虫採り日記

2014年は(たぶん)内地で虫採りします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台風

2010-10-28 12:31:52 | Weblog
沖縄に台風が接近して、凄い事になっている。
授業が休講になるのはありがたいが、どちらにしろどこにもいけないな・・・。




ひぇぇ・・・凄い風・・・。
台風が通り過ぎたらチョウでも採りに行こうかと思っているが、この時期でもまだ大丈夫なのだろうか?

昨日は沖縄昆虫同好会の例会。早稲田大の教授で、テレビでも活躍のカミキリ屋、池田先生が参加されていた。面白いお話をいろいろ聞けて楽しかった。
いい気分で部屋に戻ると、9時を過ぎていた。

「相棒」の最初のほう見逃した。ひぇぇぇ・・・orz
コメント

連休

2010-10-13 16:40:17 | Weblog

連休は、虫採りと釣りと山歩きに行ってきた。

連休初日はY-zoさんとマルバネ採集。
残念ながらこの日は路面が結構ぬれていた事もあり、マルバネは採れず。



変わりにケナガネズミが出てきてくれた。樹上性で、日本最大のネズミだ。
林道に降りてくると、ぺたぺたと歩き回る姿が可愛らしい。2年位前から急に数が増えて、見る事ができるようになったそうだ。



こちらはヤンバルクロギリス。割と珍しいそうだが、林道を流しているとたまにみつかる。

この個体は後脚が欠けてしまっているが、完品も採れた。しかし直視の標本は腹を抜かなければいけないのが難点だ。内臓を取り除かなくても標本に出来る方法もあるのだろうか・・・?

この晩もとても冷え込み、窓を開けっぱなしにしておくと寒すぎるくらいだった。



連休二日目は釣り部のイベントで泡瀬一文字へ。

一文字とは沖にある防波堤の事で、釣りの良いポイントになる。
今回は東海岸の泡瀬漁港から船で一文字へ渡って、釣りの部内大会だ。



早朝4時半集合。前日のマルバネ流しから寝ていないので、眠さを通り越して妙なハイテンションになってしまった。
船に乗っている最中に日の出を迎える。あっという間に明るくなり、泡瀬一文字に到着。



連休ということもあり、人はかなり多い。
一文字の中央辺りに荷物をまとめて、各自好きな釣りを始める。



フカセ釣りのM先輩。



良いサイズのアーガイやヒレーカーを連発していた。



さすが沖縄、かなり変な魚もバンバン釣れる。
でもあんまり嬉しくない。

午後3時ごろまで釣りをして、みんなそれなりの釣果を上げていた。



釣果の一部。アーガイとグルクマーが多かった。
それぞれ食べたい魚を持って、一時解散。

夕方から再集合して那覇へ。夜は部長交代式を兼ねた飲み会だ。
部長交代式という事で、いつもよりちょっと良い飲み屋。とても楽しかった。


連休三日目は生物クラブに発足した山班で登山。
登山と入っても沖縄の山は2,300m程度なので、のんびりと山歩きといった感じ。

この日は撮影をコウベシショウ先輩にお任せしていたので写真は無し。
登頂ルートがかなりいい加減で、結構歩き回ったが、探検しているみたいで楽しかった。
帰りに県内最大のオキナワウラジロガシを見物してから帰路についた。



充実した連休だったが、ほとんど休み無しで動いていたので、今週末はゆっくり休もうかな・・・。

コメント (10)

10月・・・

2010-10-05 02:31:39 | Weblog
一ヶ月ちょっとの夏休みを経て、怒涛の琉大祭もおわり、6日から授業が再開。

沖縄も夜はかなり涼しい日も増えてきた。体調に気をつけつつ、後期も頑張らないとな・・・。



画像はオキナワマルバネクワガタ。オキマルの一般的な採集は、低速でひたすら林道を流すというもので、これが結構辛い。その分採れたときの喜びはなかなか良いものだった。

大歯型が採りたいので、また行くかも知れないがマルバネはそろそろ終盤のようだ。
コメント (2)