goo

九份・金瓜石への旅・・・その3


九份の街を探索したあとは、九份の旧道バス停から金瓜石(ジングァーシー)行きのバスに乗って、黄金博物園区へ。




瓦屋根からミストシャワーが涼しげに・・・。


大正期に建てられた日本式家屋が並ぶ。生活美学体験坊として使われてるようで。




金鉱石を載せたトロッコと金鉱石。この石、ホンモノの金鉱石なんかな?




園内にある交番も、わざわざ日本風にするために外装を木造瓦屋根にしてます。





さらに歩いていきましょう。





ココは太子賓館。
1922年(大正11年)に、当時は皇太子だった昭和天皇が台湾来訪するってので、当時の田中鉱山株式会社が皇太子の宿泊・休憩場所として急いで作った建物。
結局、昭和天皇が訪れることはありませんでした。



日本風につくられてます。
改装され、手入れが行き届いているので、部屋の中はピカピカでした。




鯉が泳ぐ池もある日本庭園は、まともな手入れがされていないんで、荒れまくってます(^^;




この風景、やっぱり南国チックですね。






















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 九份・金瓜石への旅・・・その2 九份・金瓜石への旅・・・その4 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。