一陽来復(いちようらいふく) あわてず・あせらず・あきらめず

"抗がん漢方"をサポートするスタッフがお伝えしていきます。
 れんげ草の花言葉...あなたと一緒なら苦痛が和らぐ

白血病の闘病記 ー 副作用で苦しむ私に夫が探してくれた抗がん漢方

2022-08-05 11:59:53 | がん闘病

 

      

天仙液と夫に感謝でいっぱいです。

 

K・Rさん(52歳・東京都)がご自身の白血病の闘病をご報告くださいました。

 

一昨年のことです。6月に入った頃、それまで自他共に認める「健康だけが取り柄」だった私に異変が起きました。

どこにも痛みや苫しさなどの症状はないものの、少しずつ体から力が抜けていくような日々が続いたのです。

明日には元気になるだろうという期待とはうらはらに、だんだん歩くのもおっくうになったため近所のクリニックで血液検査を受けたところ、

通常の女性なら4,000~8,000個といわれる白血球がなんと150,000万個近くにも上がっていました。

急きょ血液内科のある総合病院を紹介してもらい、その場で急性骨髄性白血病と診断されて入院したのです。



付き添ってくれた夫と長男は白血病ときいてショックだったといいますが、私のほうはすでに意識がもうろうとしており記憶は定かではありません。

点滴による抗がん剤の投与を5日ないし6日間が計5回、入院は6ヵ月必要と主治医の先生に宣告されて病院での生活がスタートしました。

抗がん剤の治療中は、食欲がなくなり、脱力感や便秘、そして軽い吐き気と脱毛という、副作用との闘いでした。

4回目、5回目の抗がん剤治療中は、ベッドに横になっていても、どうしてよいか分からないほどのだるさに悩まされ続けました。

どうにか12月半ばには寛解に達し退院できましたが、しばらくは家の中を歩くのもやっとというほど体力が落ちていました。

 


そしてようやくひとりで外出できるようになり、体調も戻ったかなと喜んでいた昨年5月上旬のことです。

お風呂に入っていたとき左のももに青い斑点を見つけ、同時に口の中の上あごがザラッとしたため、「がんの再発に間違いない」と直感しました。

診断を待つまでもなく再発を確信したその夜、言葉にならないような、それまでの人生で味わったことのない深い無力感に襲われました。

病院の検査では白血球が38,000個あり、すぐ再入院の手続きとなったのです。


初回もそうでしたが、再入院して1回目の抗がん剤の副作用には泣かされました。

口内炎がひどく上あごから舌、唇などに湿疹やただれができているため、クスリのとき水を飲むことすらままならないのです。

ベッドに横になるだけでも顔の筋肉が引っ張られ激痛が走ります。

痛み止めの点滴や座薬をしてもらっても効果は短く、一晩じゅう眠れずにじっとひざを抱えて夜明けを待ったものです。

 


副作用で苦しむ私を見かねた夫は、図書館で必死になってがんについて調べた結果、九段クリニックの阿部博幸先生が書かれた本に出会い、

「白血病には天仙液がいいのではないか」と早速申し込んでくれました。

主治医の先生にも、阿部先生の著書と天仙液の実物を見ていただき了解してもらい、6月から毎日、天仙液と天仙丸3号を飲み始めたのです。

すると、6月後半からの2回目の抗がん剤の副作用がずいぶん軽いことに気付きました。

病室の仲間たちにも「今度は元気ね」と驚かれたほどです。

私は、抗がん剤が軽かったのかなという程度に考えていましたが、3回日、4回日の治療の際も前年に比べて不思誰なくらい辛くないのです。

さすがに、これは天仙液のおかげだと実感するようになりました。


実は、5回目の治療を終えて11月に退院するとき、先生からは「再発した人はすぐ発症するので、通院治療中にもまた再発するでしょう」と、

油断をしないようクギを刺されています。

しかし、今年6月まで通院治療を受け、現在退院してちょうど10ヵ月が経ち、いたって快調です。

家族からは「病気する前より元気そうだ」、姉や兄には「あなたが元気なのは天仙液とご主人のおかげね」と冷かされているほどです。


これからも先生に「もう大丈夫」と太鼓判を押されるまでは、何年かかっても、天仙液を飲み続けたいと思っています。