リンリンブログ《艦これ》

ランカーのやり方

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドロップ艦の使い方《艦これ》

2018-02-15 15:21:03 | 艦これ

※ブラック注意

 今回は不要なドロップ艦の効率の良い使い方を紹介します。今回の記事はかなりブラックです。しかし、艦これのプレイにおいてブラックな方法を用いると効率の良いことは多々あります。今回のメインはどの艦種をバイト艦としてどの海域に出すことが効率が良いのかを紹介しておきます。

駆逐艦  1-1 1-5 1-6 3-2 5-3

軽巡洋艦 1-6 2-2 3-2 

重巡洋艦 2-2 3-2

軽空母  2-2

正規空母 2-2

戦艦   2-2

潜水艦  1-1 3-2 5-4

水母   1-5

これ以外の特殊艦は正直使い道がありません。

海域別説明 

1-1 キラ付けの随伴です。潜水艦は大型艦のキラ付け中の被ダメを防ぐためです。

1-5 キラ付けまたはルート固定です。旗艦が先制対潜できれば3隻バイト艦でも十分周回できます。

1-6 ルート固定用です。6隻バイト艦でもクリアできます。

2-2 デイリーまたはボーキ集めです。詳しくはこちら

3-2 潜水艦はご想像の通りです。他は重巡旗艦(バルジ積み)のバイト艦隊で鋼材集めです。

5-3 潜水艦でクリアする場合駆逐2隻入れることでルート固定できます。また5-3-1でレベリングする場合探照灯デコイに使えます。

5-4 潜水ルートで出撃する場合バイト潜水が1隻いるとかなり楽です。2隻以上は少し厳しいです。

 この用に通常海域でドロップする艦はどこかかしらで使い道があります。なお轟沈前提で出撃する1-6のような海域の場合装備は別に廃棄して少しでも資源の足しにしましょう。

 また上記はバイト艦としての使い道を書いたため触れていませんが大型艦を沈めて燃料弾薬を手に入れるという方法があります。轟沈した艦はその戦闘で消費して残った分の燃料弾薬が母港に戻ってきます。なので戦艦や正規空母などの艦を沈めた場合そこそこの資源が手に入ります。しかし鋼材は手に入らないので鋼材が欲しい場合は止めておきましょう。

 またこの方法はあまり褒められるものではないので公表はしない方が良いでしょう。また使用はイベント前やイベント中の急いで資源を溜めたいときのみにしましょう。

 ※資源目的の轟沈の場合使われる海域はたいてい5-5です。

 今回この記事に書いたことは推奨しているわけではありません。各自の判断で必要なときに使用しましょう。また日常的に使用していると勝率が低下してしまうので気をつけましょう。

 今回の記事は艦これのかなりブラックな面に触れましたが艦これのプレイスタイル的に受け付けない人が多いので前にも書きましたがtwitterなどで大々的に言うことは止めましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未来のダメージを回復できる... | トップ | 2月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

艦これ」カテゴリの最新記事