うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今回紹介するのは、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの、2大オスカー俳優が主演する、アメリカン・ギャングスター。




ランキングに参加してます。
 


1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として仕えてきたフランク・ルーカス。彼はバンピー亡き後、ボスの座を引き継ぎ、自らの帝国を築き上げようと決意。
そして、東南アジアから純度100パーセントのヘロインを直接仕入れる独自ルートを開拓し、それらを“ブルー・マジック”のブランド名で市場へ売りさばくことに成功したことから、フランクは瞬く間に麻薬王として君臨していく。
一方、ニュージャージーの警察に所属する刑事リッチー・ロバーツ。彼は、警官の汚職がまかり通っていたこの時代に潔癖な仕事を貫いていたため、周囲から疎まれ孤立していた。
また私生活では元妻と養育権で係争する傍ら、司法の道を目指している。そんな彼はある時、検察官からエセックス郡麻薬捜査班のチーフに抜擢される。やがて大衆に蔓延するブルー・マジックの捜査を進めるうち、フランクの存在に辿り着くリッチーだが...(Allcinemaより)


デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウという、1人でも大変そうな役者をどうやって料理するか、リドリー・スコット監督の力が試される作品だ。
自分は、もちろん公開直後に観に行きたかったのだが、なにしろ2時間37分という、上映時間のなが~い作品なので、かなり気合を入れて行かないとならなかった。その為、公開されてから、2週間近く心の準備を必要とした。

気合を入れなければならない上映時間の長さには、もうひとつ心配があった。
監督のエゴで無用に長くなったのか、あるいは大物2人への配慮からか、とかいろいろ憶測した。変な中弛みが心配だった。
結果、その心配の必要全くなし。
2時間37分があっという間に終わってしまった。

デンゼル・ワシントン演じる、フランク・ルーカスは1960年代に実存したマフィアのボス。
マフィアの大ファミリーといえば、イタリア系で占められていた時代に自分の才覚と度胸で、ボディーガード兼運転手の身分から、他のファミリーを牛耳るまでにのし上がっていく。
彼は自らに厳しい規律をかし、着実に仕事をこなしていく。家族を愛し、自分の兄弟や従兄弟達には、自分達が育った貧しい生活を決して忘れないように戒める。
こういうところは、デンゼル・ワシントンにピッタリはまっている。
まるで成功したビジネスマン物語。しかし、彼はマフィア。怒ると怖い。
金を返さず、威張り散らしていたマフィアのボスも、道端で簡単に殺してしまう。
この切れた時のデンゼル・ワシントンの表情が怖い。
そして、彼が成功した秘訣も、コストを削減の為、直接製造業者(?)から品質(?)のいい製品を手に入れた事。
ここも、ビジネスマンの成功物語だ。
そんな彼も、母親には頭が上がらない。
終盤で母親にビンタされる。またその表情がいい。

一方のラッセル・クロウは、うだつの上がらない刑事役。
どちらかというと彼のほうが、私生活は暴れん坊だと思うのだが。
あまり好きな役者じゃないけれど、やっぱり力がある。
情けない顔と闘志むき出しの表情と、どの場面でも、いい演技をしている。

この2人の役者が絡むところは、最後の最後までない。
ただし、その最後の絡みは鳥肌が立った。
間違いなく今年の賞レースに加わる作品。

最後に言っておきたい事がある。フランク・ルーカスは、どんなに誠実な男に描かれていようと、デンゼル・ワシントンが演じようと、純度の高いコカインをアメリカに流したギャングである。これは忘れてはならないし、許してもならない。
麻薬にたずさわる者は、全て殺人犯だ。それも大量殺人犯だ。
ある意味、見えないだけに戦争よりたちが悪い。
麻薬は2度人を殺す。
1つは生きた人間を、2つ目は死んだ人間の骨まで。これを忘れてはならない。

かめのお勧め本
    Amazon.co.jp


デンゼル・ワシントンが語るフランク・ルーカス - 1日1億稼ぐ




トリビア
2004年にこの作品が企画され、その時の監督は、デンゼル・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞をとった「トレーニング デイ」のアントワン・フークアに決まっていた。
そして配役は、デンゼル・ワシントンとベニチオ・デル・トロだったが、撮影が始まる1ヶ月前に、ユニバーサル・ピクチャーが、予算が足りないのを理由にキャンセルした。

コメント ( 20 ) | Trackback ( 66 )


« 華瀛株式会社 隔週 »
 
コメント
 
 
 
お久しぶりです(^^) (tess)
2007-12-28 07:10:26
かめさん、お久しぶりです。
お引越しされたんですね♪
ゴージャスで可愛い娘さんたちに囲まれてお幸せですね!
こちらのブログもリンクさせていただいて良いですか?
どうか良いお年を☆
PS:この映画も是非観てみたいです!
 
