亀田司法書士ブログ

越谷市の亀田司法書士事務所のブログです

不在者見つかる

2015-04-06 16:15:03 | 成年後見

私が就任している不在者の財産管理人事件で,不在者の住所が判明したと兄から連絡がありました。不在者が生活保護の申請をしたため,扶養の可否の照会通知が兄に送られてきたことにより住所が判明したものです。

以前この方については,失踪宣告の申立を行ったのですが,免許更新の事実があるということで失踪宣告がされなかった経緯があります。その後体調を崩されたのでしょう,就労不能による生活保護申請を行うため市の福祉課に行ったところ,住民登録が消除されていることから再登録した上,照会書が発送されたのです。

不在者については,当面の生活費を賄うだけの財産を私が保管していますので,これを返還して財産管理は終了します。弟の生存が判明したとき,兄としての気持ちはどのようなものでしょう?

以前,体育館に宿泊している派遣村避難者の相談に行った際も,借金のため家族と音信不通でいる人がいました。本人の気持ちとしては,家族に対する引け目のような気持ちがあって,連絡しにくい状況であることが想像されます。

でも,親族の一人が行方不明であることは,常に心の引っかかりとして残っている場合も大いにあり得るのです。職権で住民票を消除された人と連絡がとれたのは,ここ最近2件目です。

借金の返済が不能になり住所を移せば貸金業者に知られるから,住民登録をせずに住所を移転する。いわば夜逃げという行為は少なからず存在します。

個人情報保護といわれて久しいのですが,この現象がある限り親族への照会は積極的にすべきであると思います。そうしないと,ますます孤独死が増える世の中になってしまいます。

よろしければ,クリックお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


最新の画像もっと見る

コメントを投稿