かなおり

おしらせや日記を二人が書いています。


URL :http://kana-ori.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

点をつなぐ線 終わりました

2018-12-03 | 日記


FALLでの展示、おかげさまで無事終えることができました。みなさま本当にありがとうございました。

かなおりは2人組ですが、おしゃべりしながら作るわけではなく全くの分業です。素材の性質上だいたいが、かな→おりのパスで完成しますが、今回は逆パスもありました。昔は手紙で今はラインでも思いつきを送り合います。
それでも「完成」の判断は片方に任されています。シュートを決めるのは自分、みたいな感じで。そして出来上がったものを見せ合って喜びます。
2人は生活もお休みも違うので会う機会は多くないけれど産休も育休も長期休暇も設けてゆるりと続けられたのがよかったのかと思います。

きちんと数えてもらったら11年目でしたがあまり深くは考えず、またこれからも自分たちのすてきと思うものを作っていきたいです。
最終日、オリはまさかの病欠をしましたがしっかり締めくくってもらったのりこさんに感謝します。そして三品さんいつも本当にありがとうございます。
まずは風邪をしっかりと治して打ち上げをしなければ!
コメント

展示があります

2018-11-01 | お知らせ




ご無沙汰してしまいましたが、
今年も西荻窪にて展示を行います。

ひなぎくから数えると、もう10年になります。
お休み期間などもありましたが、
私たちなりの新たな発見をまた作ってみよう、と思えていることはとても嬉しいです。

今年は11月終わりに行います。
どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

青い傘にピアス

2018-07-01 | つくったもの


今年も半分が過ぎました。
いかがお過ごしでしょうか。

かなおりは季節にひっぱられて、
夏らしいものを作りました。

次の展示は秋なので、少しずつ整えてまいります。
コメント

暖簾をつくりました

2018-02-18 | つくったもの




神楽坂にあるお蕎麦やさんの暖簾を織らせていただきました。
「かりべ」というお店です。

燃えるような赤、秋冬用のもの、という悩ましくもシンプルなお題のもと自由に制作しました。

かりべさんのお店では、出汁のきいた卵焼き、しめ鯖、ワイン、弁柄色の塀、大谷石とガラス、など、蕎麦をひきたてるしつらえがそこここに散りばめられています。

その中のひとつ、お客様をひらりと迎える暖簾も、まず、あの角を曲がってチラリとこの赤が見えた時にこれから始まるおいしい時間を予感してもらえるようなものにしたいと思い、糸染めを始めました。

この冬はもう少しだけ雪も降るようなので、このウールのあたたかさをあと少し味わっていただけたらと思います。

そして風があたたかくなったころには、草木染めで織り上げたriri textileの暖簾がかかると思います。



ロンダジルさん、浦田先生、riri textile、どうもありがとうございました。


コメント

2018年!

2018-01-07 | 日記


今年も、わたしたちのペースで、作りつづけていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします

コメント