 
 
「VS」 (えい)
2007-12-29 22:01:00
こんばんは。

アントン・フークアが監督する予定だったんですか?
それはまた、まったく違う映画になったでしょうね。
リドリー・スコットはこの映画のように「VS」ものに
なみなみならぬ力を発揮しますから、
結果、これでよかったのではないでしょうか?

あっ、TB、なぜか反映されていなかったみたいです。
goo同士なのに、変ですね。
こちらからのTBはうまくいくかな。
 
 
 
Unknown (かめ)
2007-12-30 03:08:47
tessさん、
ご無沙汰してます。
どうぞ、リンクしてやって下さい。
これからもよろしくお願いします。

えいさん、
違う監督が撮ったらとか、違う俳優が演じたらとかって思い描くのは楽しいですよね。
TBは上手くいきました。
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
香港ギャングスター (nobuyasu)
2008-01-15 00:06:41
かめさん、コメントありがとうございました。
TBがうまく入ってなかったようですので、
こちらからTBさせてもらいました。

楽しいブログですね!
これからもどうぞよろしくお願いします。
 
 
 
ありがとう (かめ)
2008-01-20 06:16:38
nobuyasuさん、
どうもありがとう。
こちらこそよろしく。
 
 
 
こんにちは☆ (dai)
2008-01-28 07:03:57
コメントありがとうございました★

麻薬が人を2度殺すということは確かに真実です。
いくらカッコよく描かれていたとしても、いくらデンゼルが迫真の演技をしたとしても、フランクが悪人であるということをきちんと把握しなければいけませんね。
 
 
 
本当そうですよね~ (miyu)
2008-02-03 08:19:56
デンゼル・ワシントンがスマートに演じていただけに
途中で差し込まれる麻薬中毒の映像はかなり
意識を戻させてくれる効果がありました。
許しちゃいけない殺人者ですものね。
 
 
 
Unknown (かめ)
2008-02-03 08:57:50
daiさん、
アメリカは、麻薬に対する罪の意識が、日本とは段違いに低いです。
それと地理的な関係で、南米からどんどん入ってくる麻薬に対し、取り締まりもほとんど無力です。
学校でもドラック防止に関する授業が中学校からあるんですよ。
 
 
 
バンピー (kossy)
2008-02-03 09:56:55
最初に死んでしまったギャングのボス・バンピー。
彼が大型店進出をなげいて「中間業者の気持ちも感がないで・・」云々と言ってたのを逆手にとって、直接輸入しちゃいましたもんね~
ビジネスで成功する秘訣は情け容赦ないってことなんだろうか・・・
 
 
 
どうも始めまして (くまんちゅう)
2008-02-03 11:33:38
TB有難うございました
何故かウチからGooさんにはTB送れないのでコメントします。

時間の長さは感じませんでした、無駄なシーンは無かったって事でしょうか?元妻との所が短くても良かったかなと思う位ですが、あのエピも無いと当時の汚職警官の根の深さが感じられませんから必要ですね。
フランクは幼い頃からこういう環境で育ったのか、悪い事をしていると言う意識は無かったんでしょうね。
表情が優しいのも魅力でした。
 
 
 
見応えありましたね! (よろ川長TOM)
2008-02-03 14:25:38
コメントありがとうございました~
麻薬の話ではあるけど、兵器から偽装食品まで自分たちは染まることなく他人をダシに私腹を肥やしている商人っていくらでもいるよ、と受け取ることもできますね。
しかも自分たちは直接手を汚さずにそういった連中に群がるダニみたいな奴ら。
しかもそれに対する正義感の刑事は家庭的には崩壊してしまった“ダメ男”………
裁判所での元・奥さんの「あんたも受け取ればよかったのに」みたいな発言が痛々しい。でもアレがホンネですもんね。

