きのむくままに

或る日の出来事

シネマ歌舞伎「幽玄」

2019-10-13 | Weblog

 

 

『羽衣』

 漁師白龍が三保の松原で天女の「天の羽衣」を見つけ持ち帰ろうとします。落とし主の天女は、白龍から羽衣を返してもらうために得も言われぬ優雅な舞を披露します。

 

 『道成寺』

 女人禁制の寺へやって来たのは一人の白拍子。境内に入り烏帽子をつけて踊り始めますが、実はこの白拍子は叶わぬ恋の恨みから男を焼き殺した娘の亡霊だったのでした。艶やかな舞の中、形相がみるみる変わり...

                         

 

『石橋』

 中国・清涼山の奥深く。文殊菩薩の浄土へと続く石橋の上に獅子の精が姿を現します。荘厳な音色が響き渡り、美しく咲き乱れる牡丹と戯れるように勇壮に舞い、豪快な毛振りを見せます

 

太鼓芸能集団 鼓童

 新潟・佐渡を拠点に、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見い出し、現代への再創造を試みる芸能集団。

 1981年にベルリン芸術祭でデビュー以来、50の国と地域で6000回を超える公演を行っています。

玉三郎とは2000年の出逢いをきっかけに、2012年から2016年にかけては芸術監督として迎え、毎年1作のペースで新作を発表しました。

 

玉三郎の舞は勿論ですが

鼓動の太鼓には魅了されました。

 

                                          ※画像 あらすじなどネットからの引用です

コメント   この記事についてブログを書く
« 會澤翼 残留~! | トップ | 台風19号 被害甚大 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事