虫採り日記

2014年は(たぶん)内地で虫採りします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊平屋島

2012-11-27 14:33:42 | Weblog

三連休は、沖縄県最北の離島、伊平屋島へ行ってきた。釣りメインで、虫でも遊ぼうという計画で、釣り部メンバーに加えてエゾミヤマも参戦。

初日は午後の便で運天港を出航。時間ぎりぎりであせったが、何とか間に合った。

この日は天気が悪く、荷物をしっかり入れてあったにもかかわらず、テントを飛ばされたり釣具を飛ばされたりと悲惨。とにかく風が強い。

夜は諦めて仮眠をとり、2日目の夜明け前の満潮から勝負。ポイントについて1投目で激しいアタリがあり、上がってきたのは良型タマン!

62cm、初の良型だったのでめちゃ嬉しい。

明るくなってからは、もう一つの目的であるガゼラエンマを探す。

牧場で牛の落し物をほじほじすると、すぐに出てきた。

カッコいい!体格のいい♂は角がしっかり発達していて素晴らしい。

こちらは♀。圧倒的に個体数が多かった。

牛糞をひっくり返して喜ぶ怪しい男たち。糞はかなり鮮度が良いものでなければ入っていないようだ。いるところにはたくさんいるが、それ以外は全くという感じ。個体数は多くて、相当数採れた。エゾミヤマも満足した様子。

2日目の夜はこんな感じの場所で釣ってみる。

リーフの入り方素晴らしく、パッと見ていかにもタマンが好みそうな海岸。

夜明け前の月が隠れた時間帯に、もっさんの竿にタマンがヒット。こちらも63.5cmと良いサイズで、引きもかなり強かったそうだ。

念願の初タマンに喜ぶもっさん。こちらも嬉しくなってくる。

おめでとう!

この後、後輩も50cmクラスのタマンを釣り、久しぶりに良い釣行となった。

美しい日の出。最終日はとても良い天気。

最後に観光。クマヤ洞窟や念頭平松などの名所を見て回った。


レンタカーにじゃれついてきた山羊。凄い勢いで追っかけてきた。

地元の釣りっ子にエギング指南中の後輩。

とても楽しい3連休になった。伊平屋島は凄く良いところで、是非また訪れたい。

参加者の皆さん、お疲れ様でした!

コメント

ヒメフチ

2012-11-17 13:03:46 | Weblog

ツーリングの記事も終わったので、今度は水生昆虫ネタ。

先日、後輩たちがヒメフチトリゲンゴロウを採りに行くというので付いて行ってみた。

水草がびっしりと生えているが、こういうところで採れるんだそうだ。

数は少ないみたいだが、採れていた。大きくてカッコいいゲンゴロウだな・・・。石垣島で探そうと思っていたのだが、いろんな方に薦められていたポイントが整備され、水草が全く無くて採れなかった。

沖縄本島のヒメフチは珍しいが、探せばいろんなところにいるんだとか。人の目に付かないため池なんて無数にあるから、実際は結構いるんじゃないかなぁ・・・。

 

3連休天気よくならないかなー。

コメント

夏休みツーリング まとめ

2012-11-15 00:50:14 | Weblog

最高の旅だったぜ!

 



九州編

① 鹿児島(指宿・開聞岳・枕崎)

② 鹿児島(霧島・えびの高原)

③ 熊本(橋いろいろ)

④ 熊本(阿蘇)

⑤ 熊本(阿蘇)

⑥ 熊本・大分(阿蘇~大分港)

 




 

北海道編

① 北海道上陸 千歳・支笏湖・洞爺湖~留萌

② オロロンライン・ノシャップ岬

③ 宗谷岬・宗谷丘陵・エサヌカ線

④ 知床半島

⑤ 知床~根室

⑥ 納沙布岬・開陽台・屈斜路湖

⑦ 屈斜路湖・摩周湖・神の子池

⑧ 美幌峠・阿寒・ナイタイ高原・帯広

⑨ ナイタイ高原・青い池・富良野~美瑛の丘

⑩ 旭川・旭山動物園

⑪ ジェットコースターの道・小樽

⑫ 北海道最終日 余市ウイスキー工場・苫小牧

 

 

コメント (2)

終・夏休みツーング!

2012-11-14 23:08:25 | Weblog

北海道編⑫


長かったツーリングも、ついに滞在最終日。最後の一秒まで楽しむぜ・・・!


