一陽来復(いちようらいふく) あわてず・あせらず・あきらめず

"抗がん漢方"をサポートするスタッフがお伝えしていきます。
 れんげ草の花言葉...あなたと一緒なら苦痛が和らぐ

身体を知り・活かす知恵 ー 人体の構造図<末梢神経>

2022-07-15 14:29:16 | 健康

            ◀時事メディカルより ◀時事メディカルより

 

 

末梢神経は、からだのなかの情報を伝達しあうネットワーク

神経系は、中枢神経と末梢神経の大きく2つに分けられ、からだのなかのあらゆる情報を伝達しあうネットワークです。

中枢神経は脳(大脳、小脳、中脳、間脳、橋、延髄)と脊髄からなります。

大脳から脊髄までの、思考をはじめとした高次の機能をつかさどります。

末梢神経は情報を中枢神経に送ったり、中枢神経からの指令を伝えるというはたらきをします。

末梢神経はさらに体性神経と自律神経に分かれます。

前者は知覚や運動をつかさどり、後者は意思とは無関係に内臓のはたらきを調整します。

自律神経には反対の作用をする交感神経と副交感神経があります。

次に、それぞれの作用の一例を示します(⇔の左が交感神経の興奮によるもの、⇔の右が副交感神経の興奮によるもの)。


・瞳孔……拡大⇔収縮

・唾液腺……少量の濃い液分泌⇔大量の薄い液分泌

・末梢血管……収縮⇔拡張

・心拍……促進⇔緩徐

  ※時事メディカル 「家庭の医学・知っておきたい知識」より引用

 

末梢神経障害にはどのようなものがありますか?

末梢神経障害には感覚神経障害、運動神経障害、自律神経障害の3種類があります。
 
がんの治療中に多くみられる「しびれ」は感覚神経障害の自覚症状の1つです。
 

・手足がビリビリ、ジンジンする(感覚がおかしい)

・何かに少し触れただけで痛くてビリッとする(感覚が強い)

・手足に力が入りにくい

・手袋をはめているような感じがする(感覚が鈍い)

など、症状は多岐にわたります。また、

・衣服のボタンが留めにくくなった

・つかんでいた物をよく落とすようになった

・文字が思うように書けなくなった

・うまく歩けなくなった

・つまずくことが多くなった

・飲み込むのが困難になった

などの変化はしびれによって起こっている場合があります。

 

末梢神経障害には他にこのような症状もみられます

・手足が痛い

・手足が燃えるように熱い

・指先が冷える

・腕の感覚がない

・足の裏がふわふわして歩きにくい

・うまく物をつかめない

・口周囲のしびれ

・歯の知覚過敏

・食事がおいしくない

・のどが締め付けられる感じがする

・耳がきこえにくい

・しびれや痛みのため夜眠れない

・便秘、尿が出ない

  ※がん情報サービス「しびれQ&A~がんの治療を始めた人に、始める人に」より引用

 


最新の画像もっと見る