★カメ吉のお気に入り★

カメ吉の身の回りの色んな「お気に入り」をご紹介。共通のお気に入りが見つかるとうれしいです♪写真にもこだわっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【イタリアン】ピッツェリア カローレ (PIZZERIA CALORE)大阪・吹田市

2013年04月30日 | 食べ物

※この記事の写真は全て、前回ご紹介したデジカメ【SONY DSC-RX100】で撮影しました※

美味しいお店が意外と少ない大阪北部の桃山台~南千里エリア。
今日初めて訪ねたお店はとても気に入ったので、ひさしぶりに食べ物のお店について
書いてみたいと思います。
大阪・吹田市の千里ニュータウンにある ピッツェリア カローレ (PIZZERIA CALORE)さん
です。


▲素敵な外観です

場所は阪急千里線の南千里駅から東へおよそ800m。歩くと10分程度の距離。
「かなりの歴史を刻んだ」団地群から少し南へ入ったところに現れる、白壁と赤い扉が目印。
細い道を挟んだお店の正面には菩提池が広がります。新緑の緑に囲まれていて爽やかでした。


▲店内から眺めた景色。菩提池周辺の緑が窓いっぱいに広がります

店内には薪で焼く本格的な石窯が鎮座しており、味への期待が高まります。
こぢんまりした店内ですが、子どもから大人まで客層が広く、かしこまらずにリラックスして過ごせました。
ロフトのスペースもあるようです。

本日はランチタイムの訪問。¥1500のBセット(前菜+ピザ+ドリンク)をセレクトしました。

前菜はおよそ5品。はまちのカルパッチョや生ハムなど。どれも美味。
車での訪問だったためワインを飲みたい気持ちをグッとこらえながらピザを待ちます。

前菜を食べ終え、待つこと数分。石窯で焼いたアツアツのピザの登場です。


▲マルゲリータ

写真ではなかなか伝わらないと思うのですが、まずなんと言っても生地が「モチモチ」です。
・・・とは言っても、決して重すぎない。もちっとしているけれど、基本的にはふわっとした食感。
「もちふわ」という表現が近いかもしれません。

そして周囲の焦げ目がまた、香ばしくて良いのです。

手で直接つまみ、縦半分に細長く折ってお口へ・・・トロトロのチーズとモチフワの生地がたまりません。
生地にはオリーブオイルが染みていて、生地自体にやや強めの塩味が付いています。
生地だけを食べると「ややしょっぱく」感じるのかもしれませんが、逆にチーズの塩加減は控えめなので、
トータルで見ると味に物足りなさを感じることが無く、絶妙なバランスになっています。

数年前まで住んでいた札幌市内にもお気に入りのピザ屋さんがあったのですが、
こちらは自分の記憶の中に残る美味しいピザの味と肩を並べる勢い。
ひとくち目から、すっかりこのお店のピザのファンになってしまいました。。。


▲コーンとスモークチーズのピザ

こちらも生地は同じく「もちふわ」。チーズはマルゲリータ同様に控えめな塩加減。
生地の塩加減とトータルでバランスが取れています。
コーンが本来持つ優しい甘みが、ピザ全体の塩味にアクセントを付けています。

全体的に大満足。食べログで評判が良かったのも納得のお味でした。
自宅周辺エリアで見つけた数少ない貴重なお店。これからも大事にしたいお店です。

【追伸】
マイカーで訪問する方は、お店の裏側にある「近隣センター」の駐車場を利用して欲しいとのことです。
およそ10台分ほどの駐車スペースがありました。


 【イタリアン】ピッツェリア カローレ (PIZZERIA CALORE)

大阪府吹田市佐竹台2丁目5-13 ワーブル南千里1F
06-6170-5887
11:30~14:00(LO) 18:00~21:30(LO)
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜

コメント

【定食屋さん】ちゃんぽん・皿うどんの「球磨」(くま)・・・新中野

2012年02月19日 | 食べ物

都心にありながら、地名的にかなりマイナーな街「新中野」
しかし新宿から東京メトロ丸ノ内線の荻窪行きに乗ると、たったの3つ目。中野坂上の次が「新中野」です。
便利な場所にありながら有名な食事処がほとんど無いと思っていたこのエリアですが、
今回ご紹介するお店はいつも賑わっています。

ちゃんぽん・皿うどんの「球磨(くま)」さんです。


かつては近くの商店街「鍋屋横町」にお店がありましたが、数年前に徒歩数分の今の場所に移ったようです。
青梅街道と中野通りの交差点から、中野通りに沿って南へ200mくらい。ブックオフの斜め向かいになります。

