虫採り日記

2014年は(たぶん)内地で虫採りします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セダカとタニグチ

2014-09-15 18:38:57 | Weblog

秋の採集といえば、やはりコブ叩き。高校生物部のOB会で、セダカとタニグチを同時に採れると有名な採集地に行ってきた。

3連休の強烈な渋滞に加え、採集地にアプローチするための林道はすごい悪路。天気も景色も良いが、なかなかしんどい移動。

この時期では、まだ条件の良い枯葉つきの落ち枝はすくない。

ササに引っかかっている枯葉を丁寧に見ていく。

叩いてしまうと周囲の枯葉を揺らしてしまうので、ルッキングで見つけるほうが効率が良いみたいだった。枯葉には食痕が良く付いていたので、個体数は多いもよう。

タニグチ。黒紋が美しい。

セダカはあまり個体数が多くないが、富士山のものとは印象が違う。全体的に白っぽい(下の写真のほうが実際の見た目に近い)。


熊の爪でできた樹皮の隙間に、ヒメオオクワガタ。なかなか良い型。


コブもそこそこ採れたし、終始天気も良く、楽しいOB会だった。
次はいつになるかなー。

アドバイスをくださったびおすけさん、ありがとうございました!

コメント (2)