トラバさせていただきました。
 
 
 
こんにちは! (由香)
2008-02-03 17:35:01
お邪魔します♪
『フランク・ルーカスは、どんなに誠実な男に描かれていようと、デンゼル・ワシントンが演じようと、純度の高いコカインをアメリカに流したギャングである。』-私もそれを思いました。
デンゼルが演じると家族思いの人・・・みたいな雰囲気を醸し出しましたが、それはマヤカシですからねぇ~
だから、最後のほうでフランクとリッチーがちょっと慣れ合いのような雰囲気を出していたことが腑に落ちなかったです。15年の刑期も、短いんだなぁ~と感じました。
 
 
 
Unknown (ぷくちゃん)
2008-02-03 23:10:00
こんにちは。本当に長い時間があっという間に過ぎていきました。DVD買ってしまいそうです!

>そして配役は、デンゼル・ワシントンとベニチオ・デル・トロだったが、撮影が始まる1ヶ月前に、ユニバーサル・ピクチャーが、予算が足りないのを理由にキャンセルした。

もちろん、デル・トロが悪役ですよね。(爆)
 
 
 
はじめまして! (kenko)
2008-02-06 19:38:08
Cnoteのkenkoと申します。TBありがとうございました!

もとはデンゼルワシントンとベネチオデルトロだったんですか!
ぶっちゃけラッセルクロウよりデルトロの方が好きなので
そのキャスティングで観たかったです~

いくらフランクがいい人っぽく描かれていても
殺人犯は殺人犯・・・
私もそう思います。
 
 
 
ありがとう (かめ)
2008-02-09 05:10:48
kossyさん、
成功の秘訣は、人のやっていないことをする、ですね。

くまんちゅう、
フランクの非情の表情と優しい眼差しのギャップがよかったです。


よろ川長TOMさん、
マフィアの世界ですから、自分達が生きている世界の常識は通じないですね。

由香さん、
自分が思うにアメリカって、プラス、マイナスで量刑が左右されるような気がします。
何か悪さをして懲役なん年(マイナス)、司法取引で警察、検察に手助けをして(プラス)、この差し引きで刑期が決まるようです。もちろん、単純な計算式はありませんが。

ぷくちゃんさん、kenkoさん、
彼の濃い刑事役も見てみたかったですね。
 
 
 
はじめまして! (ぼふふわ)
2008-02-15 15:44:25
デンゼルファンなのもので、いろいろ検索していて、たどり着きました。
最新作もご覧になったのですね!!
しかも、英語で・・・。素晴らしいです。
是非、日本でも公開してほしいです。
もし観ることができたら、またTBさせてください。

アメリカン・ギャングスター、デンゼルがかっこよすぎて、それは、良かったのですが、確かに、どんなにかっこよくても、絶対に許されない麻薬の売人。
そんな戒めが、最後のエンドロール後のシーンだったようにも思いました。
いずれにしても、再度、観たい映画となりました。
 
 
 
絶対に公開して欲しいですね (かめ)
2008-02-18 02:54:24
ぼふふわさん、
メッセージありがとうございます。

Great Debaterも是非日本で公開してもらいたいです。
アメリカの人種差別がどんなものなのか(今も確実に存在すると思ってます)知ってもらいたいです。
でも、アメリカの健康なところは、そういった作品が大手を振って公開出来るということです。
日本で、日本の中に昔から存在する差別をテーマに作る勇気のある監督、プロダクションは、まだいないようですから。

また遊びに来て下さい。
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2008-02-18 22:33:52
こんばんは♪
フランク・ルーカスがしたのはいけない事だということを忘れてはいけないですよね。
デンゼルがあまりにカッコよかったので、ついついそのことを忘れてしまいそうになります(汗)
 
 
 
TBありがとうございます。 (michi)
2008-02-24 00:05:00
はじめまして、michiと申します。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

>2時間37分があっという間に終わってしまった・・・

本当にあっという間でした。
私も時間を気にすることなく特に後半は画面に釘付けでした。
久々に見応えのある映画で、
人種差別と病んだ社会が今の日本と重なり、いろいろと考えさせました。
 
