kan2のテニス・オフ生活はさらに続く

仲間を募ってテニスを楽しむ週末も10数年、もう60代半ばになった。ウィークデイは新生活。Vol5

貯金

2017年12月22日 | 好々爺への道
老人はどの位蓄財しないといけないのかなぁ
生保は、不安煽って○千万円など、データ操作して発表するものだから
老人は、不安になって蓄財に励む。

しかも、金持ち老人が励むから始末が悪かったりしてね、
貧困老人はどうするんだと世間騒がせて反対し、利益を得る資産家老人。悪徳だよなぁ
強欲にも映るし、仕方ないとも思える。でもね、溜め込むだけでは、景気は良くならないなぁ
一生懸命蓄財してるんだから、評価してあげて、
死後の資産は、2世代程度で粗一般にする様にすれば
結構潤沢に社会保障が得られるかもね。
(子供が高校生になるまで、生活費含め完全無料。但し、年収850万以下)

頑張った人が、いい思いする国になりたいか
程々の人も幸せになる国になりたいか
やはりサボった人と、不正働いた人は、辛い国になって欲しいか?

程々以下の人が大半だから、影に隠れて、
不正ができる様な仕組みつくって、内緒で利益得る様になっちゃったんだろうなぁ

※忖度は、ふせげないんだろうか?
不正の可能性のある事案は、担当者の昇格や老後を一般以下にする。
それで、官僚の忖度激減。今は、忖度を死守した人が出世するからなぁ。なくなるわけがない。
そんな意味でも、今年は、酷い政 官 だったなぁ
ジャンル:
コーチング・マネジメント
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 三界 さんがい | トップ | 12/23三角町+忘年会 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (Yo)
2017-12-22 09:28:40
徳の貯金の利息は、残年齢によるとのことです。
残年齢が少なくなると、急に下がる。
年取ってからの徳は、若い時の数倍必要らしいです。

コメントを投稿