私カメ吉の訪問は今回が2回目。今日は日曜日の14:00すぎに訪ねましたが、
カウンターを含めてトータル20人近く入れそうな店内はほぼ一杯。一旦店じまいする15:00近くまで、
ひっきりなしに新規のお客さんが訪れていました。

さて、このお店の一押しは、店名にも入っている「ちゃんぽん」と「皿うどん」です。
中でもカメ吉のお気に入りは「皿うどん」¥780。

皿うどんというと、一般的には具と麺を一緒に混ぜるタイプもあるそうですが、
こちらのお店は「油でカリカリに揚げた麺の上に、あんかけ状の野菜などを載せる」タイプです。
さっそく、いただきましょう。



具は「もやし」「ニンジン」などの野菜と「イカ」などのシーフード。
「あん」の緩さが絶妙で、堅麺となじむとちょうど良い堅さになります。
あんは濃いめの味付けで、「やや甘味」。盛りは結構多めです。
この「やや甘味」がいい感じ。テーブルにある「お酢」や「手作りっぽいラー油」をかけると、
また違った美味しさを味わえます。

「濃い味なのに、なぜか胸焼けしない」・・・この辺りも人気の秘密でしょうか。
定食メニューの種類が充実しているので、今度は別のメニューにもトライしてみようと思います。
-------------------------------
ちゃんぽん・皿うどん「球磨」(くま)
【住所】
東京都中野区本町6-14-11
【営業時間】
11:00~15:00
17:00~21:00
【定休日】
火曜日・第2水曜・第4日曜

★食べログのリンクは【こちら】です。
-------------------------------

コメント

【お昼ご飯】Spice cafe(スパイスカフェ) の期間限定「Staff cafe」 (墨田区押上)

2012年02月12日 | 食べ物


▲快晴の日曜日。
 電車を乗り継ぎ、およそ1時間。降り立ったのはスカイツリーですっかり有名になった「押上駅」。
 地下から外に出ると、青空にどこまでも伸びるツリー。道行く人たちみんなが笑顔で見上げてる。

▼なんとなく自分も嬉しい気持ちになりながら、押上通り商店街をてくてく歩きます。


▼10分ほど歩くと、お目当てのお店が現れました。

▲押上で大人気のカレーのお店、「Spice cafe」 です。
 昭和を感じさせる建物。
 2月はオーナーがインドへ修行に行ってしまうため、毎年お店はお休みになるのですが、
 今回初めてお店の現スタッフや旧スタッフが2月の土日限定でオリジナルメニューを提供する
 という試みが行われています。

名付けて「Staff cafe」。2月の週末だけの期間限定です。この間、カレーのメニューはありません。


▲通路の奥に入り口があります。カメ吉は今回が2度目の訪問ですが、前回来たのは夜。
 明るいとお店の印象はずいぶんと違うものですねー。


▲11:45の開店直後に入った店内。木漏れ日が嬉しい窓際の席に案内してもらいました。

▼さて、今回のお目当ては期間限定の特別メニューです。ランチメニューは2種類あるのですが、
  来る前から私の心の中は決まっていました。

「サバサンド+香味野菜のスープ」¥700 です。
 私カメ吉の妻「のりのり」の幼なじみである旧スタッフ「まりまり」が研究を重ねてメニュー化しました。
 実は妻は「先週も」ここを訪れてサバサンドを頂いています。
 余りにも美味しかったと聞き、休みが取れた本日、私もお店に伺った次第です。
 差し込む日差しが風に揺らめく中、まったりとサバサンドの到着を待ちます。おっ来ましたよ-。


▲どどーんと、見た目にもかなりのボリューム。
 しかも奥には昼間っから ビール(レーベンブロイ生)¥500。
 そして食パンに挟まれているのは、半身のサバ君。
 レモン汁や手前左の「刻みセロリとトマトなど」をトッピングしていただきます。
 ちょっと具の部分をのぞいてみましょうか。。。

▼中身はこんな感じ。とっても肉厚のサバ君が、パンの間に鎮座していました。
 塩こしょうベースでマヨネーズの隠し味もあり、食が進みます。

▲サバ君は、見事なまでに特有の「魚臭さ」が無いのがすごい。
 しかも、ほくほくした食感で脂も乗っていて、本当に美味しかったです。

▼窓の外に目を向けると、そこにはかわいいバードテーブルが・・・

▲中にはバターを盛ったお皿もあります。
 そしてさらに目線を移すと・・・


▲生け垣の上に置かれたオレンジの上に、メジロさんが訪れていました。
 ウグイスのような黄緑色が美しい。鳥好きなので見ていて飽きません。

▼そんなこんなでケーキセットも注文。あっという間に時間が過ぎていきます・・・

「ケーキセット」¥650です。
 数種類の中から選んだのは「カスタードプリン」。
 フルフルとは対極の、どっしり濃厚タイプ。少し苦みの効いたカラメルと良く合い、
 大人のお味。コーヒーにも良く合い、大満足です。