 
 
Unknown (かめ)
2008-02-25 10:00:32
michiさん、
コメントありがとうございます。
ストーリーと演技で、観客を長時間釘付けにさせるのって、やっぱり名作ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「アメリカン・ギャングスター』 (ラムの大通り)
(原題:American Gangster) ----この映画評判いいよね。 リドリー・スコットとしては『ブレードランナー』以来の傑作と 評している人もいるんでしょ? 「そう。そこがスゴいよね。 比較がオスカー受賞の『グラディエーター』ではなく、 あの『ブレードランナー』」 ----...
 
 
 
感想/アメリカン・ギャングスター(試写) (EDITOREAL)
成り上がりギャングスタvsはぐれ刑事潔癖派にシビれました。『アメリカン・ギャングスター』2月公開。大物ギャングに15年仕えてきた男。ボスの死を機に独立した彼は、独自の麻薬ルートを開拓。ベトナムからの直接買い付けで低価格ドラッグのマーケットを形成し、一躍ギャ...
 
 
 
アメリカンギャングスター (アートの片隅で)
「アメリカンギャングスター」の試写会に行って来ました。 2時間40分という長さに苦痛を感じさせない映画です。
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 American Gangster (踊 る 大 香 港)
香港では1月3日から公開中のリドリー・スコット監督の新作「アメリカン・ギャングス
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (Memoirs_of_dai)
Evil Isn't Justice, Is It ? 【Story】 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター(試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
汚れた手でつかんだ、美しき人生。人生を賭けてつかんだ、美しき正義。けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!! 1970年代初期のニューヨーク。ハーレムを仕切るギャングのボスに15年間仕えてきた運転手のフランク・ルーカスは、ボス亡き後、誰かに使わ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―【story】1970年代の初頭のニューヨーク。誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼ...
 
 
 
やっぱり、こうでなくちゃ!『アメリカン・ギャングスター』 (水曜日のシネマ日記)
実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスと、それを追う正義感溢れる刑事の物語です。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観...
 
 
 
アメリカン・ギャングスターを見てきたよ (日本サッカーホールディングス)
こりゃあもう派手なドンパチに 息つく間もないアクションシーン 緊張感あふれるカーチェイスだろ!!常考 とほぼ100%思い込んでいたらそうではないんです。 少しはあるんですけどね。 手に汗握るような心理戦もなく 意外と人情派だったりします。 しかしデンゼ...
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』 (Sweet*Days**)
監督:リドリー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ 他 1970年代初頭、ハーレムを仕切っていたボスの運転手を...
 
 
 
映画「アメリカン・ギャングスター」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  「プロヴァンスの贈りもの」(2006年、米)のRidley Scott監督と Russell Croweのコンビに、 Denzel Washington が加わっての実録ギャングもの。  ベトナム戦争が激しくなったジョンソン政権下の1970年代。 ニューヨークの黒人ボスの跡を...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (ネタバレ映画館)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの2大スターがガチンコ対決!
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (小部屋日記)
American Gangster(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/ キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! 70年...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
金曜日が公開初日というのは私にとってはけっこう嬉しいんですよね。毎月1日のファーストデイと重なったもののシネコンはガラガラで過ごしやすくて快適でした。本編157分という大作なんだけど、終わってみれば短く感じられた、という作品だったらいいんだけどなァ。 出...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (Yuhiの読書日記+α)
リドリー・スコット監督の実話を元にしたというこの作品、前評判が高かったので早速見てきました。お客さんの層は割りと高めで客席もほぼ埋まっていましたね。50~60歳くらいの人が多いのはちょっと意外な気がしましたが・・・。 <あらすじ> 1968年、フランク・ル...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター/ほんとうに悪いのは誰だ。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
麻薬の売人、麻薬中毒、麻薬の製造人、汚職警官。でもそんな世界を作ったのは誰なのか。俺のやってることは本当に悪いことか?───娯楽作のフリをしていろんな疑問を投げかける傑作登場。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (めでぃあみっくす)
やっぱりリドリー・スコット監督は凄い!こんな重厚なドラマを撮れるのはこの監督しかいないのではないかと思わせるくらいに、肉厚で全くのだれるところのない映画でした。アカデミーでは助演女優賞と美術賞の2部門のノミネートしかありませんが、ゴールデングローブ賞で...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (pinkopaque/weblog)
今年一番にしたことのひとつが、新聞の一面広告になっていた「アメリカン・ギャング
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (映画鑑賞★日記・・・)
【AMERICAN GANGSTER】R-152008/02/01年公開(02/02鑑賞)製作国:アメリカ 監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン 腐りきったニューヨーク警察に、喝...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (小部屋日記)
American Gangster(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/ キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! 70年...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (BLACK&WHITE)
【AMERICAN GANGSTER】2000年/アメリカ 監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (クマの巣)
デンゼル・ワシントンVSラッセル・クロウの「アメリカン・ギャングスター」観ました。 リドリー・スコットが1970年代のニューヨークを舞台に黒人ギャングのボスのデンゼル・ワシントンと、刑事のラッセル・クロ
 
