LOVE STORIES

Somebody loves you-J-POPタッチで描く、ピュアでハートウォーミングなラブストーリー集

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホワイトラブ 4

2014-10-31 13:51:21 | 小説

 4 セントラルパーク
 (から続く)

 白井愛から電話がかかってきたのは、金曜の夜のことだった。
「明日、お暇ですか」
「一応空いてるけど」
「だったら、またお会いしたいです。イサカでもいいですよ、都心からも近いし、私の実家からも近いし。こないだ歩いた時も誰も気づかれなかったし。」
「結構、有名人なんだ。びっくりした」
「何見たんですか」
 僕は、雑誌の名前を告げた。
「やだ、あれ、恥ずかしい」
「でも、お仕事でしょ」
「そう、お仕事」
「またオファーが来ればやるんでしょ」
「ええ、お仕事があるうちが花ですから。嫌ですか」
「別に。僕が決めることじゃない」
「つまらない答えですね」
 なんとなく雲行きがあやしそうになったので、話題を切り替えた。
「駅の裏のイサカヒルズというショッピングモールがあって、その裏にセントラルパークという公園がある。そこの入り口付近のロータリーはどうかな。交通の便はいいけど、人は少ないよ
「バトミントンでもしますか」
「なんでバトミントン?」
「場所どこでもできるし、ボールみたいに飛びすぎないし、私にできる数少ないスポーツだから」
「言っておくけど、僕は強いよ」
「私も負けません」

 まるで盾と矛の話みたいだった。僕の矛で彼女の盾を突いたらどうなるのだろう。
翌日僕の前に現れた彼女は、大きな茶色い縁のメガネに、白い帽子をかぶっていた。白いブラウスに、グレーの膝丈までのスカート。スリムに伸びた足がまぶしかった。
 肩にかけた大きなスポーツバッグから、ラケットを二つと羽根を取り出し、人気のない草地の一角で僕たちはネットのないバトミントンを始めた。
「いつでもどうぞ」
 彼女は、羽根を打ち、僕は打ち返す。それが延々と続いた。100回、200回とラリーが続き、いつまで経っても決着がつかない。何だ、これ?
 少しコーナーに揺さぶってみるが、彼女はしぶとく打ち返してくる。右に振っても、左に振っても同じだった。結構、運動神経いいんだ。いい加減疲れてきた。こうなったら、あれを使うか。
 彼女が高めに打ち返してきたのを見計らって、僕はくるりと前に宙返りしながら、羽根を打ち返した。一瞬、彼女は僕の動きに目を奪われ、羽根を見失った。彼女の足元にポトリと羽根は落ちた。

「何ですか、今の?」
「ごめん、キリがないと思ったから。とっておきの秘密兵器。このへんで休まない?
「ええ。でも、すごいです。何であんなことできるんですか」
「高校時代器械体操やってたから。」
「へえ、運動神経いいんですね」
「球技はあんまり得意じゃないけど。自分一人じゃできないから」
「私も卓球とバトミントンしかできないんですよ」
「要するに、二人とも個人プレイヤーってことかな」
「そうみたいですね。私たち結構相性いいのかも」
 思わずその言葉にはっとした。彼女は、結構人気のアイドルだった。そして、僕はただのフリーターにすぎなかった。その二人がこんな風に時間を過ごしていいのか。幼なじみとか、学校の同級生でもないのに。今に、よからぬことが起きるにちがいない。だから、僕はいつも感情を波立てることなく、クールでいようとした。お姫様に仕える騎士のようなものだ。
「すごい汗ですね。はい、タオル
「汗っかきだから。ほっとけば乾くよ」
「駄目ですよ、風邪ひいちゃいます」
 芝生に腰を下ろし、自分のタオルで汗をぬぐいながら、髪を整えていた。その姿が妙に色っぽかった。
「何見てるんですか。汗もふかないで。駄目じゃないですか」
 彼女は、自分のタオルで僕の額の汗をぬぐい、そして首周りの汗をぬぐった。すごく近くに、息がかかりそうなくらい近くに彼女の存在を感じた。どくん。