▲目の前の窓には昔おばあちゃんの家にあったような、ねじ込み式の鍵。
 何ともいい感じです。

およそ2時間の滞在。
おいしいサバサンドやデザートを頂きながら、「まりまり」のいきいきとした仕事姿も
見ることができ、嬉しいひとときでした。

「Staff cafe」、この後の日程は以下の通りです。

2012年2月18日(土)・19日(日)
2012年2月25日(土)・26日(日)

営業時間は全て11:45~16:00(ラストオーダー15:00)です。
夜の営業は無いのでご注意ください。

みなさんも、スカイツリーを見て、下町の観光も楽しみながら
美味しい「サバサンド」を食べに行ってみてはいかがでしょうか?
2月いっぱいで終わっちゃいますよー。
--------------------------
「Spice cafe」
東京都墨田区文花1-6-10
地図のリンクは【こちら】です。
--------------------------

コメント (2)

【イタリアン食堂レビュー】スパ吉(吉祥寺)

2011年12月23日 | 食べ物

夫婦ともども大好きな街、吉祥寺。
自宅からのアクセスも良く、小さな道沿いには大好きな雑貨屋さんがこれでもか、と並んでいます。

でも、お昼ご飯の選択肢が限りなくあるこの街では、逆にどのお店を選ぶかは常に悩みの種です。

今回カメ吉の2度目の訪問となったのはハモニカ横町にあるスパゲティのお店「スパ吉」
ちょっと私のハンドルネームにも似ていて、親近感があります。
おしゃれなお店も良いけれど、定食屋のように小さなこのお店のミートソースは絶品です。

狭いハモニカ横町を進んでお店を訪ねると、いつも店の外には行列ができています。
昨日は14時過ぎに訪ねたところ行列はなく、スムーズに店内へ入ることが出来ました。ラッキー♪
さっそく、定番のミートソースを頂きましょう。



▲こんな感じです。美味しそうでしょう

濃厚なソース。自家製麺の平打ち生パスタ。麺の下に隠れているチーズ。
これらをぐるぐると混ぜてから頂きます。特に底にあるチーズは、
温かいうちにしっかりとフォークで「こそいで」、混ぜて下さい。

麺の堅さは絶妙。ソースはやや濃い目の味付けですが、全体を混ぜることで
ちょうど良い「深い」味わいになります。

姉妹店もあるようですが、この味は一級品。いつも行列が出来るのが分かる旨さです。
店内は女性客が多いようですが、「盛り」は結構なボリュームです。
私は男性ですが、普通サイズでOK。でも、腹ぺこな男性は大盛り、行っちゃいましょう

他にもパスタが何種類かありますので、何人かで行かれる方はシェアして食べると良いでしょう。

なお、下に食べログへのリンクを貼りました。口コミを見ると、やはりお店の定番であるミートソースの評判が
良いようです。
初めて訪れる方には、まず濃厚なミートソースを食べてもらいたい。カメ吉も、そう強く思います

【スパ吉】
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3
定休日:火曜日
営業時間:11:00-23:00(L.O.22:00)
※店名のリンク先は「食べログ」です。

コメント (2)

【創作料理】ナスとトマトの酢醤油炒め

2011年08月28日 | 食べ物

残暑厳しい折、酸っぱいものが食べたい。しかも大好きなトマトとナスが関係するモノ。
考えた結果、酢醤油で炒めてみることにしました。


《用意するモノ》3人分の場合

ナス・・・・・・・・・・・・3本くらい
トマト・・・・・・・・・・・大きいの1個か小さいの2個程度(適当)
だし醤油・・・・・・・・適当にドボドボ(50ccくらい)→無ければ醤油やめんつゆでも可
お酢・・・・・・・・・・・・適当にドボドボ(米酢がおすすめ・50ccくらい)
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1~2杯くらい(適当)
みりん・・・・・・・・・・・大さじ1~2杯くらい(適当)


1:ナスを厚さ4~5ミリくらいの輪切りにする
2:トマトを大きめ(4~5センチ角くらい)に切る→炒めて溶けてしまうのを防ぐため
3:だし醤油と米酢をほぼ同量づつ混ぜてタレを作っておく
4:フライパンにサラダ油を敷いて、ナスを炒める



5:ナスに火が通ったら作っておいたタレとみりんを投入。味が付いたらトマトを投入。



6:タレを絡めつつ炒める(トマトが原形をとどめつつタレに味が移る程度)
7:味見しながら煮詰める。味が足りなければだし醤油やお酢を足す。
8:完成!