最終日の朝も、残念なお天気。まぁ予報どおりなので気にせずに出発する。この日は、私のたっての希望で余市のウイスキー工場へ向かう。

小樽の市場で朝飯を食べて、腹を満たしてから国道5号へ。

少々迷ったが、目的のニッカウヰスキー余市工場に到着。

ウイスキー作りの様々な行程を見学できる。解説も細かく、とても面白い展示だ。

工場の部分は立ち入り禁止だが、実際に作業をしているので、様々な香りが飛び交っていて楽しい。

原酒の香りを体験できる。

おもしろい!ウイスキーには全く詳しくないが、なんだか勉強になった気分。

本当は、ここの無料の試飲コーナーが素晴らしいことを聞いて、そのために一泊する予定だったのだが・・・。予定を早めたことで宿+飯代が浮いたと考えて、試飲は我慢して工場限定のウイスキーを購入。

販売されているウイスキーは香りを試せるサンプルが置いてあり、一番気に入ったのを選ぶ。

ちなみにほかに購入したアップルワインケーキも凄く美味しかったのでお勧め。

ウイスキー工場見学も終了。函館を目指す友人とはここで、互いの旅の安全を祈ってお別れとなった。残りの旅も楽しんでくれ!


私は札幌、千歳を経由して、苫小牧港をめざす。ありがたいことに、雨は止んで少し晴れ間も見えるくらいだ。途中のホクレンでイエローのフラッグを入手し、友人が手に入れてくれたレッドもあわせて四色全てそろえることが出来た。

北海道ツーリングの始まりと終わりの場所、苫小牧に入る。これからツーリングに出かけるのであろうライダー達とすれ違いながら、ターミナルに到着した。

乗船手続きや買い物を済ませてから、濡れてしまった荷物を乾かしておく。時間があったので埠頭をぶらぶらしてみる。

今回は「さんふらわあ ふらの」。北海道ツーといえば「ふらの」のイメージだったので最後に乗れて嬉しい。

埠頭ではイワシ釣りをしているおじさん数人や、家族連れがいた。ぼんやり眺めていると、素晴らしいツーリングが出来て満足だとか、いよいよ終わりかぁ・・・という寂しさもあり、なんだか複雑な気分になった。

時間になり、バイクを移動させる。同じ便で帰るライダーさんたちが徐々に集まってきて、色々と話が盛り上がった。

船に乗り込み、定刻どおりに出航。

 

さようなら北海道!また来るぞー!

 

約一ヶ月に渡り、九州・北海道をバイクでツーリング。ずーっと楽しみにしていた旅の終わりに、最高の充実感に包まれながら2012年の夏休みツーリングは終了。

バイクで走りながら出会った素晴らしい景色、人との出会い、美味しい食べ物や温泉など、数えればきりがないほど、凄い体験の連続だった。

九州・北海道のライダーハウスや、お会いしたライダーの皆さん、エゾミヤマ家の皆さんをはじめ、お世話になった方々に感謝!素晴らしい経験をさせていただいた。愛車のVTRも、トラブルもありながら頑張って走ってくれたおかげで、楽しいツーリングになった。

そして、一緒に走ってくれたダイキ、お疲れさま、そしてありがとうございました! 

バイクの旅は最高の旅!

 

おわり

コメント

続・夏休みツーリング!

2012-11-14 21:48:29 | Weblog

北海道編⑪

 

エゾミヤマ家の皆さんに見送られ、上富良野を出発。お陰さまで、天気が悪かったにもかかわらず、素敵な思い出となる二日間を過ごすことができた。本当にありがとうございました!

天気はイマイチだが、この日は一気に小樽まで走る。

が、その前にもう少しだけ美瑛を楽しむ。まずはジェットコースターの道。ここは天気が良いうちに走っておきたかったが、いつかまた来る時のため、下見もかねて行って見る。

おおおーすげー・・・

適度なアップダウンがジェットコースターのような浮遊感を生み出しているようだ。快晴であればさぞかし気持ちの良い道だろう。

友人は、青い池を見ていなかったので寄ってみるが・・・

二日前の美しさは見る影も無いが、こればっかりはどうしようもない。

十勝岳の山腹にある、吹上温泉という無料の露天温泉で体を暖めることに。ここもなかなかワイルドなロケーションで、晴れていればなかなか良さそう。他にもお客さんがいたので写真は割愛・・・。

温泉から上がる頃には、かなり強い勢いで雨が降っていた。そこらへんは諦めて、小樽方面へバイクを走らせる。長い上に特に何も無かったので、道中の様子は割愛・・・。

小樽に到着!