 木漏れ日の落ちる初夏の公園を一回りした後で、僕たちはイサカヒルズのパーラーで、パフェを食べていた。
「こんなことしてて大丈夫なの?
「今日は久しぶりのオフですから」
「そうじゃなくて」
「そうじゃなくて?
「いや、なんでもない」
「変なの。でも、楽しかったですよ。まさかあんなウルトラCが出て来るなんて思わなかったし。体操やってた時のこと聞かせてください
「あんまり話したくない」
「どうしてですか?
「怪我をしたんだ。それも大会で」
 床運動で、ロンダートから入り、バク転、そして後方の二回宙返り。だが、欲をかいてそこにひねりを入れて着地でバランスを崩してしまったのだ。
「決まれば格好よかったんだけど。足首複雑骨折して、立てなかった。それだけじゃなくて、苦悶のうめき声あげてうずくまって、そこで試合終了」
「それは大変でしたね。でも、見てみたかったな。シンイチさんの二回宙返り」
 彼女は初めて僕の名前を口にした。
「それっきりだったんだ。高2の冬でさ。怪我が完治する高三の春には、引退の時期が近づいてて
「残念でしたね。でも、またやればいいじゃないですか」
「どこで?
「今はわからないけど、きっとそのうちどこかで」

「シンイチさんて面白いですね、箱の中にいろんな秘密が隠してあって、なかなか出てこない」
「面白くないよ。パンドラの箱を開けば、世界に災いが飛び出すんだから」
 でも、僕の中にはまだ開いていない箱があった。そのことは、彼女に気づかれてはいけない。そう、決して。
「今度は、私の好きな場所で会いませんか」
「どこ?」
「サタケ商店街」
「何、それ?
「知らないんですか、サタケ商店街、結構いいところですよ」

へ)

『ホワイトラブ』目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛
4.セントラルパーク

小説・コミック・ビジネス・哲学まで約300のレビューをストックした神谷昌彦(@kamiyamasahiko)の書評ブログはこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトラブ 3

2014-10-30 15:52:09 | 小説

3 白井愛
から続く)

 たとえアルバイトであろうと、機械的に作業をするだけではつまらない。だから、何か言われた以外のことを僕はやろうとした。こっそりと自分の世界を店の中に築くのだ。それを指摘され苦情を言われたらその時はその時だ。ブックオンでは、著者の五十音順が徹底するように、棚を隅から隅まで回って目を光らせた。一冊でも狂いがあると気分が悪いのだ。同じ著者の著書が多数並んでいる時は、出版社名で揃えた。装丁が共通しているシリーズもあり、タイトルで揃えるよりも見栄えがよいからだ。コンビニのノーソンでも、雑誌の棚や商品の乱れがないようにいつも目を光らせていた。ほんの少し目を離すと、立ち読みで乱雑になってしまう。それを絶えず、元の位置に戻した上、さらに雑誌の大きさや表紙のビジュアルが揃うように工夫するのだ。よれた雑誌は必ず一番上に。みな二番目以下のものを買ってゆくから、よれるのは一冊で十分だ。そんな作業をやっている最中に、ふとあるグラビア雑誌の表紙に白井愛とあるのに気がついた。ほんの一瞬ページをめくり、カラーで彼女のビキニの水着のページを見つけ、あやうく雑誌を落としそうになった。平然と棚に戻し、レジへと戻ったが、心臓はどきどきと音を立てていた。その日のシフトが終わるまで、うわの空で接客し、レジの打ち間違いなど、小さなミスをいくつもした。ふだんの僕にはありえないことだった。

 本屋はとうに閉まっている時間だった。僕は駅の反対側のかなり離れたコンビニで、その雑誌を手に入れた。1Kのマンションに戻るまで、その雑誌を開くことはなかった。部屋の蛍光灯をつけ、横になりながら、雑誌のページを開いてみる。白いビキニのブラの間には、丸く形のいい乳房が太陽の光を浴びて輝いていた。目の前にいた時には、感じなかったボリューム感に驚いてしまった。身長157センチ、体重45キロ、スリーサイズは82、56、84となっていたが、数字以上に大きさがあるように感じた。いつの間にか股間が固くなっているのを感じた。でも、それ以上の行為を行おうとすることを僕は自分に禁じていた。

 心の中に波紋が広がり、彼女の存在は忘れがたいものに思えたのだった。それは恋とは違う何かだった。彼女の顔立ちは丸顔で、それまでの僕の理想のタイプ、ロングヘアで面長で、長身のスリム系とは離れていた。守備の隙間にポトリと落ちてきたテキサスフライのような感じだった。
「友達さ、ともだち、いいともだちでいよう。それ以上近づくとあぶない」

 僕の中で、直感が告げていた。数日前、目の前にいた彼女も、グラビアの中の彼女も無垢の存在のように見えた。見かけほど危険なものはない。芸能界とは、おどろおどろしい魑魅魍魎の跋扈する魔の世界なのだ。開けてはならないパンドラの箱。だから、もう一度彼女と顔を合わせるようなことがあろうと、このうわべの世界の中で、いいお友達を演じきるのだ。そんな風に直観は告げていた。
へ続く)