今回はお好みでかつお節、彩りのために枝豆をトッピングしました。
お味のほうは・・・

当初の思惑通り酸味たっぷり。タレにトマトの味が絡んでとっても美味です。
タレをもう少し少なくしてキッチリと煮詰めたり、片栗粉を投入してとろみをつけても
美味しいと思います。

みなさんもぜひ、お試し下さい!

コメント

【創作料理】夏野菜そうめん

2011年08月21日 | 食べ物

夏だ!暑いぞ!そうめんだ!!
・・・というわけで、久々に創作料理に挑戦です。

暑い夏に最適な「そうめん」を使って冷たい料理を作りたい。
そんなところから考えついたのが、今日ご紹介する料理です。
味付けに、オリーブオイルとだし醤油を使うのがポイントです。


《用意するモノ》3人分の場合

そうめん(乾麺)・・・3束
おくら・・・・・・・・・・・5本~8本程度(適当)
トマト・・・・・・・・・・・1個。ミニトマト数個でもOK。
ハム・・・・・・・・・・・・3~5枚くらい(適当)
だし醤油・・・・・・・・大さじ3~4杯くらい(適当)
オリーブオイル・・・大さじ2~3杯くらい(適当)


1:ボウルに、だし醤油(めんつゆでもOK)とオリーブオイルを投入。軽く混ぜる。味は後から足せる。
2:おくらを沸騰したお湯で30秒くらいゆでる。ゆでたら鍋から取り出し、水道水で冷やす。
3:冷やしたおくらを3ミリ幅くらいの小口切りにし、たれ入りのボウルに投入。
4:トマトを適当に2~3センチ角くらいに切り、たれ入りのボウルに投入。
4:ハムも幅3ミリくらいに切り、たれ入りのボウルに投入。
5:そうめんを1分程度ゆでる。すぐに氷水で冷やし、キッチンペーパーで水気を切ったらボウルへ投入。
6:ぐるぐる混ぜる→お皿に盛りつける
7:完成♪



・・・どうでしょうか?
カラフルな色合いが食欲をそそるんです。
そしてお味は、オリーブオイルとだし醤油の組み合わせが抜群に合います。
シーチキンを加えても美味しそう。タバスコやレモン汁などをかけてもメチャクチャ美味しいです♪
味が足りなければ、お皿に盛った後でもいいのでオリーブオイルやだし醤油を足して下さいね。

オクラのネバネバが麺全体に回り、ダシも麺に良く絡みます。
夏バテ防止に、皆さんもいかがですか?

コメント

【レビュー】CLUB SODA(クラブソーダ)で夏を乗り切る!

2011年07月22日 | 食べ物

暑い夏が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
仕事から疲れて家に帰ってくると、真っ先にビールが飲みたくなるものです。
ですが、毎日ビールというのは若干の罪悪感もあります。特に最近お腹が出てきた私、カメ吉にとっては・・・

そこでこの夏は、せめて平日はビールを控え、違う飲み物に切り替える作戦を実行中。
飲んでいるのは・・・「CANADA DRY CLUB SODA」(炭酸水)です。



▲「砂糖無し」の純粋な炭酸水。普段は500ML入りのペットボトル×24本入りを箱買いしています。

お店には色んな種類の炭酸水が並んでいます。
スーパーやコンビニのPB(プライベートブランド)のものは安くて良いのですが、
残念ながら「炭酸のキメが荒い」ものが多いように思います。

いくつかの種類を飲み比べた結果、私カメ吉が選んだ「CLUB SODA」は、
☆炭酸が強く、飲み応えがある
☆炭酸のキメが比較的細かく、味も美味しい
というのが特徴だと思います。
また、どこのスーパーでもだいたい売っている、というのもポイントです。
ノンアルコールですが炭酸が強いので、ゴクゴク飲んだ後の「カアー!」という感覚は
ビールと同様、十分に味わえます。