小樽は非常におしゃれな町で、できればゆっくりと歩いて回りたいところだ。ルタオ本店ですこし買い物をしてから夕食へ。

ニューなるとというお店で若鳥の丸揚げを食べる。

サクサクの皮とジューシーな肉、ボリュームもあってうまい。ビールが欲しくなるな・・・。量があるので少々飽きるが、一度食べる価値はあると思う。店員の態度は最悪だったので、それは残念。

夜は小樽運河のライトアップを眺めてみる。レンガ倉庫が映りこんだ運河は風情がある・・・やはり綺麗!だが野郎二人で来る場所じゃあなかったぜ・・・。

この日の宿は、「小樽温泉オスパ」。健康ランドのようなところで、深夜料金を払えば仮眠できるというシステム。温泉はナトリウム系でちょっと染みるけどなかなか良い。

到着してしばらくゆっくりしていると、駐車場に何度か見たバイクが止まっているのを発見。オロロンラインから何度かお会いしていたライダーさんだった。まさか、こんなところで会うとはね!と少し談笑。この日の深夜便で帰るそうで、北海道を走りおわったライダーさんからは、充実感がにじみ出ていた。

また、どこかでお会いしましょう!と別れを交わし、見送る。お気をつけて!


夜食(?)に、ルタオで買っていたケーキを食べる。有名なドゥーブルフロマージュはもちろん、林檎のエクレアがとても美味しい!

 

大満足。


ケーキを食べながら、翌日の予定を考える。本当は、明日もう一泊して、ニセコ方面を回ってから帰る予定だったのだが・・・予報によるとしばらく天候の回復は見込めないようだ。

ここまで北海道を回ってきた充実感と満足感が、十分すぎるほど感じられた事もあり、思い切って翌日の便で東京に戻ることにした。友人はもう数日、道南方面を回るとの事。

長かった今回の夏休みツーリングも、いよいよ終わりと思うと、やっぱり少し寂しいもんだなぁ・・・。

つづく

コメント

続・夏休みツーリング!

2012-11-14 01:07:26 | Weblog

北海道編⑩


この日は予想通り、朝からぱらぱらと雨。美味しい朝食を頂きながら、一日の予定を立てる。

晴れていれば、引き続き美瑛・富良野を回りたかったのだが、この天気ならと、エゾミヤマも一緒に旭山動物園に行くことにした。ご好意に甘えて車をお借りしたので、雨に濡れずに行動できる。

行きの道すがら、お勧めの花園があるという事で寄道。

素晴らしい。曇りでも花は綺麗だなー。

有名なぜるぶの丘にも寄らせていただく。こちらも鮮やかな花々が素晴らしく、曇天だがなんだか晴れやかな気分になる。

三国峠周りで旭川に向かっている友人や、前日会った二人も合流するという事で、皆で旭山動物園に集合。

沖縄の美ら海水族館と並び、全国でもトップクラスの人気動物園。この日も天気が悪い中、たくさんの人が訪れていた。かつて「いまにも潰れそうな感じ」の動物園だったとは信じられない。

ペンギンのコーナーは大人気。

動物園は久しぶりだったので、いろんな生き物を見れて単純に楽しい。

動物好きの友人もはしゃいでいる。

アザラシのコーナーもやはり人気で、お客さんは喜んで写真を撮っていた。アザラシはかわいいなあ(横のはともかく)。

沖縄の大学に通う5人組みが北海道の動物園を見て回るってのは・・・なんだか妙な感じ。面白いけど。

こちらも人気者のしろくま。そういえば鹿児島でアイスのしろくま食べ損ねたなぁ・・・。

こういう一見地味な展示も好き。色々と工夫がしてあって、説明文も面白い。そして、このシマソイはかなりでかい。うまそう。

水中トンネルのようなブースもあって、ペンギンが泳いでいるところをしたから見上げることが出来た。美ら海にも同じような展示があったな。

アホか。

館内のいろんなところに、「あらしのよるに」の絵本で有名なあべ弘士さんの絵が描かれていた。

お昼を過ぎたあたりで、かなり雨が強くなってきた。

レッサーパンダも雨に濡れて寒そうだ。

旭山動物園はとても面白い。流石に人気なだけあって、工夫が色々なところに見られるいい展示だった。次は雨の無いときに、ゆっくりと見て回りたいと思う。

昼食は友人の希望でラーメン。蜂谷というお店に行く。

焦がしラードというらしい黒い脂が特徴的な、スモーキーな味わい。好き嫌いが分かれそうだが、私は結構好き。

遅めの昼食を終え、ロードスターの2人とは旭川でお別れ。私と友人は今夜(も)お世話になるエゾミヤマ宅へ。

上富良野の「フロンティア フラヌイ温泉」に行って体を暖める。ここは源泉を加温した通常の湯に加え、低温の源泉をそのまま使った冷泉があってこれが素晴らしい。低めの温度が好きな私にはたまらない温泉で、ダラダラとずーっと浸かっていたくなる。

露天風呂などの派手さは無いが、地元のお客さんがかなり多いことからも、良い温泉であることがわかる。お勧め!

