幸せのラッパ

洞口加奈の自由気ままな日常の記録。

白いとよごれが目立つのよ

2009-02-28 09:18:36 | 日常の記録
たぶん、大学一年生の頃からかな。
ずっと使っている愛用の化粧ポーチ。
妹が修学旅行のお土産に買って来てくれた。
赤い和柄のうさぎポーチ。
ちょっと端の方が擦れてきてしまったけれど。
物も結構入るし、カバンに入れるにも丁度良い大きさ。


私は赤い物が好きらしい。
と言っても部屋は真っ赤なわけでは無いけれど。
小物とか、ずっと使っている物は赤い物が多いような気がする。
あとはうさぎも好きなのかな。
ポーチに付いているうさぎはバッチリ私好み。
丸くてかわいい。
そう、丸い。

私のベッドにいるぬいぐるみの耳も丸い。
丁度手にきゅっと収まる。
丸い。
良いねぇ。


うさぎ。
和。
丸い物。
かわいいわ~。


化粧ポーチ、これからもよろしくね。
コメント

世の中…カネか?

2009-02-27 21:54:35 | 日常の記録
今の家に住み始めてそろそろ二年。
あっという間の二年。
色々あったなぁ。
嬉しかったり悲しかったり辛かったり楽しかったり。
人にもたくさん出会った。
良い感じで人と繋がりが持てているような気がする。
大変な事もあるけれど、有意義に生活できているのかな。


という事で、部屋の契約は二年。
契約更新をすべく、更新料を払ってきましたよ。
…飛んでいく額がデカイ。
死んでしまうよ。
これからお金が散々かかると言うのに。
でも住む場所を失う訳にはいかないし。
今の家はなかなか居心地が良いし、場所的にも住みやすい。
欲を言えばもちょっと広ければ良いのだけれど、まぁ一人暮らしするには問題無い。


これから使わなくてはいけない額を計算しておいた方が良いのだろうな。
でもそれもコワイのよ。
一体どれくらいになるやら…。
うわあ~!
ヤダ~!


絶対死なねーぞ!
コメント

あはは~、眠いよ

2009-02-27 18:06:19 | 日常の記録
『izumi あるいは思いだせない夢のはなし』の東京公演、無事(?)終了しました。

何か色々考える事はあるけれど、取りあえず終わったなという感覚。
まぁ三月にまたあるのだけれど。
それはまた違う『izumi』。
不安と楽しみがごちゃまぜ。


昨日は公演が終わってから全体の打ち上げ。
その後二次会で少々アルコールを体に入れた。
そしてそのままオール。
朝方少し寝たけれど。
帰って来て、片付けなければいけない事をちゃちゃっと片付けたりお風呂に入ったり。
落ち着いたのはお昼過ぎ。

久し振りにお酒を飲んでオールをしたら、楽しかった。
眠いけれど。
でもたまには良いね。


明日からまた820稽古。
面白い事になりそう。

本当は今日プロペラの稽古があったのだけれど、出席人数が少なく殺陣しかやらないという事で、私は家で休む事に。
スイマセン。
明日ちゃんと行きます。


良い経験をさせてもらっている。
迷って悩んで緊張して大変だけれど。
でも、頑張ろう。

さぁて、気持ちを切り替えて元気に参りますか!
コメント

やっぱり!!

2009-02-25 23:59:09 | 日常の記録
本日ワタクシ寝坊しました。
舞台本番だってのに。
初日だってのに。

ものすっごい焦った。
取りあえず最速で行かなくてはと思い猛ダッシュ。
途中で力尽きて歩きもしたけれど。
電車の乗り継ぎがうまくいって、予定よりも早く駅に到着。
…遅刻には変わりないけれど。


大学の時もそうだった。
大事な日に寝坊する。
実習公演のテクリハと本番とか。
結構大きな行事の本番とか。
どれも本番には(辛うじて)間に合っているけれど、集合時間には、遅刻。

なぜだ。
なぜ大事な時に遅刻するんだ。
時間にはうるさい自分なのに。
明日がこわい。
うわ~!
コメント

元気いっぱいに行こう

2009-02-24 22:55:08 | 日常の記録
雨だ。
寒い。
でも明日はやって来る。


さて、『izumi あるいは思いだせない夢のはなし』いよいよ本番だ。
あっという間の稽古期間。
明日が本番だというのが信じられない。
でもやるしかない!
台詞が飛んだところで、何事もなかったように進めてやる!

持てる限りのキラキラの純粋さと可愛らしさを出そうと思う。
恥ずかしいけれど。
頑張ろう!
コメント

しっかり

2009-02-23 23:34:36 | 日常の記録
すごく泣きたい。
気持ち悪い。

一ヶ月に一回はこうなるんだよ。
分かってるんだよ、原因がなんなのか。
でもだめだ。
コントロールができない。


寝てしまおう。
何も考えないで。

大丈夫。
明日治るから。
コメント

あら~…

2009-02-23 01:01:59 | 日常の記録
稽古からの帰り、電車でケータイを取り出していじっていた。
私の斜め前の席の人もケータイをカシカシと打っていた。
少し頭が寂しい感じになってきた、まん丸のおじちゃん。
そのおじちゃんのケータイを何気なく見たところ…。
私と同じケータイ。

なぜだろう。
何か、言葉では言い表しにくい負の影をまとった何とも複雑な感情が、私の中を駆け巡った。
スイマセン。
とっても失礼な事なのは分かっているのですよ。
いるのですが…スイマセン。
気持ちがしゅんと萎んでしまったみたい。
何か、なんだろう。
とても複雑。
コメント

優しさと眩しさを持って

2009-02-22 22:55:24 | 日常の記録
今週本番を迎える『izumi』。
キラキラして見えるようになった。
いっぱいいっぱいだったのが、少し落ち着いたのかもしれない。
直前になってやっとか、という感じ。
稽古中に一生懸命セリフをたどっているのではなく、「楽しんでるな」と自分で考えながらセリフを発しているのを自覚した時、安心した。
上演時間もイイ感じ。
今のところ、きちんと60分以内に収まっている。
素晴らしい。

このまま。
このままを最低ラインとして保ったまま、もっともっと素敵になっていってほしい。


さあ、明日は小屋入りだ!
コメント

とても簡単に押せるスイッチ

2009-02-22 12:53:40 | 日常の記録
私はすぐイライラする。
人込みの中を歩くだけでもそうなる。
最近は特に。
急ぐ事が多いからなのか。
この前はついに「みんな消えてしまえ」と思った。
ああもう最悪だ。
人は好きなのだけれど。
不特定多数の人間が一つの場所に集まるとどうも。

あ~あ。
何か悲しくなってくる。
コメント

浮かぶ

2009-02-21 10:04:45 | 日常の記録
実家に帰りたい、と考える事が増えてきた。
今はやりたい事ができていて、これからも少しずつではあるけれどできそうな気配。
それでも帰りたいと思うのは贅沢な事なのかもしれない。
今年はお正月に帰れなかったのが大きいのか。


帰りたいと思える場所があるといのは幸せだ。
コメント