虫採り日記

2014年は(たぶん)内地で虫採りします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

房総玉砕ツアー2008

2008-02-10 13:42:42 | 採集記
久しぶりの採集は房総のオサ掘り。しんちゃんさん、まさパパさん、まささんと出撃。
まささん方とお会いするのは久々だ。

朝、まだ暗いうちに駅で待ち合わせ、そのまま高速に乗って千葉を目指す。


早めについたので時間を潰していると、まさパパ号が到着した。

「おはようございます・・・。」

皆でしんちゃん号に乗り込んで出発。
今回は「玉砕ツアー」と銘打つだけあって当ても無く彷徨いつつヨサゲな場所を探すというプラン。

何箇所かチェックしたあと、やっと採集開始。
各自林内に突撃して良い崖&良い倒木を崩したりしてみる。

カニ、ムカデ、シュレーゲル、サンショウウオ・・・。



サンショウウオは欲しかったのでキープ・・・早くも外道_2008の誕生か・・・?

良い感じに粘土質な根土を発見!


ガツガツ・・・ガツガツ・・・

お、アカオサでた~!


アカオサムシ Carabus (Ohomopterus) insuricola nishikawai (Ishikawa, 1966)

あれ、あんまり赤くねぇや・・・まぁ、いいか。
1頭採れたので安心して林から出てみると、まだ皆さん掘っている最中のようで、林内のアチコチから音が聞こえる。

んじゃもう一頑張り・・・と、まさパパさんがいらっしゃったのでアカが1頭採れたこ
とを報告。さっきの根土で追加を求めて掘るも、それ以上出てこなかった。

「外道しか出ェへんなァ。」


移動しますか・・・。


一箇所、非常に良い崖を見つけたのだが、明らかに掘っちゃダメ感満載の場所だったのでその場所を回避して周辺で掘り開始。

まささんはアワカズサオサムシを数個体破損させてしまったらしい。

まさ「打率良すぎじゃね?」

その後はアワカズサを、まさパパさん、しんちゃんさんがゲット。私とまささんは奥に進んで良い崖を探してみる。

ちょこっと掘ってみると、すぐにアワカズサが出てきた。

アワカズサオサムシ Carabus (Carabus) lewisianus awakazusanus


まささんまだ高打率をキープしているようだ。
「またやっちまったorz」

「あ、アカオサでました・・・いります?」

「足一本取れてるしw」

「あ、アワカズサ、今度は大丈夫っぽいw」

「でもちっさ・・・。アワカズサってルイスよりでかいんじゃないの?」

「そんなもんじゃないですか?」

その後も掘り続け、結構な数のアワカズサと、数頭のアカオサを採集。
でもアカオサ少ないな・・・。

天候は結構持っているので(予報では午後は雨or雪)、今度は山に入ってみる。

しんちゃんさんと結構上のほうまで登ってみたが全然掘る崖が無く、疲れただけだった。

戻る途中、わき道をちょこっと覗いてみると、日当たりの悪い粘土質の、良い崖を発見。
やってきたまさ&パパさんも一緒に、四人で掘っていく。

と・・・

kami「一撃目でキタw」



続いて・・・


ダブル!


ホイホイと追加し、カズサはもう満腹。アカオサを採るべく、道を下っていく。

と、しんちゃんさんが「アカでたよ。」



ならば私もと、少し下ったところで粘土質の土盛りを発見。
パパさんと二人がかりで削っていく。

kami「あ、出た。」

「やっぱアカはいいなぁw」

まさ「こっちはカズサ少々。」

マイマイを狙ってフレークをチェックしたりもしてみたが、あえなく玉砕・・・やはりボウソウマイマイは厳しい。


「移動しますか・・・。」

怪しげな道をいって見たりして、アワカズサを少々追加した後、さらに移動して去年沢山採れた「しまちゃんポイント」に偶然たどり着いた。

「ここならアカ出るでしょ~~!」


しかし・・・

これ1頭だけ?

おかしいな・・・。

「採れました?」

「ダメだね。」

「採れました?」

「写真撮んなw」

というわけで終~~了~~~ォ!

道の駅まで戻ってきて、一息ついてから解散。
ガラガラの高速をひた走り、東京まで帰ってきたのであった・・・。


アカはもう少しとりたかったが、完全玉砕は免れて、楽しい採集だった。

しんちゃんさん、まさパパさん、まささん、お疲れ様でした!
コメント (6)