なお、箱買いはとっても重いので、お酒のチェーン店「カクヤス」のネット販売を利用しています。
カクヤスがすごいのは、配送エリア内ならネットで注文後、早ければ1時間程度で自宅に届くということ。
東京都内の主なバーベキュースポットなら野外でも届けてくれるというのも、驚きのシステムです。
配送料は無料です。ただしこの商品は箱買いの場合、常温で届くという点だけはご注意を。
CLUB SODAのお値段は、500MLで一本¥98~¥105くらい。安売りスーパーで¥88という場合もあります。

平日はカロリーゼロの「炭酸水」を飲み、週末は「ホンモノのビール」を楽しむ。

・・・この夏は、こんなコンセプトで乗り切ってみたいと考えています。

【カクヤス】のネット通販ページ→ http://www.kakuyasu.co.jp/
▼amazonでは一本当たり¥98くらいのようです。

カナダドライ クラブソーダ 500ml×24本
 
コカ・コーラ
コメント (4)

【鎌倉】COLOCOLO BURGER とGarage Blue Bell は超オススメ!

2011年05月06日 | 食べ物

首都圏在住者の手軽な小旅行コースの定番、鎌倉。
一番頭を悩ますのは、どこで食事を食べようか、ということなのではないでしょうか。

発売中の雑誌「OZ magazine」の5月号を参考にセレクトしてみたところ、大当たりでした。
手軽なお昼ご飯のお店と、ティールーム。皆さんにもさっそくご紹介します。


新宿から小田急線の快速急行で藤沢へ。
軽めのお昼ご飯をゲットするため、江ノ電に乗り換え。終点鎌倉駅の一つ手前、「和田塚駅」で
下車します。

駅から住宅街を抜け、由比ヶ浜を目指します。歩くこと7~8分。若宮大通に面した
お目当てのお店に到着。


COLOCOLO BURGERです。場所は末尾参照。


ご覧の通りのこぢんまりとした店構え。ここでは、揚げたてのお肉などを挟んだ美味しいハンバーガーを
頂くことが出来ます。とっても仲の良さそうなご夫婦が作っています。
お店から由比ヶ浜まで徒歩2~3分なのでテイクアウトがオススメですが、この日は強風が吹き荒れて
いたため、お店の前のテーブルセットでいただきました。


左端はヒレカツバーガー¥380。真ん中と右はコロッケバーガー¥230
お値段はとってもリーズナブル。コロッケバーガーはひじき入りのポテトコロッケです。
注文を受けてから揚げるためアツアツ・サクサクのハンバーガーで、ボリュームも満点。
味付けもソースの味が絶妙で、大満足のおいしさでした。
大人の私でも一人一個で十分です。
お店でゆっくりと食べるのも良いですが、時間のない方には自信を持っておすすめできます。



次にご紹介するのは鎌倉駅周辺を散策したあとに訪ねたお店。
「OZ magazine」表紙のロケ地にもなっていました。


ティールーム「Garage Blue Bell」です。場所は末尾参照。
入り口にイギリス国旗が掲げられているとおり、英国風のティータイムを古民家で楽しむことが出来ます。
店内の雰囲気はこんな感じです↓


どうですか・・・良い感じでしょう?
この時は曇り空。カメ吉は仕事で何度かイギリスを訪れたことがありますが、イギリスのイメージは
いつも「曇り空」。イギリスはとんでもなく古い建物をリフォームしながら住んでいる人も多く、
窓が小さくて室内に日差しがなかなか
差し込まない家では、この写真に近かった印象があります。

こちらの建物は戦後すぐに建てられたという歴史のある「日本家屋」。
ですが、イギリス風のティールームとして使っていても何故か違和感がないのが不思議。
照明が暗く、とっても暗い店内。それが何とも言えず落ち着くんです。

窓の外には庭が広がり、バードテーブルが置かれているためたくさんの鳥たちが集まります。
店長さんは鳥好きなようで、同じく鳥が大好きな娘や妻と、小鳥の話で盛り上がっていました。

それでは、さっそくセットメニューを注文してみましょう。


TEA+CAKEのセット¥850です。
鎌倉で、これは嬉しい価格設定ではないでしょうか。
紅茶はフェアトレードで仕入れたダージリンなど3種類から選択。
ケーキもスコーンにんじんケーキ・チョコレートケーキの3種類から選べます。

私カメ吉はダージリンとスコーンを注文。お味の方は・・・?

とっても美味しいんです

スコーンは表面はかりっとしていて、中は「しっとりキメ細やか」。パサパサでのどが詰まるスコーンとは
対極にあるおいしさです。クロテッドクリーム+ジャムの組み合わせも良く、食べ始めたら止まりません。
紅茶もたっぷりと3杯分程度がポットに入っていて、味も量も大満足です。

鎌倉の商店街の喧噪に疲れたら、ちょっと裏手にある落ち着いた雰囲気のこのお店でゆったりと
くつろいでみてはいかがでしょうか?