この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

『ホワイトラブ』目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトラブ 2

2014-10-29 08:06:09 | 小説

 2 ホテルニューイサカ
  
からの続き)

 諸行無常、今を生きろ。明日は明日の風が吹く。

 そんな僕の生活に変化が生じたのもあの財布のせいなのである。

 僕の前には白いワンピースを着た一人の少女がすわっていた。少女と言うのがはたして正しいのかどうかわからない。ひょっとしたら、僕と同じ年、あるいは年上で二十歳に近いのかもしれない。それでも少女という言葉しか思い浮かばなかった。一見すると、ごく普通のどこにでもいそうな女の子である。しかし、目鼻立ちが妙に整っていて浮世離れしていた。声のトーンも高めなのだが、小鳥のさえずりのように、天上的な響きがあった。その半径1メートルが、異次元に続くホワイトホールになったかのように。

「ここ眺めがいいですね、それに座ってるだけでぐるりと回転して景色が変わるなんて素敵です」
 
川の向こうには霞がかかったように、東京の街が見えた。そこはホテルニューイサカ最上階の回転展望台だった。一時間で360度回転するしくみで、昼間はカフェテリア、夜はバーとして利用されていた。

「このたびは、本当にお財布拾っていただいてありがとうございます。現金以外に、クレジットカードや保険証まで入ってて本当にあわてちゃいました。よかった。本当にいい人に拾われて」
 
 いい人という言葉が、僕の神経をちくりと刺激した。いい人、そう、その中には、面白味のないやつという響きをずっと感じていた。もちろん、彼女にそんな悪意はみじんも感じられなかったのだけれど。
 彼女は、カラフルな装飾の施された白い名刺を僕の前にそっと差し出す。

そこには、(株)エトワール所属 タレント

白井愛 (しらい あい)

と書いてあった。

「タレントって、テレビドラマとかに出てるあれ?」
「ドラマの仕事だけでなく、CMの仕事、アニメの声優、それから歌のお仕事までいろいろ手広くやってます」
「へえ、随分マルチな才能を持ってるんだね」
「マルチだなんて、とんでもない。ただ来た仕事をえり好みしている余裕がないだけですよ。一種類の仕事だと波があって、なかなか安定しないんです。山本さんは、何をなさっているんですか」
「僕はただのフリーターですよ、朝は牛丼屋、昼は古本屋、夜はコンビニでアルバイトをやっている」
「やっぱりマルチじゃないですか」
 彼女はくすりと笑った。
「一種類の仕事だと波があって、なかなか安定しないもので」
 彼女は、この世離れした白い歯を見せ、大笑いした。
「あはは、山本さんて、面白い」
 面白いと言われたのは、これが初めてだった。
「山本さんて呼び方はなんか嫌だな。オッサンみたいで」
「じゃ、信一さんで」
「できればカタカナがいいな。」
「何でですか。会話じゃどの字だかわからないじゃないですか」
「そこは、気持ちだから。」
「なるほど。気持ちですか」
 彼女は、軽やかな声でよどみなく話し、僕が若い女性とこんなにも長い時間意気投合して話したのは初めてだった。あるいはそれが彼女のタレントしての話術、当意即妙の才だったのかもしれない。そして、僕はこの時、自分がやっている会話の意味をまるでわかっていなかったのだ。
「それじゃ、これ、わずかですけど」
 彼女は、二枚の一万円札を僕の前に差し出す。
「いいよ、それに二割としても十万円も入ってなかったはずだし」
「でも、クレジットカード使えば何十万もおろすことだって可能ですし」
「今時、足のつきやすいクレジットなんて手をつけるのは、犯罪者でもバカですから」
「そうかもしれないけれど、この財布お気に入りで、とても大切にしていたものだし」
「だから、ここの代金そちら持ちでってことで」
「それでいいんですか」
「それでいいのだ」
「やっぱり山本さんて面白い」
「シンイチだってば」
 ぺこりとお辞儀をしてから、彼女は別れ際にこう言った。
「いろいろありがとうございました。今日は本当にお話しできてうれしかったです。また、ご連絡してもよろしいですか」
 それなりに楽しい時間を過ごせたので、メアドの交換をした後、僕は何の気なしに言った。
「別に、いいけど」