 
 
デンゼル・ワシントンがカッコよすぎる件について~『アメリカン・ギャングスター』 (真紅のthinkingdays)
 AMERICAN GANGSTER  60年代後半から70年代、ベトナム戦争が泥沼化するアメリカ、ニューヨーク。 黒人ギャングのボスの運転手から、その才...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター 【称号:凡作+】 (映画細胞~CinemaCell)
1970年代のNY。ギャングの運転手だったフランクは、ボスの死後、ベトナムからの
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (Akira's VOICE)
悪い事をすると必ず捕まります。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (C note)
巨匠リドリー・スコットが監督として手掛ける最新作は・・・デンゼル・ワシントンV
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』(原題:American Gangster) (潮風のささやき)
1970年代のニューヨーク。ハーレムを牛耳っているギャングボスの亡き後を受け継
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター」□監督 リドリー・スコット □脚本 スティーヴン・ザイリアン □キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、アーマ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (miko's blog)
今年の9本目 あらすじ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。や...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (miko's blog)
今年の9本目 あらすじ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。や...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (さくらんぼ団)
公開日に観たのなんていつ以来だろう…。 ていうか、金曜日が公開日ってあんまりない。 さっそく観てきました。いえい。 公開日に合わせて、すぐにでも! とかいうわけでもなくて、 「あ!今日、1日じゃないの!映画の日!」 と思いつき、じゃあ何やってるのかなー…と。...
 
 
 
男と男のガチンコ勝負!【アメリカン・ギャングスター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
男と男のガチンコ勝負! 熱い映画を久しぶりに見ました。 オスカー俳優デンゼル・ワ
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (スーパーヅカン)
原題: AMERICAN GANGSTER 製作年度: 2007年 監督: リドリー・スコット 上映時間: 157分 キャスト:デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)、ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)、キウェテル・イジョフォー(ヒューイ・ルーカス)、キューバ・グッディン...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン      ラッセル・クロウ      キウェテル・イジョフォー      キューバ・グッディング・Jr 【物語】 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (リトル映画人ブログ)
文句なく、デンゼル・ワシントンは、かっこよかった!!!社会派映画の主役俳優とし
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ァレだろ。 満を持して、リドリー・スコット監督、"巨匠"としてギャングモノを撮ってみました...ってか。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月1日 公開 「これはアルパカなんだぞ!そんな拭き方が アルかパカ!!!」 はい、『アメギャン』やっと観てまいりました。 基本的に私は、公開2週目以降に突入した作品は少し鑑賞願望が下がっちゃうんですけど、これは押さ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (えいがの感想文)
2007年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン    ラッセル・クロウ    ルビー・ディー 麻薬ビジネス界に君臨する男フランクと、正義漢の麻薬捜査刑事リッチー。 どちらも二面性があります。 フランクは、紳士的な姿で...
 
 
 
己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター (Prism Viewpoints)
“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。 “家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。 『American Gangster』 アメリカン・ギ...
 
 
 
2008-06『アメリカン・ギャングスター』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-06『アメリカン・ギャングスター』(更新:2008/02/02) 評価:★★★★☆ 信念を貫いた2人の男が出会うとき 原題は「AMERICAN GANGSTER」です。 渋谷で『人のセックスを笑うな』を観ようとした...
 
