時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 32

2017-12-14 | 読書
公安機動捜査隊特捜班
通称‘特捜班’
それは
凶悪事件の初動捜査を担当する
警視庁公安部に所属する特別チーム
特捜班の稲見朗は
横浜の39階建てジーホテル・ベイが
武装集団‘十三士(じゅうさんし)’に
占拠されたとの報せを受ける
宿泊客550名が
人質に取られるという非常事態
事件を
秘密裏に解決せよと言う任務に挑むが
‘特捜班’にくだされた



今年
4月11日から6月13日まで
フジテレビ系列で放送された
テレビドラマに登場している
警視庁公安部公安機動捜査隊特捜班の
主要5名
元・自衛隊員
第1空挺団に所属した稲見朗(いなみ あきら)

元公安部外事課所属
田丸三郎

元・警視庁捜査一課にして
特捜班班長・吉永三成

元・機動隊爆発物処理班
樫井勇輔

サイバー情報分析のスペシャリスト
自称世界一のハッカー
大山玲

そして
見るからに
黒幕っぽい
警察庁警備局長・警視監
公安機動捜査隊特捜班の創設者
鍛冶大輝(かじ だいき)

とその下僕?
警視庁公安総務課長・警視
青沼祐光(あおぬま ゆうこう)

2名も登場~

特捜班の5名と
捜査一課の
妹尾克彦と高石瑞穂2名が
協力して
武装集団‘十三士(じゅうさんし)’の制圧にあたる
と言うストーリーでした
ありがちな
展開ではありました

テロの首謀者は
操られていただけ
真の黒幕は

人<国家

正義を遂行するための
‘悪’ありき

ドラマ『相棒』や『アンフェア』にも
登場する論理でございます


その黒幕が
あ~た
そんな気はしてたけど
特捜班を立ち上げた
鍛冶大輝でした

コヤツは
意図的に
テロを画策し
そのドサクサに紛れ
Nシステムの拡充条項を盛り込んだ
有事特別措置法
通称‘特措法’を
成立させちまいました!
盗聴・盗撮・諜報を正当化し
国民に対する
公安警察の監視体制強化を
確たるモノにしようとしているのですよ!

ドラマでは
特捜のメンバーが
国家権力の下僕を装いながら
その飼い主の首を
喰いちぎるべく
虎視眈々と
準備整えてます!
的な雰囲気
醸し出してましたけど
こちらの小説では
まだ
黒幕がいそうな気はするけど
ハッキリしない
でも
自分たち特捜班が
良いように
権力者に利用されている
のは確か
ってところだけ認識して
終わっています

続き
読みたいですね~
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 熱海海上花火大会 2017 其之参  | トップ | 熱海海上花火大会 2017 其之肆  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事