COLOCOLO BURGER
食べログのアドレスは【こちら】です。

Garage Blue Bell
公式HPのアドレスは【こちら】です。

コメント

大好きな中国料理のお店「潮州」(東京・杉並区荻窪)

2011年03月05日 | 食べ物

今回は、カメ吉一家が以前から通っている、大のお気に入りの中国料理店をご紹介します。
「JR中央線」・「地下鉄丸ノ内線」の荻窪駅の東側の出口から南に延びる商店街を歩いて5~6分。
左に現れる半地下のようになっているお店。それが・・・

中国料理「潮州」(ちょうしゅう)
です。

転勤族のカメ吉一家が前回東京に住んでいた頃は、丸ノ内線の南阿佐ヶ谷駅近くの細い路地にある
本当に小さなお店でした。しかしその頃から、いつも開店直後からお客さんでいっぱいになる人気店でした。
お店の方々の丁寧な接客も心地よいのですが、なんといってもくどすぎない絶妙な味加減の中国料理の数々。
お店が荻窪に移って大きくなっても、その感動的な味わいは変わることなく健在です。

さっそく、カメ吉一家の大好きなメニューを注文していきましょう!


▲まずは「彩りピータン豆腐」です。

小さくカットされたピータンに、お豆腐・トマトがほぼ同じ大きさで並びます。
それらが酸味とコクのあるスープに浸かっていて、レンゲですくって口に入れると爽やかな酸味が広がります。
漬け物の定番「タクアン」を刻んだモノが隠し味的に散りばめられているのがポイント。
全体的に柔らかい食感におやっ?という変化を与える心憎い演出です。

サラダ代わりにいつも最初に注文する、定番の逸品です。


▲これも絶対に外せない「大根もち」。

奥に見える酸味のあるタレに漬けて食べます。
表面はカリッとしていて中はフワフワの食感。温かい紹興酒に良く合います♪


「トマトと卵の炒め物」。

中国では家庭料理の基本メニューのようですが、
トマト好きなカメ吉にとっては、これも絶対に外せない定番メニューです。
自分で作ろうと自宅で何度もトライしているのですが、どうしても卵が「炒り卵状態」になってしまい、
このようなジューシーな感じになりません。

トマトのほどよい酸味がふわとろの卵と本当に良く合います~


▲おーい、カキがやってきたぞー!カキがやってきたぞー!!
すでにテンションがかなり上がっています。 「牡蠣のレンゲ蒸し」です。

カキ好きにはたまりません。ニンニクの香りが食欲をそそり、味は濃すぎず上品。
スープも塩加減が絶妙で、さらに紹興酒が進みます♪♪


杏仁豆腐さん、いらっしゃーい!!!
おいしい料理が続きすぎて感動しているところに、このデザートがとどめを刺します。

フルフルの杏仁豆腐は甘すぎず、舌の上でほろほろっと溶けていく極めて繊細な食感。
プロのこだわりがビシビシと感じられ、ついにカメ吉、感極まって号泣モードに突入です

この頃には紹興酒もいい感じで効いてきています

調理長の馬さんは昔から人柄も良く、サービススタッフの皆さんもアットホームで
気持ちの良い接客ですので、皆さんもきっと満足できるのではないかと思います。

ただし人気店ですので、平日に少人数で訪れる際でも必ず事前に電話で席の予約をしておいた方が
良いと思います。豪快なイメージとは違った、繊細な味わいの中国料理、
ぜひ皆さんも食べてみてくださいね。
-----------------------------------
中国料理「潮州」(ちょうしゅう)
東京都杉並区荻窪5-7-9明泰ビル1階
03-3393-7775
17:30-23:00(L.O.22:00)
月曜定休
(月曜が祝日の場合は翌火曜日が定休)
地図のリンクは【こちら】です。
-----------------------------------

コメント

明治 北海道十勝スマートチーズにハマる

2011年01月28日 | 食べ物

単身赴任中の私、カメ吉。早めに家へ帰ることが出来た夜は、ビールに加えてワインなども
飲んじゃうわけですが、おつまみにぴったりなチーズに出会いました。
このところ我が家の冷蔵庫に常に鎮座しているのは・・・

・・・「明治 北海道十勝スマートチーズ」です。はい。



昔からチーズ好きで、北海道に住んでいた頃は、ドライブに出かけるたびにご当地の
チーズを買って帰るのが定番でした。ちょっと硬め、ハード系のチーズが好きで、
パルメザンチーズの固まりを包丁で切って食べたりしていました。

