虫採り日記

2014年は(たぶん)内地で虫採りします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

河川敷採集@2008

2008-01-22 21:47:25 | 採集記
去年に引き続き、河川敷のんびり採集ということで、H、Kr、L部員、相棒と共に栃木県の湿地に出撃。去年Genkaさんと訪れた場所だが、あの時は少々しか採れなかった・・・果たして今回はどうだろうか。


朝7時半に集合、電車に乗って目的地を目指す。今日は、どこぞの高校の入試があるらしく、中学生で混んでいた。

コンビニで食料を調達し、さっさと歩いて河川敷へ。

天気はなかなか。かなり寒いかと思っていたが、日差しが温かい。

長靴に履き替え、手鍬をもって出発。


しばらくさまよった後、去年と同じエリアで採集開始。

すると・・・


ヒメマイマイカブリ  Damaster blaptoides oxuroides Schaum,1862
アカガネオサムシ Carabus (Carabus) granulatus telluris Bates, 1882 


あっさり出てきてくれた。
その後も・・・


出る・・・


まだ出る・・・

ということで、ポツポツと追加してほっと一安心。他の部員もそれぞれ採れた様だ。

談笑中の部員達・・・。

水溜りに分厚く張った氷を蹴りながら歩いていると、見覚えのあるエリアに到着したのでちょっと覗いてみることに。

又土から・・・



なかなか綺麗な個体。ヒメマイマイの綺麗な標本を作りたかったのでテイクアウト。


見渡す限りの・・・枯れ草原??

ヤマトチビコバネの産地を見学しようと歩いていると、「除草作業のため・・・」という看板が出ていた。進入禁止とは書いていないのでかまわず進もうとすると、道を引き返してきたオジサンが「この先、通れないよ。迂回したほうがいい。」と親切に教えてくださった。

というわけで迂回・・・。

チョイ迷いかけながら、(時間を結構ロスした)某神社到着。御神木に挨拶したり、ヤマトチビコバネの材をちょこっとだけ確認してみたりしてから帰路についた。


参加者の皆様、お疲れ様でした~。とりあえず採れて良かったス。
コメント (9)