とりあえず

とりあえず、いつまで経ってもとりあえず?
※名前なきコメント、意味不明トラックバックなどはさくっと削除。

2019/10/27 WTCR鈴鹿

2019-11-02 00:19:06 | モータースポーツ
そういうわけでWTCR鈴鹿....東コース。
なんだかなー。単純に車がいっぱい通るという意味ではにぎやかでいいのはわかるんだけど、以前WTCCでやってた東コースのレースってば、盛り上がりに欠けたのわかってるはずなんだけどなぁ。(いや、オーガナイザーが変わってるのは知ってるけども)
ついでに言うと併催のTCRJとの比較がしにくくなってしまった。個人的にこれが残念。まあ実際単にタイムだけ比較してもつまらないとは思うけどね。

レース前のトピックとしてはワイルドカードでヒトツヤマから富田選手と宮田選手がスポット参戦。若い人の参戦はいろいろ興味がある。さらに言うとレギュレーションが基本的には同じ車両がWTCRに出て行ってどこまでやられるのか。というところか。
個人的にこの枠の詳細知らないけど、個人的には「TCRJの~戦目までのポイントスタンディング上位から出場の権利がある」ということにしてもらえると、日本のドライバーが乗り込んでいく感があってさらによいと思うのだけどね。(もちろんチーム任せじゃなくてTCRJがいろいろ後押ししてという前提だけど)

金曜日鈴鹿入り。土砂降り。
あまり走らないのかと思ってたけど、走るねー。
最終コーナーから見ていたけど、ショートカットから本コースに戻る場所にかなり大きめの川が流れてて、そこにどういう風にアプローチするか、試行錯誤してる感じ。結構面白い。
ちなみにシリーズをあまりまともに追いかけてないので知らなかったけど(ぉぃ)、結構台数多いな。覚えきれないぞ....

予選一発目は宮田。もうこれに尽きる。
正直事前の予想では「ま、20位くらいにきたら結構いいんじゃないの?」とか思ってたのだけど、序盤から上位に顔を出して最終的に7位。
これはほんとに驚いた。雨というコンディションもあるかもしれないし、クリアラップがかなり難しい状況だったのもあるので、運も味方しているのは確かなんだけど、こういう場合ってそういう運も味方できないパターンが多いはずなんだけど、つかんじゃったね。
富田選手も全然上位にいて、これは単純にヒトツヤマで作ったTCRJで使っているクルマも間違いなく戦える戦闘力を持っているということ。宮田選手の乗ってる方はスポットで出ただけのはずだけど、富田選手の方は間違いなくシリーズを走っている篠原選手のソレであり、何度もPPを獲得し(たけど、スタートで出遅れるのはおいとき)、ついこの間岡山で圧勝したソレなわけで、ソレがそこにあるということは、ピンクのアレとか緑と赤のソレとかも大体そのあたりに並べることができるってことでしょ。(やー、なんたる楽観的な....)

このままの流れで予選いけちゃうの?とか思ったけど、そんなに甘くはない。その後の予選はうまくいかずにまあまあ、そういう場所に....ただ、レース1を7位スタート(実際にはいろいろいろいろあって5番グリッド)できるのは、事実なので期待は高まる。

その他の予選結果は....なんだこれ、よくわからんな。よくわからない挙句にいろいろいろいろペナルティ出て把握不能。
ただ、チャンピオンシップを争うオジサマ方が意外と後ろに沈んでいたりして、荒れるレースが....でも、抜けないんだよな、このコース。

土日は晴。
レース1は1コーナースタンド。
案外おとなしくスタート。っていうか宮田大失速。っていうかスタート練習ってしてないのでは....TCRJで篠原選手が何度も証明しているように、アウディのスタートはそんなに簡単じゃないので、ある程度予想もされたが....落ち過ぎ。
レースは続く。そこそこバトルがないわけでもないんだけど、そこまでの過激さはなく?
と、思ってたらアンプリが1コーナーで押し出され、F○○○ You。それ見れただけで満足です。ほんとうにありがとうございました。

2レース目はS字。2コーナーを正面から見ようかと思っていたのだが、2レース目の2コーナーもそうでもないなぁ。
ハイライトとしては公式プログラムに「きれいなレースを」と書かれていた宮田が、めっちゃ押し出して順位を上げたことです。(ぉ



3レース目は最終コーナーに移動。宮田来ず。
レース的にはトップが徐々に逃げる展開で後方集団は若干ごじゃごじゃしているけど、どうしても「これ、フルコースだったらなぁ」という感想が先に....いや、ほんとはどうせなら西コースのが面白いかと思ったり思わなかったりするのですが....やっぱし、東コースはやめようよぉ。

ただ、やはりレースそのものはレース終盤にタイヤがそれなりに終わるので、そこでまたやや盛り上がる感じはある。車がぶつかるレースはいろいろ議論があるかと思いますが、このレースはそういうものだと思います。台数も多いしドライバーあんま知らなくても楽しい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/10/27 SuperFormula鈴鹿 | トップ | 2019/10/26 TCRJ鈴鹿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モータースポーツ」カテゴリの最新記事