 某放送局の集金が嫌で、僕は田舎を出てから部屋にはテレビを置いていなかったし、携帯もガラケー、パソコンも持っていなかった。だから、芸能界のことはまるで疎かった。彼女のことも、どうせ駆け出しのタレントくらいに思い、軽い気持ちでそう言ったのだった。

へ続く)

この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

『ホワイトラブ』目次
1.プロローグ
2.ホテルニューイサカ
3.白井愛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトラブ 1

2014-10-28 22:22:54 | 小説

1 プロローグ

 その赤いサイフの中央には、白いハートの模様があった。

 あなたは、財布を拾った時、そのまま交番に届けるだろうか。それとも、ちゃっかり懐にしまいこみ、明日の生活費に充てるだろうか。

 決して裕福な生活をしているわけではないのに、僕はそれを中身も改めることなしに交番に届けてしまった。なぜなら、それ以外のやり方を知らなかったからだ。拾ったところが誰かに見られたわけではない。だから、こっそり中身の現金だけ抜き取り、後は川の中にでも捨ててしまえば、発見されることはないだろう。しかし、わずかなお金のせいで、万に一つでも警察の人がチャイムを鳴らし、あなたは財布を拾ったのに届けずに、お金を着服しましたねと言われるかもしれないと、毎日寝覚めの悪い思いをするなんてまっぴらだった。だから、交番に届けた、それだけのことだ。ここから物語は始まる。

 僕の名前は山本信一、昔から山本君はバカ正直で、信用第一なのよねとからかわれてきた。同じ信一でも、新一なら名探偵になれたかもしれないし、真一なら若くして将来有望な指揮者になれたかもしれないが、僕には名探偵の才能も、クラシック音楽の才能もなかった。とかく気の利かない人間で、正直だけが取り柄、そんな人間であり、ときどき自分が、この平凡すぎる名前の呪縛に囚われているのではないかと思うことがある。

 僕の毎日は、朝の牛丼屋のアルバイトから始まる。「くまのん」というマスコットが人気の熊野家というチェーン店で、朝8時から昼の12時まで店頭に立ち続ける。牛丼をレシピに沿って作り、客に出し、お会計を済ませるだけの簡単なお仕事だ。この仕事のメリットは、まかないの牛丼を仕事が終わった後で食べられる点だ。

 午後1時から5時までは、本のリサイクルショップ、BOOK ONのカウンターでアルバイトをしている。あなたのハートにBOOK ON!というCMでおなじみのあの古本屋である。カウンターでのレジ業務が中心で、ときどき本の整理や入れ替えをしたり、値札を貼ったりの作業をすることもあるが、まだ買取の業務は任せてもらえない。こんなアルバイトの仕事にも、年季によっていくつものランクがあるのだ。この仕事を始めてから、僕は本好きになった。とても立派な本がこんなに安く手に入ることに驚いた。買取値はさらに安い。ときどき、客となって本を買って帰ることもあるが、それは百円均一の単行本や文庫、それにコミックに限られている。

 夜7時から11時まではコンビニのNO-SON(ノーソン)でレジに立つ。遅い時間帯の方がコンビニは時給が高いし、賞味期限切れの弁当を持ち帰ることで夜の食費がいらなくなる。

  一日12時間労働のセルフブラック企業である。同じ職場で長時間働かないのは、飽きるからである。飽きるとたちまち姿勢が崩れて、クレームを食らうことになる。それに何か店で嫌なトラブルがあったとしても、次の職場に行けば気持ちが切り替わる。一つの業務に縛られ、頭が回らなくならないためには、必須のリスクヘッジなのだ。

 そして、土曜日曜はしっかり休みを取る。その間に何かするあてもない。ただ一日中こもって本を読む。あるいはぶらりと出かけて周囲を散歩する。駅裏の丘の上にあるセントラルパークはお気に入りのコースだ。
 とは言っても、他にスタッフがいない場合には、土曜日曜も返上して働くことがある。但し、今後のシフトに影響するから時間帯は変えない。無理は聞く代わりに、道理は通す。それがブラック企業全盛時代の処世術なのだ。
 
 田舎から出てきて一人暮らしを始めた僕にとって、ほとんど友人と言える友人はいなかった。高校時代は何人か一緒に遊ぶ相手はいたが、皆あちこちの大学へ進み、その後連絡を取らなくなった。アルバイト先では、こまめに会話に努めるようにしているが、会話が弾んだとしても、プライベートにまで持ち越すことはない。明日あるかどうかわからない仕事に、余計なしがらみは禁物だ。諸行無常、今を生きろ、だ。

へ続く)

この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加