穴金日記(あなきんにっき)

旧「穴金のチル・アウト日記!」
身辺雑記、ライヴレポ、映画レポなどを不定期更新。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

穴金、調子に乗ってさらにアニメを語る。

2006年05月07日 03時33分30秒 | アニメ
こんばんは。V.J.さんの天敵、アニ・オタ穴金です(別名キモ・オタです。)

V.J.さんがブログお休みの間に、こっそりとアニメ・ネタを済ませてしまおうと思います。

もっとも、穴金がアニメ・オタクだったのは、小学校6年生の中盤までです。その後は、いわゆる洋楽オタクに転身してしまったので(←基本的にオタク体質)、それ以降のアニメについての知識は皆無に等しいです。

(唯一、「エヴァンゲリオン」だけは、大人になってから全部借りて観ました。あれはあれでアリだと思います。あとジブリは全部観てます。)


穴金は幼少の頃からテレビっ子だったので、当時テレビで放送されてたアニメはほとんど観てました。「ハイジ」みたいな名作ものから、「山ねずみロッキーチャック」みたいな動物もの、ロボットアニメ、タツノコプロ(「ガッチャマン」や「タイムボカンシリーズ」)、藤子不二雄・・・。しかし、本格的なアニメ・ファンになったのは「宇宙戦艦ヤマト」ブームの時からです。当時小学校低学年でしたから、アニ・オタとしては早熟だったと思います。


穴金は商店街に住んでいて、歩いて行ける範囲のところに映画館が4つもあったのです。今は全て閉鎖していますが・・・。普段はエロ映画をやっているんですが、春や夏のシーズンになると子供向け作品を上映してました。「東映マンガ祭り」や「ヤマト」や「銀河鉄道999」は、その近所の映画館で親父と一緒に観ました。「のび太の恐竜」は妹と弟連れて観にいったなあ。


小学校4年生の時から、アニメ専門誌を毎月購読するようになりました。「マイ・アニメ」とう雑誌で、かなり昔に絶版になってますが。ちょうどこの頃から「ガンダム・ブーム」が始まり、プラモ・マニアでもあった穴金はのめり込むようにガンダムワールドにどっぷりとハマってしまいました。


ちょうどこの頃から、ガンダムの富野喜幸(現・由悠季)監督を始めとして、気鋭のアニメ作家がどんどん出てきました。ガンダムのキャラデザインの安彦良和、メカデザインの大河原邦男「ボトムズ」高橋良輔「うる星やつら」押井守「マクロス」美木本晴彦河森正治・・・

一方、ベテランでは「ジャングル大帝」や「ムーミン」の監督をしていたりんたろうが「999」や「幻魔大戦」を作り、「あしたのジョー」や「ガンバの冒険」、「エースをねらえ!」の出崎統が「スペースコブラ」を作り、そして宮崎駿「ナウシカ」で大ブレイク・・・。


思えば、この頃からアニメを内容だけでなく、監督が誰だとかキャラデザインが誰とか、そのクレジットで見る習慣というのが付き、それが後に洋楽オタクに転身してからも身に染み付いてしまっているなあ、というように思います。


富野監督率いる日本サンライズでは、「ザンボット3」「イデオン」「ザブングル」「ダンバイン」なんかが好きでした。富野は説教臭いところが鼻に付くんですが・・・。他には「マクロス」、「戦国魔人ゴーショーグン」なんかにハマりましたねー。松本アニメでは「1000年女王」「わが青春のアルカディア」、アニメより高千穂遙の小説にハマった「クラッシャージョウ」「ダーティペア」なんかも大好きでした。


しかし、ガンダムの続編である「Zガンダム」が始まるあたりから、興味は音楽の方に移ってしまって、アニメはぴたっと観なくなりました。ちょうど中学に入学して、色気づいてきた頃です。アニメはモテないですからね(笑)。それ以降で割りとハマったアニメといったら、大友克洋「AKIRA」ぐらいで。



そんなこんなで今に至るわけですが、ようやくというか、今さらというか、「機動戦士ガンダム」のTV版BOXセットが発売されます。Vol.1が定価37,800円、Vol.2が定価31,500円。ギョエ~、どうしよう・・・。

高すぎる!と言いたいところなんですが、やっぱこの最初のTVシリーズには特別な思い入れがあるのです。もう何度となく放送を見ているので、全話内容を知り尽くしていますが、永久に所有しときたい、というのもあって。amazonで予約すると25%オフだし、う~ん・・・。



年末の発売まで、きっと悩みつづけると思います・・・。


機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)矢立肇 富野喜幸 古谷徹 バンダイビジュアル 2006-12-22売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools

機動戦士ガンダムDVD-BOX 2機動戦士ガンダムDVD-BOX 2矢立肇 富野喜幸 古谷徹 バンダイビジュアル 2007-01-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools















コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 穴金、宮崎アニメを語る。 | トップ | 食ってやる・・・その②CoC... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アニオタ オールディーズです。 (和登さん)
2006-05-07 07:44:47
穴金さんの アニメ話を楽しみにしてます。和登は京阪神地帯に住む共働きカギッ子という環境だったのでリカちゃんより安いタミーちゃん人形世代というコンプレックスがあります。アニメはそうゆう悲しみをかかえてる子供達の心の拠り所でした。鉄椀アトム1年間の放送でしたが全身全霊で見てました。放送終了後は一週間放心状態!鉄人28号がアニメ化されたときは どんだけ嬉しかったか!!あの時代のアニメは 低コストの為、ほとんど絵は動いてません。しかし情熱が違うんです。一話一話に魂がはいってます。手塚治虫、ちばてつや、石森章太郎、赤塚不二夫などは 少女漫画で食いつないでたのですが、それが、「リボンの騎士」「魔法使いサリー」「秘密のアッコちゃん」です。あ~ 思わず、熱く語ってしまった(^o^;
昔よく観てました (のんびり男)
2006-05-07 10:44:14
穴金さん、こんにちは。



あぁ、懐かしい作品の数々!(知らない方が圧倒的に多いけど)

特に「クラッシャージョウ」「ダーティペア」なんて感極まってしまいました。「ボトムズ」が好きでしたねぇ~。

兄が好きだったので、サンライズの作品は一時期よく観てました。



遠い昔の話です。

おかげで、今となっては全然記憶に残っていません(苦笑)。
Unknown (パンテイ)
2006-05-07 13:45:22
うわー!

はまったアニメが全部同じです(笑)

唯一ナウシカはハマってません。でも、当時の担任がアニメ研究会出身の新任で、ナウシカの本もってきてクラスで大人気でした。

Zガンダムから観なくなって、AKIRAは映画館まで行きました。エヴァンゲリオンは全部観てます。

全く趣味が同じです、というかこの世代の人はみんな同じなんでしょうね。
Unknown (ゆみ)
2006-05-07 14:33:24
イラストレーターの友達が

松本零士さんの絵画コンクールで

大賞をとってから描く路へ。

若干24歳。女性です。

今仏画とマンダラにはまってて

売れています。線香くさくならな

いでほしいです。笑。



私が好きなのは、めぞん一刻 

でも、先日ともだちたちが、

ビデオを貸し借りしてて、

「ガンバの冒険」だったけど

まったく知らなくて、、

おもしろいんですか?



アナキンさんも、なんか

評論本をかけそうなくらい

博学ですよねー



ワトさん、

たらりらったらったらったたったたったあ♪

この間KISS-FMでかかってたよーうふ。
目からウロコ (moonlightdrive)
2006-05-07 17:22:55
そっか~!音楽聴くときについクレジットに注目してしまう人間がいるように、アニメもクレジットで見てしまう人種がいるのですね~(笑)!言われればそうか~と思うけど、そうなのかー。門外漢には全部同じに見えるアニメ専門誌も、PATI・PATIとロッキンオンJAPANとGBが全然カラー違うように、やっぱり中身まったく違うんですかね~?
Unknown (帯ワン)
2006-05-07 22:54:24
休んでいても、弟子の記事はチェックした帯ワンです。

このキモオタめ!

ぼこぼこぼこ

と、したいところですが、僕もガンダム第一作は、リアルタイム視聴世代です。



ドムのなんかちっちゃい、ダイキャストモデルみたいのがひとつだけ実家でホコリかぶってます。



ガン人気については、オジキのとこに、先程コメ入れて来ましたので、良かったら読んでみてくださいね。
和登さんへ (穴金)
2006-05-08 01:29:58
アトムをリアルタイムで見てたとは!生きる昭和史ですか!(←失礼な!)



ゆみさんが「ハイジ」のセル画塗ってて、給料が安かったという話をしてくれましたが、アニメの制作費が不当に安く押さえられていたのは、この「アトム」の時に手塚が頑張り過ぎて、最初の価格を異常に安く設定してしまったからだと、宮崎監督とかは今だに恨み節のように語ってます。



>手塚治虫、ちばてつや、石森章太郎、赤塚不二夫などは 少女漫画で食いつないでたのですが



「サリー」は横山光輝ですね。石森は「さるとびエッちゃん」とか描いてましたね。
のんびり男さんへ (穴金)
2006-05-08 01:35:55
のんびりさん、ども!



「ボトムズ」は、実はそれほどハマったわけではないのですが、ミリタリーチックなメカがマニアックで素敵でした。確か舞台設定が、カンボジア内乱のパロディだったと思います。ポル・ポトとシアヌークの。

主人公のキリコが、あんまりしゃべらない(笑)んですよね。





パンテイさんへ (穴金)
2006-05-08 01:41:00
>うわー!

はまったアニメが全部同じです(笑)



同志よ!(笑)



いや、パンテイさんもアニメ好きだったと聞いて安心しました。ロックとアニメって一見、相容れないものだっていうパブリック・イメージがあるじゃないですか?なかなか堂々と「アニメが好きだっ」と言えない雰囲気が・・・。しかし思い切ってカミング・アウトしてよかった。(←前からカミング・アウトしてたという噂も)



エヴァは、まだ連載中のコミックも買ってます(爆)。綾波のフィギュアも持ってたりして。ヤバイ、ほんとのキモ・オタになってしまう!
ゆみさんへ (穴金)
2006-05-08 01:47:54
>イラストレーターの友達が松本零士さんの絵画コンクールで大賞をとってから描く路へ。

若干24歳。女性です。



それは素晴らしい!紹介して下さい。



「ガンバの冒険」は、面白いですよ~。

敵の親玉が、白イタチの「のろい」ってヤツで、こいつがもう、アニメ史上最強・最凶なキャラで、怖いのなんのって・・・。作品としても素晴らしいので、是非観てくださいな。



コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事