そんな自分にとって、何となく柔らかそうなこのチーズを購入するのは大きな賭でした。
試しに買って食べてみたところ、箱の右上にも書いてあるとおり、
「ほろうま 新食感」は嘘ではありませんでした。



箱の中には上の写真のようなカットチーズが小分けで入っています。
お味は・・・

口に入れると、プロセスチーズのように柔らかい。
そして、ほろほろっと崩れてお口の中で溶けいていきます
塩味はやや強め。しかしこの食感と塩味が病みつきになるくらいおいしいんです。

赤ワインには当然合いますが、味が濃いのでキリッと冷やした白ワインにもぴったりです

たいていのスーパーで売っているので、お気に入りのチーズが見あたらないときには
ぜひ食べてみてください。宣伝ではありませんが、本当においしいのでご紹介させて頂きました。

コメント (4)

大好きなアイス「九州名物・白くま」

2010年10月14日 | 食べ物
40歳近い大人が、恥を忍んで大好きなアイスをご紹介します。
「九州名物・白くま」です。



食べたことのある人はいますかー?

私、カメ吉の初めての出会いは今年の夏。近所のファミリーマートでした。
あずき入りのアイスは元々好きだったのですが、何気なくパッケージを見ると、
そこには「パイン」 「黄桃」 「あずき」の文字が。

ちょっと微妙かな・・・と思いながらも、試しに購入。食べてみると見ると・・・?

パインと黄桃の酸っぱさと、あずきとアイスのおとなしい甘さがマッチしておいしい!

すっかり気に入ってしまい、それ以来毎週のように購入しています。
気に入った食べ物があると、飽きるまで繰り返し買ってしまうと言うのが悪いクセです

それにしてもこれ、「九州名物」と力強く名乗るほど、九州では有名なのでしょうか?
製造は、久留米市の「丸永製菓」。うーむ、知りませぬ。。。
調べてみたところ、ホームページを見つけました。
【丸永製菓HP】
どうやら色んなタイプの白くまアイスがあるようです。しかしなぜ九州名物なのかという
謎は解けませんでした

この「白くま」、どこでも売っているわけではなさそうですが、
世田谷区内の某ファミリーマートではいつも冷凍ケースに並んでいます。

売れない商品は即座にラインナップから消えてしまうのがコンビニチェーンの恐ろしいところですが、
この白くまは秋を迎えた今でも奇跡的に生き残っています。
私が毎回買うからなのかもしれませんが。。。

この記事をご覧になった方、コンビニで見つけたらぜひお試しを
早くしないと消えちゃうかもしれませんよー!
コメント

超簡単!サッパリ焼きそば

2010年10月01日 | 食べ物
今回は単身赴任中の私カメ吉が2週に1回は作っている、大好きメニューをご紹介します。
「超簡単!サッパリ焼きそば」 です。



写真の通り、いわゆる「ソース焼きそば」ではありません。
4~5分で作れて、酢醤油+ごま油のサッパリとした味わい。
バリエーションは無限に可能ですが、基本の作り方は以下の通りです。一人分です。

【材料】
 焼きそばの麺(スーパーで3食分が一袋に入って売っている半生のもの。ソースの粉は使わない)
 しょうゆ
 酢
 ごま油
 具になるモノ
→写真ではキムチ・シーチキン・野沢菜のラー油漬けが載っていますが、
  長ネギのみじん切りも超お勧めです!
   しその葉を散らしてもOK。とにかくすっぱめの味に合いそうなモノなら何でもOKです。

【作り方】
◎麺は、一袋分を使います。麺をほぐれやすくするために、麺の入ったビニールの端っこに
  小さな切り込みを入れた上で、電子レンジで1分温めます。

◎電子レンジが動いている間にタレを作ります。
  器にしょうゆと酢をほぼ同量ずつ注ぎ、そこにごま油を少々加えて混ぜます。これでタレは完成です!

