中を切らさず真剣に、誠意を持って稽古に臨もう。
コメント

身体中を満たす

2009-03-16 18:57:56 | 日常の記録
劇団820製作所
『izumi あるいは思いだせない夢のはなし』
愛知公演終了しました。


二月の東京公演を挟んで、約二ヵ月強の創作期間。
グルグル悩み、ゴロゴロとのたうち回った。
自分の頭の悪さに何度も苛立った。
言葉に対する配慮の無さを後悔した。
大きな舞台の怖さを知った。
制約の中で創るもどかしさを体験した。
お酒は良い方にも悪い方にも力を発揮する事を、身を持って知った。
大人数の力の強さを見た。
集団生活の辛さと楽しさを知った。
トランプで負けまくった。
夜、何人か寝て人数が少なくなった居間で、ぼそぼそとおしゃべりをした。
愛知に入ってからは三食しっかり食べて、健康体になったような気がする。
とってもとっても楽しかった。



愛知での一週間の生活はあっという間だった。
町民劇団さんとの慌ただしい稽古。
怒濤の場当り。
朝10:30からの本番。
買い出しに行って、洗濯をして、ご飯を作って。
みんなで遊んでおしゃべりしている間に時間が過ぎる。
ものすごく凝縮された一週間だったと思う。



スゴイな。
濃い二ヶ月。
キャストも変わるし、劇場も変わる。
環境も変わる。
きっとこの二ヶ月で起こった事全てが私の糧になる。
たくさんのものに恵まれて、たくさんの人に恵まれた。
『izumi』に関われた事を幸せだと思う。

またハッピーな芝居がしたい。
コメント