りきおの競馬無脳

りきおの、馬券ライフや、POGについての考察などを掲載していくブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンカツ強し!~フェブラリーS 回顧

2007年02月20日 23時00分02秒 | 競馬
 遅れましたが回顧です。あそこまで外すと書く気にもならないのですが、書かないことには先に進めませんしね。ただ、この敗戦で今週1週間は1500円くらいで過ごさないといけなく…(汗)
 
 
■フェブラリーS

 まず、展開から違いましたね。僕の予想が当たったのは「高速決着」「上がりの速いレース」ってことでしたが…。実際には「澱みの無いペース」「差し・差しのズボズボ決着」でしたから…。本命馬はともかく、厚い印を打った馬がすべて先行馬だった僕には、もうどこで声を上げても恥ずかしい状態でしたよ…。
 
 勝ったのはサンライズバッカス。出遅れも気になるほどではなく、この馬にしては良い位置を取れましたし、直線向いてからの反応の良さも際立っていましたね。まさに「勝つべくして勝った」と言う感じでしょう。ようやく、カネヒキリを倒した一昨年の武蔵野S時の状態に戻ってきた感じでしたね。また、東京マイルは良いってことと、適距離は1600-1800mくらいだと言うこともわかりましたね。昨年のフェブラリーSは、秋までの使い詰め+根岸Sでリズムの悪い競馬をして状態が崩れていたってことの惨敗でしたし…。
 ただ、何が復活のキッカケだったかと言うと…アンカツしか思い浮かびませんね。3回目の騎乗で、前2回で実際に乗って感じた馬の癖とかわかった実力を、今回の騎乗で完全に生かしきったと言うことになるのかもしれません。
 この人、神懸かってますからねえ(汗) 連対率がここまで5割近いですし、とにかく勝負強い。この人が乗ってダメだった馬は、この人から乗り替わってまず勝てないと思いますしね。兄貴もJRA入りしますが、そういう意味でも一番旬な騎手なのかもしれませんねえ。
 今年は、フサイチホウオーとダイワスカーレットですか…。それにドリームパスポートも。春だけでも、GIをいくつ勝つんだろう?と思ってしまいますね。今年は武豊ではなく、この人を中心に馬も人も回っていくように思います。
 
 逆にブルーコンコルドは、馬も人も噛み合いませんでしたね…。特に馬。内にささるようになってしまい、勝負どころで全く動けずに勝機を逃してしまったようです。そうした癖を、騎手が矯正できるレベルだったのか、無理だったのかはわかりませんが…。でも、今年まだほとんど勝っていない幸騎手ってのも、騎手の勢いの差とかもあっての敗戦だった気がします。勝ち運の無いところには勝ちは転がってこない気もしますし…。
 まあでも、ブルーコンコルド自身がなかなか東京ダートで勝てないのは、この癖もあるからなんでしょうねえ。服部調教師も悔しがっていた…と言うよりは無力感みたいなものもあったみたいですが、ここまで馬が悪癖を出してしまうんですからもはや仕方ないところなのでしょう。
 ただ、そこで問題もあります。このブルーみたいな東京嫌いの馬は、JRAのGIは絶対に勝てないってことになります。ダートGIは東京にしかありませんからね。早く、西にもダートのGIが欲しいんですけどねえ。5月の京都とか、7月の阪神とかに作ってくれないかなあ? スプリントGIだったら、バランス的にも地方との兼ね合い的にもOKな気がしますが…。ブルーも出られますしねw あれだけの悪癖を出しながら、2着まで来たこの馬の強さは改めて証明されたわけですから、何とか活躍の場が欲しいと思うと同時に、東京集中型のダート路線の改革もお願いしたいところです。
 
 3着のビッググラスはビックリ! …エルコンドルパサー産駒大暴れの一端は担いましたね。こりゃあトウカイトリックも春天で連がらみはしそうですねえ(汗)
 
 シーキングザダイヤはさっぱり。道中もあまり流れに乗れていないような感じで、例年よりは良い位置が取れませんでしたし、追い出してからはさらにサッパリ。全く反応していませんでした。最近は中距離で走っていたために、マイルの流れが合わなかったってことはあるかと思いますが、それ以上に馬のピークが過ぎた感はあるかと思います。まだ地方でメンバーが手薄なら可能性はありますが、悲願のGI制覇への道はさらに険しくなったのは間違いないでしょう。
 まあそれ以上に、武豊の今年のコメントの不信ぶりは酷い。自身が乗れていないのと同じ(連動?)。今回でも、武豊はスポーツ新聞などに、追いきり後のコメントで「調子が悪いと聞いていたけど、この動きなら大丈夫。この馬の力は出せると思うし、勝たせてあげたい」って感じのものを振ってました。…が、森厩舎の感触はかなり悪いもので「衰えがあるかも」ってのが多かったように思います。結果、武豊のコメントを信用した人が多かったと思いますが、これですからね…。オーシャンエイプスのときもそうでしたが、武豊のコメントはあまり信用できません。特に今年は。不安要素があるのなら、バッサリ斬っても問題は無いでしょう。ちょっと酷いですね。
 
 
 終わってみたら、騎手の差が出た1戦でしたね。今年のキーワードはここかもしれません。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ボロボロ… | トップ | 既存勢力強し?!~アーリン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

フェブラリーステークス 結果 ~サンライズバッカスG1初制覇! (競馬予想ブログ 複勝馬券生活)
2007年2月18日(日) 1回東京8日 11R 第24回 フェブラリーステークス(G1) サラ系4歳以上 1600m ダート・左 (国際)(指定) オープン 定量 本賞金: 9400、 3800、 2400、 1400、 940万円 発走 15:40 天候:晴   ダート:不良