かみなり

心臓に人工弁を、耳に補聴器をしている昭和23年生まれの団塊世代です。趣味は短歌です。日々のよしなしごとを綴っていきます。

台風のさなかも通勤、通学の必要はあるのでしょうか?

2019-09-09 18:31:53 | ブログ記事
ニュースで首都圏の駅の混乱を見ていて、そう思いました。

勢力の強い台風だからと、交通機関が運休にしているのに、
駅は通勤しようとする人、通学しようとする人がごった返していました。

こんな嵐の朝も通勤したり通学したりしないといけないのでしょうか?

話は変わりますが、

昨日テレビで観た大槌町の町役場で多くの犠牲者が出たという番組の映像では、
地震のあと、津波がくるかもしれないのに、大勢の職員が役場の外で作業したりしています。

三陸地震は繰り返されていますから、
地元の人達には大きな地震のあとには津波がくるということはわかっていた筈なのに、
すぐに逃げなかったのは、どうしてだったのでしょう?

私が最近読んだ吉村昭の小説『三陸海岸大津波』でも過去の津波が詳しく書かれていました。

地元の人なら、親戚の人達から津波の話は聞いて知っていると私達は思うのですが、
そうでもないのですね。

地元の人達にも寺田虎彦の「災害は忘れたころにやってくる」の警句通りのようです。

人は災害を忘れがちではあるけれど、忘れてはいけないのですね。

で、今回の台風に対する対応ですが、
これは、「忘れた頃に~」ではありませんが、しかし、対応がまずいとは思いました。

これは、大槌町の役場の職員の方が大勢亡くなられたことと、
どこか通じるのではないでしょうか。

津波にせよ、台風にせよ、一番優先するべきは人の命だと思うのですが、
現代人は、そこらあたりが鈍っているのでしょうか?



★台風のさなか通勤通学をせむとせる人そをさせる人

★大自然おそれる気持ち失ひて嵐のさなかも右往左往す
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 台風のお見舞い申し上げます | トップ | これからは年金を当てにしな... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2019-09-10 09:34:59
日本人って真面目なんですよ。
どの災害の時だったか忘れましたが、最後まで避難の放送をしていてご自分は逃げられず命を落とされた方も。
特に役所関係、消防・警察の方は国民の命を守らねばの責任感の強いかたが多いです。

でもご自分の命も大事にしてほしいとは思います。
Unknown (viva)
2019-09-10 09:43:58
ビコ様、おはようございます。

わたしも、
ニュースで首都圏の駅の混乱を見て
ゾッとしてそう思いました。
私なら、お休みます。
のん子さんへ (びこ)
2019-09-10 10:39:12
コメント、ありがとうございます。

その最後まで非難の放送をして逃げ遅れて亡くなったのは東北大震災でした。それを美談のように放映していましたが、私は、まだ若い人なのだから逃げてほしかったです。

今回の台風のニュースでも、出社あるいは登校しようとしている人達を見て、どうぞ命を大切にと思わずにはいられませんでした。

真面目なのは日本人の美徳ですが、しかし、若い人には命を粗末にしてほしくありません。
vivaさんへ (びこ)
2019-09-10 10:42:08
コメントありがとうございました。

私もぞっとしました。同時に可哀想にも思いました。

若い人には会社より命を大切にしてほしいです。

会社のほうも従業員の命を一番に考えていただきたいです。
奴属意識と自虐的気質の賜物? (象が転んだ)
2019-09-10 14:53:16
長く続きすぎた奴属意識や自虐的気質の賜物?でしょうが。不安遺伝子を持つ日本人の悪い癖ですね。近年のボランティアを見ても、その傾向は露骨に出てます。

そういう私も地元消防団にいた頃は、台風で自宅を優先してたら、分団長に怒られた。”会計のくせに肝心な時はいない”と。それで辞めたんですが。

この事を市の消防本部に問うたら、”そんな消防団は直ぐに辞めた方がいい、本来消防団てなくてもいいのよ”って。アララ〜(笑)。

何でもそうですが、度が過ぎると取り返しのつかない事になりますね。
転象さんへ (びこ)
2019-09-10 15:30:29
日本人って帰属意識が強すぎますね。家庭より何よりまず職場ですから。昨日のNHKニュースで観た駅の混雑も異常でした。出勤しようとしていた皆さんは、お疲れになられたでしょうね。しかし、こうして出勤しないと後でいろいろ言われることもあるから、無理したんだと思います。悪いのは、こういう国民性かもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ記事」カテゴリの最新記事