この日もおいしい夕食をご馳走になり、楽しい時間を過ごさせていただいた。翌日は雨天の長時間走行を予定していたので、この日は早めに就寝して備えることに。

バイクに全く乗らなかったが、楽しい一日であった・・・。

つづく

 

コメント

続・夏休みツーリング!

2012-11-08 23:26:29 | Weblog

北海道編⑨


ツーリングの続き。


北海道ツーリングもいよいよ終盤。この日は友人と別れ、私はナイタイ高原にもう一度寄ってから富良野・美瑛方面へと進む。

この日も良い天気。しかし予報では翌日以降が最悪なので、最後になるかもしれない快晴を楽しむ。

ナイタイ高原で遊んだ後、高速に乗って占冠までひとっ走り。そこから快適な237号で北上する。富良野付近で少し混んだが、予定通り上富良野に到着した。というのも今日のお宿は上富良野なのだ。北海道出身のエゾミヤマが、ちょうど帰省していたので、図々しくもお願いしてお家に泊めていただくことになった(しかも2泊も・・・)。

エゾミヤマ家でコーヒーを頂き、少し休憩。

荷物を置かせてもらい、身軽になって目指すは青い池。工事で美瑛川がせき止められて出来た湖だそうだ。ついてみると、凄い数の車・・・こんなに有名な観光地だったのか・・・。

遊歩道も完備。歩いていくと早速、空色の綺麗な湖がみえてくる。

おおお・・・

めっちゃ綺麗じゃん!

人が多くて雰囲気も何も無いが、そんなことはどうでも良くなる美しい眺めだ。いいものを見た。

美瑛に入り、楽しみにしていた丘巡り。

ケンとメリーの樹。これは特に感動もなく通過。

セブンスターの樹。コレも別に・・・。しかし美瑛の丘の鮮やかな緑、黄色、枯れ草の薄茶のパッチワークは素晴らしい。遠くに見える十勝岳も雄大だ。

低いところを飛行機が飛んでいた。

奇遇にも、琉大釣り部の友人(北海道出身)が帰省がてら北海道を回っていて、くりりんも何故か便乗して旅行に来ているというので、千代田の丘で合流することにした。

友人のロードスターと一緒に撮影。

しばしの談笑の後、翌日も合流することにしてお別れ。エゾミヤマ宅に戻る。夕食までご馳走になったのだが、お庭でとても美味しいジンギスカンを頂いた。

ほとんど食べちゃった後に気づいて一枚。美味しくて撮影を忘れていた。夕食後も、家族団欒の時間をご一緒させていただき、内地や沖縄では信じられないような北海道の色々なお話が、とても面白かった。

和やかな時間に、すっかり寛いでしまい気づけば夜も更けていたので、そろそろ就寝。久しぶりのふかふかお布団の効果は抜群だった・・・zzz。

つづく

コメント

やえまる短編

2012-11-07 22:35:23 | Weblog

先週末は石垣島へプチヤエマル遠征。今年は行くつもりは無かったのだが、去年のヤエマルの写真を見ていると楽しい思い出が蘇ってきたので、後輩のヤエマル採集に便乗することにした。

天気が心配された週末だったが、採集中はなんとか降られずに済んだ。

今年はヤエマルが大不作のようで、かなり厳しい採集になった。一生懸命歩き回っても、全然見つからず、私はなんと小歯の♂1頭しか採れなかった。残念。

お会いした虫屋さんたちも、あまり採れていなかった様子。

対マルバネの戦績が素晴らしいエゾミヤマは、今回もやってくれた。周りが軒並み小歯のなか、65mmはある立派な大歯をゲット。

かっこいいなー。おめでとう!

今年はオキマルも素晴らしい大歯を採っていたし、相性が良いんだろうな。


沢にはヘビが多くて、いろんな種類を見かけた。日中はおなじみのカンムリワシも。

ピントが・・・

曇っていても石垣の海は綺麗。いつもの場所でポーズのジェノサイド。

雨が降ってきたので急いで車に戻るエゾミヤマ。

いつも寄っている「力」で今回はメンチカツを食べた。美味かった。

川平のお店のジェラードも。

成果はあまり上がらなかったが、なかなか楽しい石垣行だった。しかし今回は疲れたなー・・・やはり森の中を歩くのは体力勝負。帰ってきてから筋肉痛が辛かった・・・。

企画・運転のジェノサイド、エゾミヤマをはじめ、参加者の皆さんお疲れ様でした!

次はどこにいこうかな・・・

コメント (4)