◎チン!と鳴ったら麺を取り出しフライパンで温めます。ちょっとだけごま油を垂らしておくと良いかも。
  箸でほぐしながら温め、ややパリパリになってきたら、器に移します。

◎麺の上に具をのせます。その上に、よく混ぜた先ほどのタレをかけます。これで完成です。


・・・準備を始めてから、いただきまーす!まで約5分。お待たせしません。
お味の方は「酢醤油の酸味」と「ほのかなごま油の風味」が絶妙にコラボ。やみつきにあるお味です。
簡単にできてくどくないので、仕事帰りのサラリーマンの皆さんにも超お勧めですよー
長ネギのみじん切りはぜひたっぷりめに加えてみてくださいね。本当に合います。
コメント

超簡単!ナスのめんつゆ酢漬け

2010年09月20日 | 食べ物
大のナス好きな私、カメ吉。単身赴任中のため、おかずを毎日作るのは大変、ということで、
最近は「常備菜」的に保存の利くおかずを作るようになりました。
中でも私の中で大ヒット、ヘビーローテーションを続けているのが今回ご紹介する料理。

「ナスのめんつゆ酢漬け」 です↓



どうですか・・・?
材料は何のひねりもない名前の通り、ナスめんつゆがメインです。


【具の作りかた】
ナスを縦半分に切り、それをさらに縦に3~4等分します。
つまり細長いスティック状に切り分けます。
ふだんは一回の調理につき3本分のナスを使っています。

フライパンに油をしき、先ほどのナスを炒めます。この段階で味付けはしません。
ナスの形が崩れないよう気を付けながら、全体に油を回します。
やや焦げ目がつき、ナスが半透明になってきたら取り出し、「秘伝のつゆ」 につけ込みます。

【秘伝のつゆの作り方】
1.どんぶりにめんつゆを適量注ぎます(カメ吉はミツカンの「追いがつおつゆ」がお気に入り)
2.を適量加えます(めんつゆの半分くらいの量が目安。適当に味を見ながら加える)
3.以上で秘伝のつゆは完成です


上記のつゆは、ちょっと「すっぱめ」に味付けするのがポイント。
炒めたナスを全部入れてみて、写真のように全体がつゆに浸る程度が適量。
つゆが足りなければ適当にめんつゆと酢を足してください。
「すし酢」を若干加えるとコクが増します。ただししょっぱいので入れすぎに注意!
余裕があれば、乾燥唐辛子の輪切りをまぶすと、ピリッとしてなおグッドです。

ある程度冷めたら、冷蔵庫に入れてひんやり冷やします。冷え切ったら完成です。

お味の方は・・・?
ひんやり、スッキリ、コクがあり、ご飯が進みます。焼酎のつまみにも良く合いますよー。
簡単なので、皆さんもぜひ作って食べてみてくださいね。私は毎週作っています
コメント

経堂のラーメン屋さん「英」(ひで)

2010年09月19日 | 食べ物
世田谷区経堂駅周辺でおいしいラーメン屋さんは?と聞かれたら、迷わずここをおすすめします。
ラーメン「英」(ひで)さん。
小田急線の経堂駅を出たら、北に延びる「すずらん通り商店街」へ向かいます。
南へ向かう「農大通り商店街」は学生を中心にいつも大賑わいですが、こちらの商店街は八百屋さんや
古本屋さんが並ぶ、落ち着いた雰囲気。
そこを歩くことおよそ5~6分。道の左側に大きな「とんこつらあめん」の白い提灯が見えてきます。



提灯に書かれた通り、九州系のとんこつラーメンです。
とんこつラーメンというと、あの臭いだけは勘弁・・・ という方も多いのではないでしょうか。
しかしご安心ください。このお店は「例の」とんこつ臭がどこにもしません
とはいえ、バリバリにおいしい九州ラーメンをいただけます。
 
さっそく、いつものラーメンを注文です



「角煮らあめん」¥900 です。
英さんでは、ラーメン注文の際、麺の堅さを「かため・ふつう・やわらかめ」の3種類から選択。
さらにスープの味を「こってり・ふつう・あっさり」の3種類から選ぶことが出来ます。
 
私のお気に入りは「かため・あっさり」です。
とろとろの角煮にしっかりと味がついているので、角煮入りならあっさり目がちょうど良いと思います。
 
写真をよく見ると、キャベツの千切りが乗っていて、そこに「焦がしニンニク」が油ごと
かけられています。このキャベツとニンニクが九州長浜系の細麺に意外にも良く合うんです!
角煮のない普通の「らあめん」は¥700。この場合は「こってり」でも大丈夫かも。
 
もちろん九州ラーメンにつきものの「紅ショウガ」「辛子高菜」はテーブル上にあり、かけ放題。
300円の小ジョッキ生ビールもあり、言うことなしです。
店内はカウンターのみで10席ぐらい?でしょうか。お客さんのマナーは全体的に良いのですが、
席が少ないので譲り合って座り、気持ちよくいただきましょう♪

★らーめん 英(ひで)★
東京都世田谷区経堂2-8-7
ぐるなびHPは【こちら】です。
コメント   トラックバック (2)