 
 
映画「アメリカン・ギャングスター」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 「アメリカン・ギャングスター」@東宝東和試写室 映画の話 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 (かいコ。の気ままに生活)
1970年代伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生。「アメリカン・ギャングスター」公式サイトしがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男をデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事に ラッセル・クロウ。警官を憎む麻薬王デンゼルは ほんとスマートな実業家ぽくて家族も...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (りらの感想日記♪)
【アメリカン・ギャングスター】 ★★★★ 試写会(2) 2008/01/22ストーリー 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピ
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『愚かな美徳』の果てに『真の正義』  
 
 
 
映画 【アメリカン・ギャングスター】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「アメリカン・ギャングスター」 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。 おはなし: 1970年代初頭のNY。ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼ...
 
 
 
映画「アメリカン・ギャングスター」 (FREE TIME)
映画「アメリカン・ギャングスター」を鑑賞しました。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (ルナのシネマ缶)
1970年代、ニューヨーク。 実在の麻薬王と刑事の物語。 ちょうど、ベトナム戦争の頃の 話なのですが、その頃の ニューヨークがこれほど 腐敗していたとは驚きです。 157分とこれも結構長いです! 1968年、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、 長年...
 
 
 
映画:アメリカン・ギャングスター (駒吉の日記)
アメリカン・ギャングスター(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「成功して敵を作るか、敗れて友を作るか」 ギャングvs検察っていうと「アンタッチャブル」(1830年代禁酒法下アル・カポネと財務局捜査官ネスとの攻防)。実話を元にっていうところ、警察の腐敗っぷりも同...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (心のままに映画の風景)
1970年代、ニューヨーク。 ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡...
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』2008・2・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『アメリカン・ギャングスター』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーが急死。右腕として仕えてきたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン?)は彼の亡き後、ボスの座を引き継ぎ、独自の価値観と能力
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (5125年映画の旅)
1960年代。ニューヨーク・ハーレムの実力者パンピーの死後、彼の後釜ルーカスは独自の麻薬密輸入ルートを確立し、家族を率いて裏社会の実力者にのし上がる。一方、腐敗した警察機構の中で実直な正義を貫く捜査官ロバーツは、新設された麻薬捜査班を率いて麻薬密売...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2時間半・・・な、長いな、、、、敵前逃亡しようかな^^;実はちょっと躊躇してました(笑)でも、観はじめたら、結構あっという間に終わった感じ『アメリカン・ギャングスター』観てきました。デンゼル・ワシントン扮する麻薬王フランク・ルーカス元ハーレムの黒人ギャン...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
白黒を足して二で割れば、そこにあるのは灰色のアメリカ。 「アメリカン・ギャングスター」は、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウ主...
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味 (はらやんの映画徒然草)
タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (ぷち てんてん)
そうか~~、リドリー・スコットだったんだ!それで、ラッセル・クロウなわけね?☆アメリカン・ギャングスター☆(2007)リドリー・スコット監督デンゼル・ワシントンラッセル・クロウキウェテル・イジョフォーキューバ・グッディング・Jrライマリ・ナダルストーリー ...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (映画を観たよ)
苦手克服ならず。
 
 
 
「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味 (はらやんの映画徒然草)
タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
 
 
 
アメリカン・ギャングスター (things4u)
☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑ 今日の1本は「AMERICAN GANGSTER」(邦題:アメリカン・ギャングスター)から。 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手...
 
 
 
アメリカン・ギャングスター を観ました。 (My Favorite Things)
ずっと観たかったのですが…抜け駆けすると相方の怒りをかうのでガマンしていました。
 
 
 
アメリカン・ギャングスター★リドリー・スコット監督作品 (銅版画制作の日々)
 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン   2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。   暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・...
 
 
 
映画『アメリカン・ギャングスター』を観て (KINTYRE’SDIARY)
18.アメリカン・ギャングスター■原題:AmericanGangster■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:157分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月10日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□脚本・製....
 
 
 
「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
 
 
 
【映画】アメリカン・ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...
 
 
 
『アメリカン・ギャングスター』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...
 
 
 
ヘモグロビンについて日記 (ヘモグロビン)
ヘモグロビンについての紹介